スケッチ

PLACEText: Mike Sullivan

2002年ロンドンのメイフェアで、新しいタイプのエンターテイメントスタイルのレストランがオープンした。食事をする場所としてだけではなく、アート鑑賞や音楽も楽しむことができる。スケッチのコンセプトは料理がベースではなく、アートを完璧なものにするために料理があるのだという。さらに、同じ建物にコンセプトの違うレストランが二つ、朝食からアフタヌーンティーまでのメニューが揃うパーラーや、二つのユニークなバーまであり、ここを一つのレストランと表現するのには違和感がある。

スケッチ
Gallery

ここスケッチでは今まで50以上の展覧会が開かれ、2012年には10周年記念としてターナー賞受賞者マーティン・クリードが、「ギャラリーレストラン」を彼のインタラクティブな一つの作品として作り上げた。DJがこのエキサイティングな会場に、全ての種類の音楽が融合するかの様な音楽を提供し、素敵な雰囲気を作り出している。美味しい食事、お洒落なお酒、更には空間を嗜み、その中に散りばめられたアートを楽しむ、ここは未来のレストランを象徴しているかの様である。

Parlour.jpg
Parlour

スケッチの建物は思った程目立たないが、スーツ姿の丁寧なドアマンが外で待っている(もちろん雨が降っていても)。入って右手にあるパーラーは18世紀をモチーフとする空間となっている。そこではアフタヌーンティーを楽しむことができ、午後6時以降はカクテルバーになる(午後9時からは会員制)。スケッチ内部での案内は、有能なスタッフが迅速に対応してくれる。

Lecture%20Room%20%26%20Library1.jpg
Lecture Room & Library

裏手にはギャラリーレストランの他「グレードバー」や「イーストバー」があり、2階では「レクチャールーム」や「ライブラリー」という名前のレストランがあり、ライブラリーはインテリアデザイナーのガーバン・オキーフによってデザインされたミシュラン二つ星のレストランだ。

Glade3.jpg
Glade

グレードバーはギャラリーレストランの隣で、「グレード」という名前はおとぎ話の森の緑色やフランスの南部の1950年代のラタン家具から来た名前である。対照的にギャラリーレストランの反対側の「イーストバー」はモダンなカクテルバーである。その隣の階段を上るととてもユニークなトイレ「ポッド」がある。

East%20Bar.jpg
East Bar

ギャラリーレストランは96の異なる種類のジグザグに切り取られた大理石と大きな壁画で構成される、レストランの中で最も想像力に富んだ空間である。さらに、全ての椅子、テーブル、カトラリーは全て異なる種類を使用。小さなプラスチック製の椅子から大きな快適なソファを含め、色々なテーブルやグラスがある。

レストランとは美味しい料理を楽しむための場所であるが、スケッチにはまさに、魚から鹿肉まで豊富なメニューがあり、お皿の上の一つ一つが空間や音楽とのユニークなアートの融合を成し遂げている。

Sketch Restaurant
営業時間:エリアによって異なる
住所:9 Conduit Street, London W1S 2XG
TEL:+44 (0)20 7659 4500
http://sketch.uk.com

Text: Mike Sullivan

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE