上海ローズ

PLACEText: Hiromi Nomoto

写真家であり映画監督でもある蜷川実花のプロデュースした「上海ローズ」(Shanghai Rose)が上海の外灘源にオープンした。店内は妖艶な雰囲気に溢れている。オーナーは、音楽レーベルから始まり、ダンススクールや出版業も行い、東京渋谷の宇田川カフェなどの経営を行っている「LD&K」の大谷秀政だ。デザイナーは「Kloka」の高橋晃が務めている。

上海ローズ
© 2012 LD&K inc. Shanghai. All Rights Reserved.

外灘源組織部の外灘(ワイタン)再建プロジェクトにより、残された資料を元にして1905年に立てられた原划船倶楽部を甦らせた2階建ての建物が使われている。室内だけでも488m2、上海で初めてできた屋外プールだった部分を埋めた300m2の広さの屋外スペースは、夏にビアガーデンとして利用される予定だ。その名前の通り、店内には多くのバラが飾られ、金魚・カマキリ・花等の蜷川作品がプリントされたクッション、天井には彼女の作品が大きくプリントされた店内は、どこをどうトリミングしても蜷川実花の世界になってしまう。

DSC_0609.jpg
2階へと続く階段は燃えるような赤いバラで埋め尽くされている。

1階は来場者が座って話を楽しめるように、多くの座席スペースがある。バラが目一杯詰め込まれた2階へと続く階段を上がると、上海ローズのシンボルである金魚の緞帳(どんちょう)が掛けられたステージが人々を迎える。そこから天井に目を向けると、バラをイメージしたような赤が使われた贅沢なシャンデリアが目に映る。そして2本のクレーンに気付くだろう。舞台とバーカウンターにはポールが設置されている。これらは上海ローズで何が起こるのか期待させる。2013年3月1日上海ローズのオープニングは盛大に行われ、その中で蜷川実花と大谷秀政両氏に話を伺うことができた。

DSC_0438.jpg
撮影の為に何度かドレスを変えながら、忙しく報道各社のインタビューに応じていた蜷川氏。

なぜ上海ローズをオープンしたのですか?

大谷:上海には10年ほど前から頻繁に通うようになりました。上海はエネルギーが有り、レンジが広い。特にこのエリアは欧米の方も多く、テンションが高い。東京はちょっと元気が無いので、上海でお店を出したいと思ったのです。
この建物は歴史的建造物なので、外側を工事してはいけないことになっています。外と中のギャップをつくるべく中を派手にするには、蜷川さんの色彩がぴったりだと思い、依頼しました。

蜷川:お店のプロデュースをするのは初めてです。普段の写真撮影や映画の美術もプロモーションビデオもセットに関して私のアイディアが沢山入っているのですが、撮影後には無くなってしまいます。そういうこともあり、いつかお店の内装を手掛けてみたいと思っていました。
上海はすごく大好きで、外国人の私からすると特にバンドというエリアは非日常的でロマンチックな場所に見えます。LD&Kの大谷社長から上海でお店を手掛けないかというお話を頂いて、ステージがあるようなお店をつくるのが、ずっとやりたかったことの1つでしたので、夢が叶ったという気分です。

DSC_0294.jpg
このスカーフは実は上海ローズ付近のシルク屋で今さっき買ってきたもので、バラは店内にあるものからもらったのだと大谷氏は言う。インタビュー中に何度も笑いが起きた。

色々な都市がある中でなぜ上海だったのですか?

大谷:ハワイやベトナム、ベルリンなど、色々と探しました。数年前から中国の飲食店のルールが合弁から独資ができるようになったのですが、そういった法的な部分がクリアになったので、上海にしたというのが理由です。それに思った通りの物件が出てきたということが大きな理由です。

上海ローズは映画「へルタースケルター」の主人公・りりこの部屋を再現したみたいだと言われています。

蜷川:同じにしようと思ったわけではないのですが、お店の内装を考えていたのが映画のセットを考えていた時期と近かったので、映画と上海ローズは互いに影響し合っていたのだと思います。上海だからこそ、現実世界に捕われず、映画の世界のように自分の本当に好きな空間をつくれました。

sr01.jpg
© 2012 LD&K inc. Shanghai. All Rights Reserved.

特にここ上海は“魔都”と言われますが、そういった部分がよくでていると思います。

蜷川:そうですね。私が上海を好きなのは、ちょっと怪しい魅力のあるところです。個人的にも上海によく来ていたのですが、上海でお店をつくるなら、というイメージが自分の中にすでにあったのだと思います。

大谷:上海には、新しいものと古いもの、西洋とドメスティックなものが混在していて、僕は上海に来るといつも、夢の中にいるような平衡感覚がおかしくなったように感じます。そんな不思議な感覚と“元気”を表現したいと思いました。

sr03.jpg
© 2012 LD&K inc. Shanghai. All Rights Reserved.

緞帳や壁紙、テーブルセットや調度品など選んだものの中で、蜷川さん自身が最も気に入っているものは何ですか?

蜷川:緞帳です。社長とお茶を飲みながら話していたときに、両側から金魚がキスしている緞帳があったら可愛いよね、と盛り上がり決まりました。実際の仕上がりもとても素敵で、この店のアイコンになったと思います。

ここでしかないようなオリジナルメニューなど開発されていますか?蜷川さんは料理については監修していますか?

蜷川:料理に関しては関わっていません。でもカップ&ソーサーや、ポット、コースター、働いている方のチャイナドレスもデザインをしました。

大谷:料理は中華とヨーロッパの料理のフュージョンですが、料理よりもリモコンで動くクレーンなどの空間演出や、ステージパフォーマンスが特別なものになっていると思います。

DSC_0549.jpg
上海ローズ店内

蜷川さんは、今後もこのようなビジネスの依頼が来ると思います。そのときにどのようなものを受け、どのようなものを断るのでしょうか?

蜷川:写真に関しては、どんなに難しくて力が発揮できなさそうな仕事でも、どんな仕事でもやろうと決めています。それ以外の新しいチャレンジをするときは、自分の力が発揮できる仕事をしたいと思っています。自分の人生を賭けられると思える仕事は全身全霊をかけてやりたいなと思いますし、私だからできると思える、色々なことに挑戦したいです。

DSC_0567.jpg
蜷川氏のイメージの「鳥籠」や「天井から踊っている女の子」が現実のものとなった。

今後上海ローズに関するビジョンはありますか?実現したいことなどありますか?

蜷川:以前から日本人と中国人、色々なアジア圏の方たちが出る映画を上海で撮りたいという大きな夢があったのですが、上海ローズをロケ地に、ここで何かが起こる話がつくれたらいいなと思っています。まだストーリーは考えていないのですが、大恋愛が起きてもいいし、ここがスパイの基地でもいいし、この場所は何でもできる場所だと思っています。

今後やってみたいことや、挑戦してみたいことなどありますか?

大谷:パフォーマー、バーレスクのプロデュースをしてみたいです。ここに限らず、もう少し小さいところでもいいので、人を育てるようなことができればと思っています。
また、東京では、渋谷の真ん中でお客さんが本物の御輿(みこし)を担げるバーをやろうと思っています。

Shanghai Rose | Bar & Cafè on the Bund
営業時間:9:00〜翌朝3:00
住所:中国上海市黄浦区南蘇州路76号
電話:+86 21 6052 7171
http://shanghairose.com

Text: Hiromi Nomoto
Photos: Pingpong

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE