ジュラ・コシツェ美術館

PLACEText: Celeste Najt

ジュラ・コシツェは、1924年にハンガリーの家族のもとに生まれた。コシツェは、東スロバキアの都市の名前であり、アーティスティックな彼の名前はそこからつけられたものだ。そんな彼は、4歳の時にアルゼンチンを訪れたのを機にアルゼンチン市民になった。

Kosice Museum
Constelación de la Ciudad Hidroespacial, 1973. Photo: Daniel Mazza

彼は彫刻家でもあり、プラスティックアーティストでもあり、理論家、詩人でもある。また、前衛芸術ともいえる光アートの先駆者であったり、有形的な創造作品を作るアートグループのクリエイター、さらには「アルトゥーロ」とうい雑誌の共同発行人、「マディ・アート・ムーブメント」の創設者といった幅広い顔をもつ。

DSC03886.JPG

彼は世界で初めてネオンガスと水を使い、アートワークを成し遂げた人物である。光や動きといった構成要素を含め斬新な成分を使用し、将来のハイドロ空間都市という名のプロジェクトは、宇宙に繋がる規模のものだ。

Gota%20de%20Agua%20Movil%20G17%20%20-%20%2017%20x%2057%20x%2029%20cm%20%20%20-%202000.jpg
Gota de Agua Movil G17, 2000. 170 x 570 x 290 mm

他にも多くのアーティストがいる中、ジュラ・コシツェの考えは特別で、彼のアート作品が個人のバイヤーや美術館に寄付されることを懸念している。彼は公の場で、永久的にディスプレイされ気軽に見てもらえる環境を望んでいる。そして、彼の願いは、2005年プライベートミュージアムがオープンしたことで実現することとなった。そのミュージアムは、アルマグロの近くにあった昔のアトリエの一部を改装したもので、100以上のアート作品が常設展示されることになった。

DSC03915.JPG

ミュージアムには5つの部屋があり、すべてのスタイルと時代の断片を網羅している。歴史的な記録、写真や彫刻、映像、本や雑誌により構成され、一般公開されている。入場は無料だ。毎週金曜日の朝には、特別にガイドをしてくれるツアーも用意されいている。

彼自身により創られたスペースは、魅力的なスポットとなった。アルマグロ周辺にある古びた家の周りにある彼のアートワークも決して見逃せない。
(住所は非公開となっているので、ミュージアムに訪れる際はお問い合わせください)

Kosice Museum
住所: Almagro, Buenos Aires
TEL:+54 11 4867 1240(要予約)
gyula@kosice.com.ar
http://www.kosice.com.ar

Text: Celeste Najt
Translation: Hiroko Nakagawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE