オルビー

THINGSText: Victor Moreno

シャスティン・オルビーは1980年に家具デザインのキャリアをスタートさせた。彼女は自身をデザイナーよりも、家具の建築家と名乗ることを好む。伝統的な家具づくりを熟知した上で、モダンかつ時代に左右されない家具をつくり続けており、「家具は手と目の使いすぎを防ぐべきもの」と本人は語っている。スウェーデン人はある種の木材使いの達人。スウェーデン製の家具は、そのシンプルさ、機能性、耐久性から何百年も注目を浴び続けている。もちろんオルビーも木材のスペシャリストだ。コレクションの各作品のタイトルをみれば一目瞭然だが、オルビーは自身の家具づくりのコンセプトに、アジアや大英帝国、アメリカなど、他の文化圏からの要素をミックスさせている。彼女は古いモデルに少し手を加え、モダンな作品へと変身させるのが得意だ。

Rhapsody.jpg

1993年から1998年の間、オルビーはスカンジナビアのデザイナーの誰もがほしがる「エクセレント・スウェーデン・デザイン賞」を毎年受賞している。また、オルビーは自身の邸宅である「ヴィラ・オルビー」でスウェーデンの優秀な木材建築に贈られる「トラプリセット」という賞も受賞している。オルビー社は、製造過程のすべてをスウェーデン南西部にある自社工場で行っている。特に、オルビーはスウェーデンのシンネクーレ山から発掘されるライムストーンを使用している唯一のブランド。このライムストーンは、5億年以上も前に化石や砂岩からつくられた堆積岩、白雲岩だ。オルビーの家具には、他にもガラスや鉄、ウールやリネンなど、自然素材がよく用いられている。

MARILYN.jpg
52_600.png

コレクションは、収納からテーブル、タンス、椅子、ベッド、ソファーなど、幅広いラインナップとなっている。これらの家具はどれも多目的で使え、プライベートな空間はもちろん、パブリックな場所にもよくフィットする。スウェーデンの首相官邸や世界中のスウェーデン大使館にも置かれることで、スウェーデンの家具デザインを世界に向けて発信している。オルビーコレクションの代表作は、おそらくサイドボードだろう。最近のオルビーの家具は、素朴な自然らしさに、ポップアートのようなカラーがミックスされているのが特徴だ。

PINUP.jpg

Pin up(ピンナップ)
だれもが自分の家にほしいと思える家具だろう。用途が広く、軽くてさまざまなインテリアで機能する便利なサイドボード。イエロー、ブルー、ピンク、ホワイトオークの4色。

Ching-new.jpg

Ching(清朝)
こちらは新作のひとつ。トップはガラス製。好みの色でのオーダーが可能。

CHINGELING.jpg

Chingeling(チングリング)
Chingのコンセプトをさらに拡張。1台の中で2色のコンビネーションが可能。

Olby Design

Rhapsody(ラプソディ)
コレクションの中で最も入手が難しい限定品。30台限定で、ウォールナッツやオークなどの木材でできている。2台のみショールームに展示されている。

Limousine.png

Limousine(リムジン)
フランスらしさを感じるインパクトのあるサイドテーブル。名前はあの長さのある車、また肉牛の品種でもある「リムジン」に由来している。機能的な棚と美しく並んだ引き出しが付いており、トップには耐久性のある石材を使用。

MING.jpg

Ming(明)
アルミ製で持ちがよい。トップの部分はガラスで覆われている。各色。

FORBIDDEN-FRUIT.jpg

Forbidden Fruit(禁断の果実)
コードにつながったカラフルな陶器のランプシェードには手書きでデコレーションが施されている。

Olby Design Showroom & Shop
住所:Sturegatan 24, S–114 36 Stockholm, Sweden
TEL:+46 8 666 95 20
showroom@olbydesign.se
http://www.olbydesign.se

Text: Victor Moreno
Translation: Sayaka Ito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE