ハルコ座

PLACEText: Shinobu Ono

HARCOZA2.jpg

ディスプレイされている洋服は、ユニークでカラフルで可愛く、思わず足を止めてしまう。店内に足を踏み入れると、違う世界に迷いこんだのかと錯覚するほどのキラキラしたドリーミングな世界に胸が高鳴る。店内を彩るあらゆるものが、ひとつひとつ大切に作られ、選ばれたのだということが分かる。そういう空間には、自然と訪れる人をわくわくさせるパワーが宿るのだろうか。

ハルコ座

代官山と恵比寿の中間地点に位置するHARCOZA(ハルコ座)には、デザイナー岡野治子のデザインを手掛けるオリジナルの洋服を中心に、独自にセレクトされたアクセサリーなどが並ぶ。また、現代アーティストの発表の場としてイベントや展示も行われている。「キラキラハッピー」というキーワードがお話を聞く中で何度も飛び出した。その文言通りの、着る人が幸せにならずにはいられないであろうユニークでキュートでエレガントな洋服たち。『洋服は身近なものだけれど、着る人の気分や、時に概念も変えられる存在。日常の中で、小さなわくわくでもいいから感じてもらえれば。』と岡野氏は語る。

HARCOZA4.jpg

デザインが斬新なだけではなく、実際に袖を通してみるとその着心地の良さにはっとする。ハルコ座は「人」をとても大切にしていると感じる。岡野氏は当初はオーダーメイドで洋服を作っていたそうだ。『そのプロセスの中で価値を生み出すことに興味があった。オーダーしてくれた人が自ら価値を見出すという行為に面白さを感じていた。』着る時に感じた優しさも、独自のライフスタイルや価値の提案も、当時の、人との密なコミュニケーションを通じての制作にその原型がありそうだ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
チーヤン・チェン
MoMA STORE