カーペンター・ワークショップ

PLACE

アートとデザインが出会う場所。

カーペンター・ワークショップカーペンター・ワークショップカーペンター・ワークショップ

ロンドンのメイフェアギャラリーセンターの中心部、カーペンター・ワークショップは伝統あるギャラリーが多いこの地域でひときわ際立った存在である。今年3月に新しくオープンしたこのギャラリーは、デザイン力のあるアート作品を一極集中させているアルバマールやコルクストリートに軒を連ねる伝統的なギャラリーからは異を放っている。


カーペンター・ワークショップ

Carpenter Workshop

各々のユニークなシリーズの限定作品は、ギャラリーのフィロソフィーである「機能性のある彫刻」に焦点を当て、デザイン、アート、そして機能面の境界線において、誰も答えることのできない質問を投げかけている。

カーペンター・ワークショップカーペンター・ワークショップ

REINOSO / Spaghetti Bench

ロンドンの伝統的なギャラリー地域に新鮮で新しいビジョンをもたらすだけではなく、デザインアートの領域において1980年以降活躍したユルゲン・ベイロン・アラッドアトリエ・ファン・リースハウトなど名高いデザイナーの実績や作品を公開し、同時に革新的な新世代のデザイナーであるイングリッド・ドナートテヨ・レミロバート・スタードラー、チャールズ・トレベリアンの作品も紹介している。

カーペンター・ワークショップカーペンター・ワークショップ

Atelier Van Lieshout / Sensory Deprivation Skull – Chair

また数人の所属アーティストと密に活動することにより、デザインに関するアート作品の構成要素は何かという問いへの導きを手助けしている。そしてこのアトリエ・ファン・リースハウトの「感覚遮断頭蓋骨」(写真上)はそれを例示し、さらに機能性のある彫刻とは何か、と問いかけている。

カーペンター・ワークショップ

Demakersvan / Cinderella Table

デマーカスファンのシンデレラテーブルは「通常は大量生産に使われる知能機械」を通し、独自の作品を創造する可能性を見つめている。作品は多くの賞賛を獲得し、アートとデザインの垣根を埋めるべく、ニューヨークのMoMAヴィクトリア&アルバート博物館などで展示をされてきた。

ロンドンのチェルシーには2番目の「ショールーム」スペースも保有し(事前アポイント制)ますます今後の展開が楽しみなギャラリーである。

Carpenter Workshop Mayfair
住所:3 Albemarle Street, London W1S 4HE
TEL:+44 (0)20 3051 5939
時間:月〜金10:00〜18:00/土10:00〜16:00

Carpenter Workshop Chelsea
住所:2 Michael Road, London SW6 2AD
TEL:+44 (0)20 3051 5939
事前アポイント制、駐車場あり

Text: Aron Morel
Translation: Naoko Kawaguchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE