水戸芸術館

PLACE

水戸駅からまっすぐに伸びる、なだらかな上り坂を歩くことおよそ20分。坂の頂上付近にさしかかると、ビルの谷間の路地の向こうに螺旋形の鉄塔が出迎えてくれる。鉄塔を目指し歩みを進めると、3本のけやきを門戸に緑の芝生に覆われた広場が眼前に広がる。市中心部に位置する水戸芸術館は、開放された広場を中心に「芸術館」の名で多くの市民から親しまれている。

水戸芸術館


1990年、茨城県水戸市に開館した水戸芸術館(アートタワーミト)は、現代美術ギャラリー・劇場・コンサートホールからなる現代芸術の複合施設である。旧五軒小学校の跡地に建てられたこの施設は、水戸市制100年を記念し、磯崎新アトリエの設計により建設された。広場を取り囲むように配置された各施設は回廊で繋がり、施設共通のエントランスホールには国内最大級のパイプオルガンが設置されている。

水戸芸術館

水戸芸術館のシンボルである塔は、正四面体28個を規則的に積み上げたもので、表面は57枚の正三角形のチタンパネルで覆われている。高さ100mの塔内にはガラス張りのエレベーターで上れる展望室を備え、円形の窓からは水戸の街並みを望むことができる。

水戸芸術館

「現代美術ギャラリー」は、高い天井とトップライトから取り入れられた外光により開放感あるものとなっている。9室からなる展示室は自由度が高く、展示作品によってその構成・順路を変更できる。また、内装が作品展示に干渉しないよう、 壁・天井などは白を基調とした主張の小さなものとなっている。
ジェームズ・タレルや宮島達男といった著名作家の展示のほかにも、「クリテリオム」と名づけられた若手美術家を取り上げる個展シリーズを行い、多くの美術家を発掘、紹介している。

水戸芸術館

「ACM劇場」での観劇の際には、まず舞台と客席の近さに驚くこととなるだろう。客席は舞台に向って半円形を描くように配置され、最も遠い3階桟敷席においても他に類をみない臨場感を味わうことができる。また、壁に使われている青黒い煉瓦(コバルトを入れ焼いた物)をはじめ劇場内は黒で統一されているため、照明に照らし出された舞台は浮かび上がるように映えることとなる。

水戸芸術館

「コンサートホールATM」は室内楽専用ホールである。劇場とは対照的に白木で構成された室内は、アーチを用いた天井とあいまって柔和な表情を見せる。3本の大理石の柱によって支えられた天井には、円盤状の音響反射盤が設置されており、これを上下することによりホール内の残響効果を調整できる。

江戸時代の名所旧跡を多く残す水戸市は、豊かな河川・湖沼を背景に素晴らしい景観を誇る。市内の至る場所から目にすることのできる塔もまた、水戸市のシンボルとしてその素晴らしい景観の一役を担っている。

水戸芸術館
開館時間:9:30~18:00
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
TEL:029-227-8111

Text: Yutaka Takamura
Photo: Courtesy of Art Tower Mito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE