GLOGAUAIR

PLACE

最近設立された、ベルリンの近代美術センター。

ベルリンの街は、その手頃でリラックスした生活様式だけではなく、数えきれない数の商業、そしてアーティストがスペースを営む理由から、世界各国からのアーティストを魅了する。
文化的生活が、ここでは本当に栄えている。そのために、ここ数年のうちに現れてきた沢山のギャラリーや文化スペースの数を覚えておくのは難しい。また、主要なアートフェアでのベルリンのギャラリー数の増加も忘れてはいけない。

GlogauAIR
© GlogauAIR


GlogauAIR」は最近できた近代美術センターで、ベルリンのクロイツベルクの中心地にある公園と運河の間に位置する。以前は学校であったこの建物は、有名なスペインのアーティスト、チェマ・アルバーゴンザレスによって買い取られた。彼は、建物の修復をありがたく見守り、アーティストスタジオだけではなく、展覧会、公演会、上映会、コンサート、そしてアーティストの講演など公共へと披露をする文化的空間を提供することを誓った。

GlogauAIRは、全てのアート分野におけるアーティスト達に、毎年3ヶ月、もしくは6ヶ月のレジデンスをいくつか提供している。この広い分野にわたる取り組みが、このレジデンスを他のものとは違ったものにしている。従来の絵画や建築から、電子音楽、ネットアートインスタレーションやビデオアートなどもっと近代的なものまで、どんな分野で活動するアーティストも、このレジデンスプログラムに応募することができる。

GlogauAIR
GlogauAir studio spaces © GlogauAIR

GlogauAIRのアートディレスターであるカトリーナ・ヴァルディビア・ブルッフは、2007年の4月の終わりからこのスペースを営んでいて、海外のアーティストの交流を促進するためや、近代美術の分野での海外とのネットワークを提供するために、アーティストレジデンスプログラムの視野を、もっと文化的センター的なものへと発展させることを望んでいる。この時点で、彼女が最も注目しているのは、創造力の交流のための、そしてアジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ間とのコラボレーションのための国際的プラットホームを創ることだ。また、彼女はGlogauAIRの定期的なイベントである「アーツ・イン・カンバーセーション(会話の中のアート)」も取り仕切っている。これは、滞在しているアーティストが自分の作品について、他のアーティストや公共のメンバーに話す機会を与えられるものである。これは、オープンセッションであって、アーティストの作品について、自ら話を始め、もっと突っ込んだ議論へと広げるチャンスがある。

私は、このセンターについてもっと知るため、そして何がベルリンをアーティストが訪れ、活動のベースにしようと考える魅力ある街にするのか、カトリーナの考えを聞くためにGlogauAIRを訪れた。

『ベルリンはいつもアートのための街であり続けています。20世紀に、前衛的アーティストが、創造力を養い、海外の観衆へ自分たちの作品を紹介するためにベルリンへやってきました。その後、壁のある期間、西ベルリンは、以前の東ドイツや他の東の国々には閉鎖されていますが、世界に向けては解放している、文化的首都、国際的な場として、その特別な現状が魅力的だったのです。また、ベルリンは、例えばロンドンやパリなどの他のヨーロッパの首都と比べて、若いアーティスト達が安い生活費で生活していくことが可能です。ベルリンは寛容的な街で、好奇心溢れる観客をもち、全ての分野のアート、全てのレベルの実験にと開け放たれています。』

GlogauAIR
atelier of Gil Munuera / atelier of Armindo Salgueiro © Katerina Valdivia Bruch

レジデンスに参加している最近のアーティストたちは、コロンビア、スペイン、イスラエル、アメリカ、イギリスを含め、地球の全ての場所から集まっている。

フロリダ州マイアミからの写真家、サラ・ニューマンは、3ヶ月グロガウエアーで生活し、制作活動をした。彼女はここで、直射照明と長時間露光を使って夜のベルリンの子供の遊び場を撮影するという、新しい写真のシリーズに取り組む時間を費やした。サラは、彼女の作品のきっかけをもたらす潜在性をもつ街としての、ベルリンへの興味を語ってくれた。

GlogauAIR
Grounds for Play © Sarah Newman

『私はベルリンの都会の景色に魅了されました。ここで過ごしている間、公園やオープンスペースがたくさんあるこの街中、特にクロイツベルクをたくさん歩き周り、子供の遊び場の存在の多さに驚いたの。だから、この遊び場の空間を特定の、コントロールされた方法で撮影し、ひとつの作品を創ることに決めたのです。』

GlogauAIR
Open Studios September 2007, view from the work of Shiro Masuyama © Katerina Valdivia Bruch

さらに、沢山のアーティストにとって、ベルリンに来るということは都会の空間を発見することだけではなく、他のアーティストに出会うということでもある。ベルリンは国際的なミーティングポイントか何かになったように思える。一般的にベルリンのアートシーンは他の主要都市に比べ、もう少し開放的で歓迎的に思えるようだ。

このセンターでのレシデンス期間を終えようとしている他のアーティスト、ディビッド・マロトもそれに同感した。彼は、ロッテルダムを拠点にするスペイン人のビデオアーティストで、3ヶ月のレジデンスプログラムのためにベルリンに来ている。

『僕は、スペインのアートシーンはかなり制限されたものだと気づいたんだ。僕が創っているような作品は向こうではあまり関心をもたれない、なぜならビデオアートやアニメーションは全体的に理解しやすいものではないんだ。』

GlogauAIR
Open Studios April 2007, view from the work of Standard Euro © Katerina Valdivia Bruch

ベルリンは何の制限もせずに、アートを創り上げるためのクリエイティブな思考とチャンスを提供する。そして、グロガウエアーのねらいは、それに加え、アーティストが易動性を楽しみ、他の国のアーティストとプロジェクトを協力し合える、国際的な輪を築き上げることだ。GlogauAIRには国際的コラボレーションもあり、そんなプロジェクトのひとつが、ベルリンを拠点にした日本人ビデオアーティストでありパフォーマーの松並えりか、ギリシャ人の作曲家、また音楽家のアントニス・アニッセゴスによる「トランス+」だ。彼らは2008年の5月にベルリンで行われるプロジェクトに向けて、日本人のビジュアルアーティスト高橋匡太を招き入れている。彼らの制作プロセスの最後の月は、そこで生活し制作活動するゲストアーティスとして、高橋さんとともGlogauAIRで行われる。

では、GlogauAIRの次なるものはなんだろう?興味ある情報としては、レジデンス空間のすぐ横に、新しいギャラリー空間が予定されているということだ。それによって、アーティストたちが、センターにつながっていて、もっと定着したアートを見せる場が得られるということだ。また、アートディレクターのカトリーナ・ヴァルディビア・ブルッフは、たくさんのヨーロッパの街との間でプログラムを交流できるようにする、もっと便利な国際的リンクをつくることに忙しくしている。

GlogauAIR
Arts and Conversation: The Uncanny, Stargate © Simonetta Fadda

GlogauAIRは、文化の交流と表現のための重要なセンターとして、そして反対に全く新しい空間としての確立の道を歩んでいる。もうすでに、ベルリンのアートシーンに欠かせないものとして証明されている。広い分野のアートに開放され、いろんな文化のアーティストに創造する許可を与え、地元のベルリンの人々に絶え間なく変化するアートプログラムを味あう機会を与えるレジデンスプログラム、そしてアート空間を見るのはとても新鮮でおもしろいものだ。

GlogauAIR
住所:Glogauerstrasse 16, 10999 Berlin, Germany
TEL:+49 30 6122275
info@glogauer.net
www.glogauer.net

Text: Peta Jenkin
Translation: Fumi Nakamura
Photos: GlogauAIR, Katerina Valdivia Bruch, Simonetta Fadda, Sarah Newman

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE