ディーゼル デニム ギャラリー アオヤマ

PLACE

2007年9月、東京・青山。骨董通りを抜けたこの閑静なファッションエリアに、イタリアを代表するアパレル・ブランド「ディーゼル」のニューショップ、「ディーゼル デニム ギャラリー アオヤマ」がオープンした。代官山から移転した同ショップ、世界中ではここ東京とニューヨークのみで展開されている。

ディーゼル デニム ギャラリー


2階建てのスタイリッシュな外観。「デニムをアートとしてディスプレイする」をショップコンセプトとして掲げ、ここデニム・ギャラリーでは各シーズン限定アイテムや、プレステージの高い商品展開を主としている。また1階と2階にはフロア別に毎回異なるアーティストによるインスタレーションや、アート展を行うギャラリースペースも設置している。

以前からファッションというクリエイティブ領域を越え、アートやグラフィック、音楽といった他分野のアーティスト・サポートを積極的に行っているディーゼル・ブランド。新たな人気スポットとなるであろう、このクールで独創的なショップ概要を簡単に紹介しよう。

ディーゼル デニム ギャラリー

1階はメンズ、レディース共にディーゼル商品の中でもプレステージの高いエクスクルーシブなディーゼル デニム ギャラリー・コレクションのアイテムがアート作品のようにディスプレイされている。内装はイタリア本国のインテリア・チームによるもので、人気のデニムジーンズは天井から革ベルトのようなもので無造作に吊るされ、ペイントに使うような木の脚立にはバッグや小物類がフロアと一体化してディスプレイされている。

ディーゼル デニム ギャラリー

店内中央にはオープニング展として、HIROFU ISO / KOMAINUによるインスタレーション作品「ONCE NIGHT FALLS」が展示中(2008年1月20日まで)。「夜の闇の中で起きる出来事」にフォーカスし、天井から吊るされた何本ものチェーンには、怪しくも昆虫たちが無数に象られていた。

商品まわりの情報としては、2007年秋冬のコレクション・テーマとしてウエスタン・ディテールに注目し、人気のデニムや上質なレザー、カシミヤを使用した希少価値の高い商品が多く目についており、ここでしか手に入らないレアアイテムも多数販売している。

ディーゼル デニム ギャラリー

外階段から続く2階はギャラリースペースとして使用され、第一弾として佃弘樹によるエキシビション「doctrine」を開催中(2007年11月18日まで)。

ディーゼル デニム ギャラリー

入り口正面から大きな動物に出迎えられ、一歩入ればそこはまさにアートの世界!牛かバッファローかと見間違えたこのオブジェ、話を聞くと、北海道の「エゾシカの剥製」だそう(もちろん本物である)。顔面にはプラモデルの様なマスクがあてはめられ、胴体には特製ジャケットを着用している。オープニングにふさわしいなんとも凛々しい姿である。

また壁にはプロジェクターから映し出されたグラフィック画像が揺らめき、何枚もの写真をコラージュして作り上げたアート作品なども多数展示されていた。 今後は3ヶ月に1度のペースで、若手アーティストを中心とした作品発表の場として積極的なサポートを続けて行くという。

アートワーク目当てで訪れるお客さんも多いというこのディーゼル デニム ギャラリー アオヤマ。今後は東京/ニューヨーク、双方からのアーティスト招聘などディーゼルならではのグローバルな展開も検討しているとの事。着用できる“アート”を見つけに、一度足を運んでみてはいかがだろうか。

DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA
住所:東京都港区南青山6-3-3
TEL:03-6418-5323
営業時間:1F STORE 11:00〜20:00
     2F GALLERY 13:00〜20:00
定休日:不定休
http://www.diesel.co.jp

Text: Naoko Kawaguchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE