菅野美術館

PLACEText: Aya Takada

2006年春、宮城県塩竃を展望できる高台に、世界の巨匠ブルーデル、グレコ、デスピオ、ムーア、ファッツィーニ、マンズー、マリーニ、ロダンなどの西洋近代彫刻を常設展示する菅野美術館が開館した。

page5-1008-full.jpg
© Daici Ano/FWD INC.

1970年代から本館館長である菅野喜與によりコレクションされた彫刻作品9点、「カレーの市民、ピエール・ド・ヴィッサンの右手(ロダン)」「マドレーヌ・シャルノ(ブールデル)」「アリス・ドラン(デスピオ)」「ヘルメットの頭no.6(ムーア)」「ルチリア(グレコ)」「小さな裸婦(マリーニ)」「枢機卿座像(マンズー)」「足を見る女(ファッツィーニ)」「遊ぶ猫(ファッツィーニ)」を収蔵する。

kanno_5349.jpg
© Kanno Museum Of Art

「最高傑作の彫刻作品を収蔵する美術館」ということだけでも、おそらく国内外から注目されるだろうが、多くの人が、美術館という認識を与えない外観に魅了され、ホワイトキューブとしてのみ単純に存在しない館内を特別視する理由がある。

菅野美術館の建築は、宮城スタジアム等を手掛けた気鋭の建築家阿部仁史によるもの。
鋼板を用いた外観はコールテン鋼の質感を持ち、建築自体が彫刻を思わせる。入り口を探し館内に入ると、白を基調とした空間に心地よく光が入り込んでいる。

常設展示となる9つの彫刻に対応するように小空間が存在し、その小空間をら旋状に巡りながら、彫刻をあらゆる角度から鑑賞する。彫刻たちが太陽光のスポットライトを浴び、空間は彫刻と共演するために築かれているようだ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE