イサム・ノグチ モエレ沼公園

PLACE

アートに関心のある道外の人に札幌の感想を聞いてみると、「札幌は凄いね。大通公園にはイサム・ノグチのオブジェはあるし、モエレ沼公園に芸術の森、こんな大規模なアート施設が都市部に隣接しているところは国内でそんなにないよ」とよく聞く。地元の魅力というのそこで生まれ育つと、なかなか気がつかないことかもしれない。「モエレ沼公園」は世界的な彫刻家、イサム・ノグチのマスタープランに基づき、公園も彫刻のひとつというコンセプトで設計された。札幌の市街地を、公園や緑地で包む「環状グリーンベルト構想」の計画のひとつである。今年「モエレ沼公園」は全面完成した。そのため公園自体にさまざまな催しや「芸術の森」では、大規模なエキシビションが開催されている。今回、改めて大通公園にあるイサム・ノグチの有名な滑り台オブジェ「ブラック・スライド・マントラ」から話を進めていこう。


大通公園は札幌の中心部を南北に分ける大きな公園。「札幌雪祭り」の会場でもある。そこの8丁目にイサムノグチが設計した滑り台「ブラック・スライド・マントラ」はある。雪の中でも映えるように黒い色にしたという。緑の芝生の中に立つこのオブジェは強い存在感を持っている。アバンギャルドでもある。しかし不思議な安心感を感じさせ子供たちのよき遊び場になっている。

札幌芸術の森美術館開館15周年記念、「イサム・ノグチ展〜ゼロからほとばしるエナジー」に行ってみる。イサム・ノグチのエキシビションは本会場では二度目であるが、前回は「和」の精神にスポットを当てた展示に対して、今回は、公園や遊戯場を主とした環境彫刻、空間造形に着目。出品点数はおよそ45点。その過半数がニューヨークのイサム・ノグチ財団の所蔵品でさらに約半数が本邦初公開。高さ3.6メートル、重さ約17トンにも及ぶ巨大な石彫作品「エナジー・ヴォイド」が会場外の入口の池の水面に浮かぶようにに配置されていて注目を集めていた。大通公園の「ブラックスライドマントラ」と同じ黒一色のオブジェであるが、同様に不思議な安心感や、「和」のティストを感じる。そこのあたりがイサム・ノグチの作品が世界的な評価を受けた理由ではないかと考える。

展示会場に入るとモエレ沼公園全体の模型がある。公園全体を見てみるとイサム・ノグチが、公園自体を彫刻と言った意味がよくわかる。パビリオンのひとつひとつが個性があり魅力的で、かつ配置が美しい。会場を進むと公園などのパブリックな場所に置くことを想定したオブジェが並び、公共施設への強い関心を改めて確認することができた。本展示は8月28日(日)まで開催されているので、「和」の精神の作品シリーズとはまた違った面をみせるイサム・ノグチを見てほしい、これを機会に「パブリックな場所=公園」のありかたを考えてみたらどうだろうか。

さて、週末、モエレ沼公園に行ってみた。グランドオープンの関係で、大規模な展示や映画製作のワークショップなどもおこなわれていて、そして天気の良いのもあって、公園での休日を楽しみにたくさんの人が訪れていた。何度来ても思うのだが、公園の敷地に入りガラスピラミッドが見えてくる沼地の光景はSF映画の世界のようでいつ見ても新鮮な感じがする。さて、グランドオープンの最大目玉は、今回完成した、「海の噴水」だろう。これは常に水が出ている訳ではなくて、1日4回程度、噴水が40分程度ひとつのプログラムとして見せてくれる。夜の回ではライトアップがおこなわれ幻想的な雰囲気に包まれるそうだ。

僕が見たのは休日の13時からの回。僕は噴水を囲む森林の外の少し離れた場所でランチ・ボックスを食べながら、休んでいたのだけど、時間が来ると大きな音がして、自分の居る場所からもはっきりわかるほど巨大な水柱が立ったのが見えた。慌ててカメラを持って、森林を抜けてたくさんの観客に囲まれた「海の噴水」の目の前に行くと、巨大な水柱は続いていて、あまりの高さにカメラのフレームに収めにくい。とりあえず撮影場所を確保していると、だんだん水柱は小さくなってきた。風の影響を受けて変化してるの見ているとキャンプファイヤーの炎のように見飽きない。

噴水は2重構造になっていて、中心の噴出し口にところと、それをとりかこむ大きな輪郭のものである。最初は噴出し口のまわりだけ水があったが、プログラムが進むと、水がもうひとつの輪のなかに流れてきた。それが海辺のように一定のリズムで、外側へ、外側へと水が溜まっていく。この光景は最初の水柱のように非常に動的なものから、ミニマムなものへ転換している。これは「海」の誕生から完成までをイメージしたものかな、と思った。

「大通公園のブラック・スライド・マントラ」「芸術の森」「モエレ沼公園」は札幌に住んでいる方も、そうでない方も、アートに興味があるならぜひチェックしてほしいポイントである。また、私事ですが9月僕が実行委員をしているモエレ沼公園で行われるアートフェス「モ’エレメント」にも注目してもらえると嬉しい。

イサム・ノグチ/モエレ沼公園
グランドオープン:2005年6月25日
住所:北海道札幌市東区丘珠町599-1
TEL:011-790-1231

札幌芸術の森美術館開館15周年記念
イサム・ノグチ展〜ゼロからほとばしるエナジー

会期:2005年7月2日〜8月28日
住所:北海道札幌市南区芸術の森2-75
TEL:011-591-0090

Text and Photos: Shinichi Ishikawa from Numero Deux

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE