フレッシュコットン

PLACE


Tシャツはどんな時も、格好の表現の媒体になる。デジタルデザインやプリントの出現と共に、比較的小さな組織や個人にとって、それぞれ独自の限定版Tシャツをつくるという機会が劇的に増えた。もし気に入らないデザイナーがいれば、もうその人のコレクションは注文しないと主張することだってできる。しかし、デザイナーが果たしている役割とは、どれくらい重要なものだろうか?正直に言って、個人の技術では、お気に入りのブランドに勝るクールなデザインには届かないのではないだろうか。

というのは、Tシャツの普及の増加に連れて、確実にそれらを購入する場も増えている訳だが、同時に「量より質」という言葉も浮かび上がってくるからだ。これが今回私が着目する「フレッシュ・コットン」に繋がるテーマである。私がオランダに移って来た頃から注目し続けて来たフレッシュ・コットンは、率直に言って、印象的だった。そのプランはシンプルで、ウェブサイト上でデザインTシャツを売るというもの。彼らはたった今、良い方向に向かっている途中だ、というのが今の所の安全な言い方だろう。私は1人で彼らに会いに行き、その実体を覗かせてもらうことにした。

フレッシュ・コットンは、アムステルダムの中心にある小さくて可愛いストリートに位置する。この典型的なオランダのストリートに足を踏み入れると、ロンドンかニューヨークにいる気になっても仕方が無い。皮肉を言っている訳では無く、これは良いことなのだが、ここからはよくあるトレンディーなオランダというものが感じられないのだ。オランダは、独特の低くて謙虚な態度を生活に持ち込みながら、イギリスやアメリカの影響を併合させているという意味で、それはとても良いやり方であると思う。と、話がそれそうなのでフレッシュ・コットンに戻すが、私はそこで運営を行うジョン(28)とジェシー(29)、そして昨年より彼らに加わったペレ(29)に会った。ジョンとジェシーは創立者のうちの2人で(他の人は昨年に退社)血や汗を滲ませる勢いでこのカンパニーを成功に導いて来た。ジョンはウェブの開発や運営のバックグラウンドを活かした仕事をし、対するジェシーは、販売とブランドについての知識を持ち、ハーレムに「リバート」を設立。そして最後のペレは、アムステルダムの「シェイプスクワド」という会社にも所属しながら、両方の会社とその商品に対して、デザインの技術を提供している。つまり、とても実質的なチームだ。

2001年にフレッシュ・コットンを設立してから、その売上は確実に伸びていった。これは彼らがオンラインで売っている「ステューシー」「ポールフランク」「ヴォルコム」「バンズ」「オベイ」そして「エックスラージ」などのブランドの影響だとも言えよう。しかし、それらにはフレッシュ・コットンのセレクトと限定版デザインTシャツへのサポートも加わっているわけで、それが彼らは新しい(もしくは多くの中に埋もれた)才能を見る目があると、私が確信する理由である。「ロックウェル」(オランダの才能あるグラフィック・デザイナー、ピエ・パーラ)と、私が大好きな「ダスト」(素晴らしい作品を造るイギリスのデザイン・スタジオ)が手掛けるTシャツは、大抵その最新の行方を追うのが大変なのだが、彼らの作品や他の才能あるデザイナーの(例えば「FreakyFacets」のような)商品を、オンライン上で閲覧できることは、大きなセールスポイントだ。

提供されるTシャツに対して、深入りしたくない感情が少しあるかもしれないが、フレッシュ・コットンのセレクトは確実に成長を遂げていて、まだTシャツやジーンズ、トレーナーなどが一番快適と感じる私たちの世代でも安心できる。自分のファッションが年相応ではないと感じたりすることはないだろうか?このファッションが出回る時代に、自身にピッタリのものを見つけるのは大変なことだが、もしかするとフレッシュ・コットンでなら、見つけられるのでは?それに、ティーンエイジャーの中でショッピングするという苦痛を味わう必要も無いのだから。


Fresh Cotton

電話:+31(0)20-428-5917
月曜〜金曜の13:00〜18:00まで(セントラル・ヨーロッパ時間)
http://www.freshcotton.com

Text: Ania Markham from Post Panic
Photos: Courtesy of Fresh Cotton
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE