ラ・ボカ

PLACE


あるおだやかな日曜日の朝、ブエノスアイレスの近郊の、古くから人気のあるスポットの1つ、ラ・ボカへ出かけた時のこと。子供の頃の記憶では、そこはとても不潔で、騒々しく、そのため、正直あまり期待はしていなかった。そこへ着いた時、そのことが脳裏をよぎったが、しかし、その考えは、すぐに驚くほどきれいな川の前で、消え去り、ロマンティックな景色が目の前に現われた。誰もが川の前で立ち止まり、景色を描く30人程の人達。私にとって、そこはもう以前イメージしていた場所ではなく、とても良い場所となっていた。

ラ・ボカは、とても多くの歴史を持っている。リアチュエロという小さな川のほとりに位置し、そこは、1880年から1930年にかけて、イタリアやスペインから到着した移民達の避難所であった。そのため、港が建設され、新しいアンゼンチンの住人として、彼らはそこで働きはじめたのだ。

ミックスカルチャーは、近隣地域へ新しいスタイルを運んでいった。家は、木と金属シートで作られ、壁は港建設で使用し、残ったペンキで塗られた。その美しい明るい色は、この場所を特徴付けるものとなっている。画家達は、写真家以上にこの場所を愛し、毎週日曜には、カミニトという小さな通りで作品を販売している。カミニトは、ラ・ボカの最も象徴的な場所で、観光客が訪れ、音楽とダンスのタンゴを楽しむ場所となっている。

カミニトには、リノベートされた建物、コンベンティロスが存在する。それらのうちのほとんどはアートギャラリーや、アトリエへとリノベートされた。ブエノスアイレスの前世紀の初めに、失った象徴的な存在である、コンベンティロスは、かつて沢山の部屋を備えた巨大な家であった。そこはまた、タンゴが生まれた場所でもある。タンゴは、もともと売春宿のための音楽として生まれ、居住区に住む労働者にはふさわしくないものとみなされていたが、今日ではとても親しまれている。

そこにある全てがユニークである、日曜のラ・ボカでは、多くのものを目にすることができる。昼頃には、家族はテーブルに集まり、この地域ならではの“アサド”という肉を食べ、サッカーのテレビ観戦をする。通りでは、あちこちで、素敵な景色を背景に、絵描き達がお互いにポートレートを描きあっている。たまにやって来る旅行者は、道に並べられた絵画、木の家、石の道などすべてを見て回ろうとする。それらすべてを含め、ラ・ボカなのだ。そして最も素敵なことは、“人がそこに住んでいる”ということだ。

写真を撮るために、女性が家から出てくるのを待っていると、「ラ・ボカは人々が住んでいる場所なのだ」と、改めて感じた。私が被写体として見ていたカラフルな家々は、人々の住む家なのだ。中には、古くからずっと変わらないままの家もある。

ちょっと耳を済ましてみると、日曜の食卓を囲み、テレビの前でランチを食べる家族の声が聞こえてくる。おそらく彼らは、この場所を写真撮影したり、観光したりする意義は理解していない。しかし、それだからこそ、この国のカルチャーの代表になのだろう。彼らこそが、本物の“ポルテーニョ”—ブエノスアイレスの住人だ。

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE