あぐら家具

PLACE

日本を代表するインテリアの一大イベント「ハプニング展」にも参加する家具デザイナー、原ななえの「あぐら家具」。インテリア、ライフスタイル雑誌にも度々登場しているのでご存じの方も多いかもしれない。日本のみならず海外でも高い評価を得ている「あぐら家具」の原ななえさんにお話を伺った。


バックグラウンドについて教えてください。もともと東京出身で大学の専攻は油彩だったそうですが、それがなぜ北海道で家具を作ることになったのでしょう?

専攻は油彩だったのですが、そこで立体を作っていました。でも立体を作るというのは思いのほか難しくて、作っても風がふけば倒れるようなものや、上に乗れば壊れてしまうようなものしか作れずに、どうしたらいいか考えていました。卒業して就職もせずにふらふらとしながらふと思いついたのが、家具屋さんに就職すれば立体を作るノウハウを憶えることができるのではないかと、バイクで北海道を旅行中に飛び込みで訪ねた会社に、「来年の4月からいらっしゃいよ。」と言われ、運良く就職しました。それがたまたま家具の製造の盛んな旭川で、その工場は、いろいろな工程を数人で担当して最後まで仕上げるという会社だったので、凄く勉強になりました。そして、5年前に会社を辞めて独立しました。

あぐら家具について教えてください。

クールな大人のキュートな生活を提案すべく、仕事をバリバリとこなしている大人達に日々の仕事の労いという意味でも、できる限り心地の良い、贅沢な素材で贅沢な家具を提供していきたいと思っています。体を預けることのできる安定感、存在感、包容力、気持ちよくていとおしいそんなプライベートのパートナーになり得る商品を提供していきたいです。

日本的なアイデンティティが家具を製作する上でアイディアとなることもありますか?

畳に座る生活をほんとについ最近までしていた日本人にとって西洋でいうところの板の間の生活、絨毯の生活って、良く理解できていないと思います。
これまでも日本に入ってきた家具は日本流に改造され続けてきましたが、どうかと思うことはあります。例えば日本の車や飛行機の椅子はとても座り心地が悪いと思います。そのことが、心地の良い家具をつくりたいというきっかけの1つにはなっています。
ただそうやって勘違いをして進化してきた部分もファッションなどの部分では、原宿のアバンギャルドなストリートファッションなど、とても面白いとは思うのですが、日本の伝統や文化はきちんと学びたいと思っています。勘違いで進化するのではなく、きちんと把握した上で進化させるべきで、それが日本人の仕事なのだとおもいます。

多くのまたがる家具を製作されていますね?

「またがる感覚」というのを知って欲しいと思っています。日常的にまたぐという行為をしてもいいんじゃないか、ということです。
クイーンアンという時代にイギリスでまたがって背もたれに本をのせて読むという椅子があったのを知ったのがこのタイプの椅子を製作するきっかけだったのですが、このことについては、西洋人も保守的で以前スペインの展示会にまたがるタイプの椅子を展示したのですが、説明してもまったく理解してもらえませんでした。それでも、実際にまたいでもらうと、「ワンダフル!」という感じで理解してもらえました。
またがるタイプの椅子というのは、自分ではもの凄い発見だと思っているのですが、これは未来の家具のひとつの形態になるかもしれません。飲み食いをするには向きませんが、打ち合わせをしたり、オフィスで使うにはとてもいいと思います。

キャスター付きの家具も多く製作していますね。

ええ、それはやはり便利だからと思って付けています。同じように家具を作っている若い世代の人達もキャスターを付けているのを見かけますが、これは日本だけでなく世界でも、今家具を作り始めた人の共通のセンスで、今の世代の欲求だと思います。のっかったまま移動するというは、かなりぐうたらな生活だと思いますが。

ギャラリーで展示会を行っていますが、アートの側面もあると思いますか?

いいえ、そうは思いません。私はあくまで家具屋というスタンスです。アートというには物足りないと思います。例えば椅子を作るとするなら、座ることしか考えないですし、見て楽しむという部分はあまり考えていません。私の作るものはフェイクファーを多く使っているのですが、その色とかは考えたりしますが、本質的な部分でファーというのは見て楽しむというよりも、さわり心地を楽しむものだと思っています。

実用性重視ですか?

例えば、棚などは、ちゃんとA4の紙が入るようにと考えます。可愛いのに1センチ足りなくてA4の書類が入らないというは意味がないと思います。もちろん見た目も大事ですが、使い良さを重要に考えています。

今回 SHIFT FACTORY で販売するポーチや鞄について。今後は家具だけでなくライフスタイルの提案もしていくのでしょうか?

クールな大人のキュートな生活ですから、生活に必要なものも「あぐらのある生活」なんてことで提案していきたいです。ポーチもバッグもかわいくて連れて歩きたいクールなペット。という感じで作りました。誰も見てないところでそっと撫でたりしてください。

未来の家具について。どのような家具が必要/でてくると思いますか?

技術が発展するにつれ色々なものが小型化してきました。多分想像以上に小さくなるので、いま狭い部屋の中に自分以上に幅をとっているものがなくなることだって考えられます。最後まで必要なものは雨風をよけるもの、体を支えるものだと思うので、すべての機能はその二つに付随させればいいわけです。と考えればテレビだって照明だって壁化してしまえばいいわけだし、もし人が宙に浮くようになればソファだって必要なくなる。それなら家具屋は何をすればいいかというと、照明を壁化したり人を宙に浮かしたりする装置をつくるのが家具屋の仕事になるかもしれません。家具自体の考え方はどんどん変わっていくでしょう。

最後に、今後の予定などは?

毎年あぐらカタログというものをつくってきたのですが、今年は「絵で見るあぐら」あぐらポストカードブックをつくろうかと思っています。手の平にのっちゃうくらいの小さな絵をみて「あぐらのある生活」の空想にふけってもらえればと思います。新作もみれる予定でいますので、興味のある方はぜひ購入ください。
また今後も、近い将来に目を向けつつ、より快適に生活ができるために、色々と研究開発していこうと思っています。

FURNITURE DESIGN AGRA
あぐら家具企画
住所:札幌市中央区北6条西21丁目1-15
TEL:011-632-8889
http://www.agra.co.jp
info@agra.co.jp

Text: Shinichi Ishikawa from Numero Deux

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE