八木夕菜「NOWHERE」

NEWSText: Editor

「崩れゆく世界 / ナント・サンピエール大聖堂」八木夕菜, 2016 *Algorithmic programming by Michael Casey Rehm

「崩れゆく世界 / ナント・サンピエール大聖堂」八木夕菜, 2016 *Algorithmic programming by Michael Casey Rehm

ポーラ ミュージアム アネックスで、京都を拠点に国内外で活躍する写真家 八木夕菜の展覧会「NOWHERE」が、6月15日から7月8日にかけて開催される。

ADVERTISEMENT

八木夕菜はニューヨーク・パーソンズ美術大学建築学部を卒業し、建築デザインの仕事に携わった後、2010年から本格的にアーティスト活動を開始。2016年には、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭にてポートフォリオ・レビューでのハッセルブラッド賞を受賞するなど、実力のある若手アーティスト。自身の心的風景を建築的コンセプチュアルな思考から、写真自体を多次元的視点で構成される環境芸術作品に展開し、感覚と概念に裏打ちされた詩的な写真芸術を作り出している。

その作品は、写真をただパネルや額に入れて壁に展示するにとどまらず、展示空間を建築的に構成するかのように、床に置いたり、透明のアクリルの立体を通して視ることで再構成される写真など、写真の持つ様々な表情や見え方を提案し、作品を通じて「視る」という行為の自由さに気づかせてくれる。本展覧会では新作を含む約30点を展示予定。

八木夕菜「NOWHERE」
会期:2018年6月15日(金)〜7月8日(日)※会期中無休
開館時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
入場無料
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催:株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

Text: Editor

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE