末次弘明 個展「“モノ”」

NEWSText: Ayumi Yakura

IMG_9153

© Hiroaki Suetsugu

北海道を拠点として、コンセプチュアルな抽象画とインスタレーション作品を制作している末次弘明の3年ぶりとなる個展「“mono”」(モノ)が、クラークギャラリー+SHFTにて11月1日から23日まで開催される。

ADVERTISEMENT

末次弘明の抽象画について言葉で解説する事は難しい。しかし、その作品を前にすれば、画面から静かに(内実は咆哮するような意思を持って)問いかけてくる圧倒的な何かを感じる事ができるだろう。化学実験のように様々な顔料の物質性を突き詰め、顔料そのものに語らせる特異な画面は、ミニマムの中に広がる宇宙を想起させる。

本展では、薄闇のギャラリーの中で、“モノ”をテーマに掲げ、モノタイプ、モノクローム、モノグラム、そしてモノ(物)など、英語で“単一”を意味する“モノ”にも様々なバリエーションがある状況、及び人間世界を表した作品群を発表。まるでモノリス(地質を象徴的に示す一枚岩)のように、物質性を象徴する新たな抽象画とインスタレーションを展開する。

※本展の会期に合わせ、末次弘明の作品を素材として、芸術と生活・ファッションを融合したアーティストグッズも発売される。

末次弘明 個展「“mono”」
会期:2017年11月1日(水)〜23日(木・祝)
時間:11:00~19:00
休廊:月・火曜日
会場:クラークギャラリー+SHIFT
住所:札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階
TEL:011-596-7752
http://www.clarkgallery.co.jp

Text: Ayumi Yakura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE