宮川未都子展「マイ・ネーム・イズ・チャパ」

NEWSText: Ayumi Yakura

05chapa展image1

© Mitsuko Miyakawa

戦後まもなく札幌で生まれ育ち、現在はアーティストとして国内外で活動する宮川未都子による、故郷の札幌では初となる個展が、クラークギャラリー+SHIFTにて、5月3日から31日まで開催される。

ADVERTISEMENT

宮川未都子は、小学生の頃にロシア文学との出逢いをきっかけに芸術文化へ興味を持ち、モスクワ留学、ロシア語通訳の職を経て、自らが芸術を志すようになった。

1998年から文化学院芸術科で学び、2000年から6年間ニューヨークへ美術留学した後、2006年にサンクトペテルブルグで個展を開催し、帰国後は長野県を拠点に、フィンランド、フランス、ドイツ、ポーランド、アメリカ、日本の諸都市で作品を発表。今年の8月にはニューヨークでの「ピース2017」選抜7人展に参加する。

本展は「芸術を志した最初期/ニューヨーク留学時代/帰国後/これから」の4テーマでギャラリーの壁4面を構成。平和を願い、作家と鑑賞者の「過去と現在と未来」「日本と世界と自分」を見つめる展覧会となる。

また、会期中の5月5日には、京都やフィンランドでも好評を得たワークショップ&アートパフォーマンスを開催。かつて岡倉天心が日本文化を理解してもらう為に著した「ザ・ブック・オブ・ティー」から着想を得て、新しい価値観、生き方、マナーを考えるきっかけを作る為、参加者には紙コップに「どんな世界に住みたいか?」のイメージを描いてもらい、糸で繋いで楽しくお茶を飲むという。

宮川未都子展 「MY NAME IS CHAPA」
会期:2017年5月3日(水)〜31日(水)
時間:11:00~19:00(月曜日・第三火曜日休廊)
会場:クラークギャラリー+SHIFT
住所:札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階
TEL:011-596-7752
http://www.clarkgallery.co.jp

ワークショップ&アートパフォーマンス「A WAY of TEA -あるお茶の作法-」
会期:2017年5月5日(金)14:00~
対象:子供〜大人(定員20名に達した場合は事前申込優先)
参加費:300円(持ち物:水性絵の具や筆、マーカーペンなど好きな画材)

Text: Ayumi Yakura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE