リ・ミンホ 写真展「ノーウェア・アブストラクト・ジャーニー」

NEWSText: Ayumi Yakura

Filblancn40-468

「Fil blanc n.40」© リ・ミンホ, 2015年, 550 x 750 mm, インクジェットプリント

京都国際写真祭のサテライトイベント「KG+アワード2017」の参加展覧会として、ソウルを拠点に活躍する韓国の女性アーティスト、リ・ミンホの写真展が、京都のイムラアートギャラリーにて5月13日まで開催されている。

ADVERTISEMENT

ソルボンヌ大学で絵画を学んだ彼女は、2002年から表現媒体を絵画から写真へとシフトさせ、2006年からはコンピューターによる合成技術を取り入れ始めた。どこか絵画的な主題や構図を思わせる彼女の作品は、写真を組み合わせることで完成される。

本展で紹介されている「Fil blanc/ fil rouge」(白の糸、赤の糸)シリーズは、糸玉と風景を別々に撮影し、同一画面上に構成した作品群。背景には繊維工場の廃墟や海といった抽象的な場所が選ばれ、配置された毛玉はいわくありげな存在感を放ち、シュルレアリズム期の絵画を思わせる超現実的な世界を展開。「糸」というモチーフに、ギリシャ神話の「アリアドネの糸」といった挿話や、運命の糸といった比喩など、糸にまつわる迷宮や因縁といったキーワードが託されている。

リ・ミンホ 写真展「No_where Abstract journey」
会期:2017年4月12日(水)~5月13日(土)
時間:12:00〜19:00
休館:日・月・祝日
会場:イムラアートギャラリー
住所:京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31
TEL:075-761-7372
http://www.imuraart.com

Text: Ayumi Yakura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE