ジェイムズ・ジョイス「100 いいね!」展

NEWSText: Aya Shomura

@ James Joyce

© James Joyce

ロンドン在住のジェイムズ・ジョイスの展覧会「100 いいね!」が、パリのコレットにて2月27日まで開催中だ。彼は、従来のデザイン認識を覆すような内容の絵画、ドローイング、彫刻、スクリーンプリントなどの様々なメディアを用いた作品を制作するアーテイストでありデザイナー。その独特な作風は、昨年イギリス郊外で開催されたバンクシー主催の「ディズマランド」でも、大型ビデオ・インスタレーションとして公開され、メインビジュアルにもなった。

ADVERTISEMENT

60年〜70年代の若者世代を表す言葉が「愛」であるならば、インターネット世代の言葉は間違いなく「いいね」だろう。この言葉はSNSなどソーシャルメディア上での共通言語となり、至る所で目にするようになった。もっと言えば単なる言葉としてではなく、ユーザー間での「いいね」や反応の多さによってSNS内でのステータスやエゴ、自我などが満たされるというアクションや賞賛を意味するアイコンなのだ。

彼の本展での作品は、中立かつ曖昧な立ち位置だ。本来の意味を失い、延々と機械的に繰り返される言葉による空虚な文化の反映、もしくは現代のSNS事情を表現するポジティブな意味での「いいね」礼賛とも読み取ることができる。

ジェイムズ・ジョイス展「100 Likes」
会期:2016年2月1日(月)〜27日(土)
時間:11:00~19:00(日曜定休)
会場:colette
住所:213 rue Saint-Honoré, 75001 Paris
TEL:+33 (0)1 5535 3390
http://colette.fr

Text: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE