ミュージアム・ニュース 10月 2015

MUSEUMText: Aya Shomura

北海道クリエイティブの今を発信する文化複合施設「ミュージアム」のスタッフが、1階のファッションを中心としたライフスタイルデザインのセレクトショップ「ミュージアムストア」、北海道のアーティストグッズやCD・書籍などの商品を取り扱う「スーベニア北海道」、そして2階の北海道唯一の現代アートのコマーシャルギャラリーである「クラークギャラリー+SHIFT」から最新情報を毎月セレクト!ミュージアム限定イベントなどのお知らせもあるのでお見逃しなく。また、ミュージアムストアのオンラインストアも開設しました。是非ご利用ください!

IMG_4680_468pix

アユミミツカネ 個展「ボウシ」
ファッションで「コンテンポラリーアートへの投げかけ」を行ってきた、北海道出身の若手デザイナー、光金鮎美が初個展「BOUSHI」(ボウシ)を、札幌のクラークギャラリー+SHIFTにて10月30日まで開催中。本展は、独創的なファッションフォト6点のほか、固定概念にとらわれることなく作り出した大小様々な「ボウシ」のアート作品約30点を天井から吊り下げ、「見て、被って、楽しめる」体験型のインスタレーション展示となっている。

seven_chair

五十嵐淳「セブンチェア」
2014年にミュージアムを設計監修し、今秋、佐呂間から札幌へ拠点を移した建築家の五十嵐淳。彼がデンマークの老舗家具メーカー、フリッツハンセンの60周年を記念した展覧会「オマージュ・アルネ・ヤコブセン」(2015年7月開催)にて発表したセブンチェアのアレンジ作品が、AnyTokyo 2015で開催される「7 Cool Architects」で10月24日〜11月3日まで展示される。この椅子は、ザハ・ハディドやジャン・ヌーベルなどそれぞれの国を代表する建築家やデザイナーの一人として選ばれ、原型を崩さずにデザインされている。9月にはヘルシンキ・デザイン・ウィークでもレクチャーを行なうなど、今後も彼の国内外での活動に期待が高まる。

owtn.uoza

owtn.新EPリリース「桃源郷」
2015年6月に全国デビューを果たしたowtn.(おわたん)の新EPリリースが決まった。ネットレーベル「POEMCORE TOKYO」より今冬リリースを予定しており、札幌のトラックメーカー、SLATEがプロデュースと作曲を担当、「うお座の感受性」を含む全3曲。「うお座の感受性」の別バージョンを収録した完全数量限定のパッケージ版も同時期に発売され、ミュージアム・ストアにも数量限定で入荷予定なのでお楽しみに。

EZObag-290x290chisatoshinya_TDW15

24K x シンヤチサト「東京デザインウィーク 2015」
2015年10月24日〜11月3日に開催される「東京デザインウィーク 2015」のクリエイティブ・ライフ展に、ミュージアムにアトリエを構える24Kが出展する。今回は、クラークギャラリー+SHIFTの所属作家シンヤチサトとのコラボによるポップなレイアウトで、24Kのデザイナー、高瀬季里子の有機的でシンプルなデザインながらもこだわり抜いた独特のラインを一層強調する試み。来場者には、試作用のエゾシカ革で作ったノベルティのブックマークのプレゼントもあるので、ぜひ足を運んでみて欲しい。デザイナー本人にも会えるかも?!

autumnissue

折笠恵子「オータム・イシュー」
昨冬より展開してきた折笠恵子のキャンドルシリーズ第4弾「Autumn Issue」(オータム・イシュー)がいよいよ登場した。シリーズの中で最も試行錯誤したことなど微塵も感じさせない洗練された”大人の秋”の色は、陽を浴びて美しく舞い散る「銀杏」、大地に柔らかく重なり合う繊細な「落ち葉」、黒紫色の夜空を秘めた「十六夜」の三種。今秋は、少し早めに帰宅する日が増えるかもしれない。Autumn Issue:ICHO / OCHIBA / IZAYOI(銀杏・落ち葉・十六夜)のセット。

Text: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE