OMOTESANDO KOFFEE(表参道コーヒー)

PLACEText: Wakana Kawahito

日常にインスピレーションをもたらす、都会のノマドカフェ

OMOTESANDO KOFFEE(表参道コーヒー)

表参道の裏道を入ったところに、ひっそりと佇む日本家屋がある。もし入り口に季節花が活けてあるキューブの籠があれば、それはテイクアウト専門のカフェ「OMOTESANDO KOFFEE」(表参道コーヒー)だ。
『コーヒーを提供するのに最適な形を追求していったら、今の状態になった』とは、オーナーの國友栄一さん。関西でカフェ、バール等の店舗を手掛け、2年前に「パンとエスプレッソと」を東京にオープンした。

photo2DSC_0879.jpg

日本家屋の門をくぐると、右手の部屋の真ん中にキューブ式のコーヒーカウンターがある。お店のイメージはキオスクだ。
『キオスクは無駄のない究極のかたち。席が無いため、場所のコストが少なくていいし、1人でコーヒーも入れてレジも担当できるので、多くの人件費も掛からない。その分、コーヒーの質にお金をかけてこだわれる。また、対面式なので、1人1人のオーダーに細かく応えることができ、顔の見えるコミュニケーションができる』と國友さんは説明する。
『コーヒーは、若い人からおじいちゃんおばあちゃんまで、誰でも楽しめる日常のもの。特別な日の張り切ったご馳走ではなく、毎日を楽しくする300〜400円の贅沢。それが当たり前になったらいい』というのが、國友さんのお店作りに対する一貫した考えだ。

photo5DSC_0865.jpg

エスプレッソマシーンにレジにショーケース、すべてのものが1つのキューブの中に収まっているミニマルなデザインが、コーヒー屋としての「OMOTESANDO KOFFEE」の哲学をストレートに伝える。
表参道は1年間の期間限定。次に移動する際は、このままキューブごと動かすだけで、どこへでも行ける。ロケーションを選ばず移動できるところは、キオスク形式のミニマルなデザインならでは。このインテリアデザインは、14sdの林洋介氏が手がけた。
スケルトンのキューブは、今後の展開にあわせて、側面にガラスを入れて、天井や壁を作ることもできるし、キューブ自体を2つないし4つ組み合わせ、規模を大きくすることだってできる。形態的にもビジネス的にも柔軟さを可能にするこのデザインが、一つの場所にとらわれず、最適な場所を求めて移動する今の気分に合う。

photo6DSC_0866.jpg

豆は京都・小川珈琲のものを使用している。一番人気は、苦みと酸味が程よいバランスの「表参道コーヒー」(350円)。そして、友人のレストランシェフと作ったコーヒー菓子(1個160円)も供される。これは、お茶菓子のようにコーヒーを引き立てるお菓子があってもいいのでは、というところから考案された。見た目はキューブ状で、コーヒーの濃い味に負けないようにしっかりとした重みがあり、カリッと香ばしい外側とカスタードのとろりとした中側の2つの食感が楽しめる。

photo7DSC_0869.jpg

『口に入れるものなので、人のアイディアや感情を直接左右する。そこが面白い。コーヒーをきっかけに、私もお客さんからアイディアを頂くし、お客さん同士も繋がる』。実際、近所で働く若い人から、同じ通りに住むおばあちゃんまで、幅広い人が訪れるという。
『美味しいは当たり前。それ以外の部分でどうおもてなしできるのか、どうアイディアやインスピレーションを感じてもらえるのか、を常に考えている』と言う國友さんにクリエイターとしての心意気を見た。

OMOTESANDO KOFFEE(表参道コーヒー)
住所:東京都渋谷区神宮前4-15-3
営業期間:2011年1月17日〜1年間の予定
営業時間:10:00〜19:00(不定休)
TEL:03-5413-9422
http://ooo-koffee.com

Text: Wakana Kawahito
Photos: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE