NID

PLACE

渋谷と原宿を繋ぐ明治通りのすぐ裏、キャットストリートに「Nid」がオープンしてから約3年。Nidの大本「DUNE」共に代表を務める高橋達也氏の純粋な服への情熱によって実現した真っ白なショップの中に飾られているのはアート作品とも呼べる洋服。

NID


まず、従来のショップはその店のカラーいわゆるコンセプトを立てて、それに沿った服をセレクトする。服がそのお店のコンセプトの一端になるが、そうなると本来のデザイナーの個性などはどうしても表面部分しか見えてこない。デザイナーの個性を引き出すにはどうしたらいいのか、そこで考えたのが期間限定で、デザイナーごとに商品・内装をすべて変えて見せるショップだった。そのデザイナーの世界観だけを表現するということは来る人に圧倒的なインパクトを与える。「Nid」という新しいショップの形を印象づけることになった。

NID

その斬新さと情熱で昨年はラフォーレ原宿の特設エントランスブースに期間限定で「Nid」の出張展開も果たした。 現在はスペースの限界もあり、数組のデザイナーの作品が並ぶのだが、将来的には本来の形式とうまく組み合わせてショップ展開を図って行きたいという。

NID

これまで「Nid」はヨーロッパのデザイナーの作品を中心に服を紹介してきた。バイヤーも務める高橋氏が何度もヨーロッパに足を運び、実際にアーティストと話し、服に対する考えや情熱に共感できる場合にだけディストリビュートをする。アーティストとディストリビューター、そしてお店とお客様へと服が繋がって行く過程で本来伝わるべきコミュニケーションは失われがちなのだが、その過程を発展的に有効に活かしてしてゆくには自身がそのデザイナーに情熱と共感をもてなければ成り立たないという信念があるからだ。アーティストとお客様の距離がダイレクトに感じられるショップにし、アーティストがどういう人間で、今どういうことを考えているかを伝えるためにショップスタッフも積極的にデザイナーとの人間的な交流をするようにしている。

NID

これまでに交流をしてきたアーティストは、ロンドンのクリエーター集団「JanFamily」の活動でも世界を刺激する「Making Jan Ma」、独創的なグラフィックパターンで一線を画す「c.neeon」、総合芸術とも呼べる「fabrics interseason」のコレクション、グラフィックデザインを本業にする「UEG」、ほかにも「BUTTERFLYSOULFIRE」、「starstyling」など、実際に彼らの作品を見ればただ外見のファッションのためだけに服をつくっているのとは明らかに違うのがわかる。
彼らそれぞれの現在や世界の見え方、哲学、遊び心、メッセージ、その深い背景、それらをまとめるように服が放つ空気感を伝って私たちの五感に話しかけてくる。これからはヨーロッパだけではなく、国内のアーティストとも交流してゆきアジアをはじめ、より広い世界に進出していく予定だ。

『Nid-フランス語で巣や人の集まる場所の意味も持つこの場所に、僕らの独自の視点で世界中の有名・無名を問わず多くのアーティストたちが集まり、ひとりでも多くのアーティストが巣立っていけるような原点の場所にしたい』と教えてくれた高橋氏や『とにかくこの空気感を楽しんでもらい、ここにある服の楽しさをお客様と話し合いたい』と言ってくれたショップスタッフの石神孝男氏。信念と情熱をしっかり持って服を楽しむ彼らのお店には好奇心旺盛な人々が集まる。

「Nid」の空間に放たれた力は着飾るだけでなく人間的内面そして、五感をも刺激する。このまるで魔法のような空気がビジネスと夢、ファッションとアートとのバランスをとってじわじわとお店を訪れる人々に効いてゆくだろう。

Nid
住所:東京都渋谷区神南1-3-2 久保井ビル1F
TEL:03-5784-5448
営業時間:12:00〜20:00(水曜定休)
info@dune-jp.net
http://www.dune-jp.net
※2009年2月に上記住所へ移転しました。

Text: Naoko Wowsugi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE