UT STORE HARAJUKU.

PLACE

過去4年間に渡りTシャツキャンペーンを毎年行ってきたユニクロ。これまでに手がけたTシャツは1000種類を超える。そのユニクロが4月28日、原宿明治通り沿いにTシャツ専門ブランド「UT STORE HARAJUKU.」をオープンした。

UT004.jpg


ユニクロのTシャツ=「UT」という言葉のアイコンを確立させるために、このブランドは設立された。ユニクロNY進出にも参加した佐藤可士和氏をクリエイティブディレクターに迎え、Tシャツだけでなく、ストアのあり方やTシャツの買い方までもデザインされた画期的な場所になっている。

UT004.jpg

4階建ての店内はメカニカルな雰囲気で近未来を感じさせ、ボトルパッケージに入れた商品が陳列されている様子は彼らのコンセプト通り「未来のコンビニエンスストア」といった感じだ。

UT004.jpg

ここに並ぶ商品は約20カテゴリに分かれ、柄は500種類にも及ぶ。
多くのアーティストやデザイナー、企業とのコラボレーションTシャツをリリースしている。日本アニメの巨匠・手塚治虫とUTそして野田凪、エンライトメント、TOMATOをはじめとする世界に通じるデザイナー達によるトリプル・コラボ「手塚治虫トリビュート」、またTシャツのデザインを一般公募のから選ぶ「ユニクロ・クリエイティブアワード」など、自由でユニークな企画がTシャツの可能性を広げていて、毎月新しいデザインが加わってゆく。

UT004.jpg

1階店内の中央には UTがイチ押しするアイテムのサンプルが整然と並び、気に入ったデザインが見つかればそのサンプルについているタグに書かれた UTコードと呼ばれる番号をたどると商品のストアーロケーションが分かるようになっている。

UT004.jpg

また、各階に設置されているTシャツ検索システムを使えば、色、形、カテゴリ別に店内に置かれた全商品を検索する事ができる。 値段もキッズアイテム以外は1500円と統一されており数多くのTシャツをスムーズに検索、購入できるシステムには感心するばかりだ。

UT004.jpg

2階と3階はメンズとレディースに分かれ両階には色見本の会社として世界的に有名なパントン社とのコラボレーションで作られたカラフルでシンプルなTシャツが並び、形もVネックやタンクトップなどがあり、バリエーションが豊かになっている。

UT004.jpg

4階はギャラリースペースになっており、現在は写真家テリー・リチャードソンの写真展が開催されている。 UTのTシャツを着たN.Y在住の若手クリエーター54人のモデル達の写真はブランド「UT」自体の今後の可能性や期待感と連動していきいきとスタイリッシュだ。今後、このスペースはTシャツに関わることや情報を展示し発信してゆく場所になってゆくとのこと。

「UT」は期間限定のブランドではなく、今後は世界規模で展開してゆくユニクロの新しい挑戦である。Tシャツはファッションの中でも自分のテイストを表現できる身近なアイテムのひとつであるし情報源でもあり文化の域にまで達していて、ひとつの大きなメディアになっている。ここ「UT STORE HARAJUKU.」はTシャツのアミューズメントパークであり、ファッションモンスター東京の新たな観光名所になりそうだ。

また、ユニクロはオンラインキャンペーンも積極的に行っている。前回ウーミンをフィーチャーした「MIXPLAY」につづき今回は「UNIQLOCK」。本日6月1日より公開になったティザーサイトでは、ユニクロのポロシャツを着たダンサー達によるダンスバトルの映像を見ることができる。本キャンペーンサイトの公開日は6月15日。YouTubeでも動画を観ることができる。

UT STORE HARAJUKU.
営業時間:11:00~21:00(年中無休)
住所:東京都渋谷区神宮前6-10-8
TEL:03-5468-7313
http://ut.uniqlo.com

Text and Photos: Naoko Wowsugi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE