TAG

PLACE


デンハーグに長く存在する「コンクリート」が、5月にアムステルダムに新店舗をオープンした。スプイ通りにあるこの店舗には、同じくデンハーグのビジュアルカルチャーのプラットフォーム「TAG」の見事な空間でもある。
「TAG」の設立者ヒシャム・ハリディ(34)は、妹アーシャと共にこの街にはブランド品を置いているお店が不足していることに着眼し、1997年の初めの「コンクリート」ショップの制作基礎を作りあげた。アーシャの夫、ディルク・ヨンヘンも半年後に加わり、「コンクリート」がスタート。彼らの特色は、異なるファッションブランドの限定品を取り揃えることで、そのうちパーティーやインスタレーションのような外部イベントを主催し「コンクリート」の経験を広げてきた。このようなコンセプト・ショップはまだ一般的ではなく、「コンクリート」はそれをやったデンハーグで最初のお店だと胸を張って掲げる。オランダで最初ではないとしても。

ヒシャムは1999年に「コンクリート」から離れることを決め、友達グループ(アーティスト、フィルムメーカー、写真家、学芸員、グラフィックやウェブデザイナー)と一緒に「TAG」をスタートした。ギャラリーは「1646」と呼ばれ(このギャラリーが入っているビルが建てられた年)、みんなが参加した。これは更なる協力と更なる拡大化目指ともっと他とは違うプロジェクトが必要だった。「TAG」はデンハーグ自治体から資金面を協力してもらい完全なるアウトレット店になり、デンハーグで異なるビジュアルカルチャーを作っていく存在になった。

以来、「TAG」の評判はデンハーグを越えて広がりを見せ、今や定読雑誌やトップレベルの国際的アートタレントを魅了するイベントにも参加している。最近の「TAG」の活動は「チックス・オン・スピード」を特別週間ワークショップに招待し、20名の地元の人たち(多くはハーグ学院からの生徒)が参加した。「チックス・オン・スピード」による特別講義は素晴らしい内容で、ワークショップは大きな成功と早くも次回への活動の準備へとつながった。

組織が拡大するに連れ、アントワープが次なる注目すべき焦点と考えらるようだ。1つは異なる国際都市に「TAG」のための“ホーム”をたくさん確立するため。このインスタレーション・ツアーは様々な“ホーム”でコンスタントに求められ、地元のビジュアルカルチャーを促進するアイディアが、それぞれの国ごとに目標にあげられる。

話はアムステルダムに戻り、「TAG」は「コンクリート」内の展示スペースをいっぱいにしていた。5月20日に素晴らしいパーティーと共にオープンしたスプイ通りの新しい店舗は、大胆なステートメントを掲げ、芸術的な復興地域と再発見の街として確かなスタートを切った。有名な服(ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク 、 グリフィン、 マハリシ、アディクト、ナイキ、 ホワイトラベルのものやその他)を売るだけではなく、2ヶ月おきに「TAG」が主催するファッションやポップカルチャーの展示スペースを設けた。皮切りは「TAG」メンバー、ネイディーンによるミュージックを題材にした写真展。主要作品はミッシー・エリオットのコンサートにがっかり後に撮られた写真のシリーズである。

コンクリート

営業時間:11:00〜18:00
住所:Spuistraat 250, Amsterdam
http://www.concrete.nl

Text: Ania Markham from Post Panic
Photos: Mark Visser from Post Panic
Translation: Chiyoko Jimba

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE