フライターグ・スカイスクレーパー

PLACE

1993年、マーカス・フライターグとダニエル・フライターグの兄弟が「フライターグ」を設立した。伝説によると彼らは、ドイツのハンブルグからイタリアのパレルモへ移る間、共有していたアパートの前に広がるチューリッヒへ行き交う激しい交通にインスパイアされたと言う。彼らは使用済みのトラックの幌と自転車のインナーチューブ、車のシートベルトを使い「メッセンジャー・バッグ」をデザインした。

freitag_portrait.jpg


現在それから13年が経ち、兄弟は今なお、ほぼ完全なるメイド・イン・チューリッヒの「フライターグ」バッグを作り続けている。フライターグの工場「F-factory」は工業エリア「マーグ・エリア」内にあり、彼らが13年前に住んでいたアパートメントが視覚圏内にある場所だ。年間120,000もの個性的なバッグを生産し(スタッフはショップアシスタントを含めて45名)、200トンのトラック防水シート、75,000の自転車チューブ、そして25,000のシートベルトを使用する。

「フライターグ」バッグを販売する様々なセレクトショップの他には、現在までに2つだけしかフラッグシップ・ショップはない。1つはダボスに、そしてもう1つ(ザ・ミラー・トラックストップ・ショップ)はハンブルグに。

つまり、全てがスタートした彼らのホームシティにフラッグシップ・ショップがない。当然のことながら「プラダ」や「グッチ」のように最も豪華な小売店を完成させるには、ホットな建築の実践を依頼するべきである。これらの小売店は建築的に全てとてもエキサイティングだが、しかし、コンテンツは完全に取り替え可能だ。彼らはショッピングを体験的なものに、そしてブランドを確立させるようなショップにすることを目指していて、コンテンツとフォームの統合を課すことはほとんどない。

マーカスとダニエルは「spillmann.echsle」の建築家たちと共に、ゲリラ・ストアやヒップ・ファクトリーの建物ではなく、別の方向へ行くことを決めた。「フライターグ」ストアに1番見合うものは?材料は?かくして、この「ショップ・チューリッヒ」(ラウンバウにより実現)は、全てリサイクルの貨物コンテナによって建てられた。解体され、強化され、26メートルの高さに積み上げられたのだ。4つの販売フロアを持ち、1600のバッグを売り出す、17のコンテナでできた「フライターグ」スカイスクレーパー。

この都市の高層ビル制限規格に違反しない低さを保ち、それでいて屋上デッキからトラック見物をするのにも充分な高さがある(ものすごく望遠鏡とマッチしている)。堅牢なショップ!

というわけで、これでチューリッヒに新しい建築の名所が生まれた。「ザ・ボンサイ・スカイスクレーパー」である。少なくとも2010年に「マーグ・エリア」の建物(フライターグ工場「F-factory」も含む)が壊され、スイスで最も高い高層ビルが建設される予定までは。

『このバッグは都市のツールである。現実と仮想をリンクし世界中へと運ぶ、都市の(または小さな町の)カウボーイに向けたサドルバッグである。』(2001、バーデン、ラース・ミューラー出版、『F-Book』マックス・クン著より)

FREITAG SHOP ZURICH
住所:Geroldstrasse 17, CH-8005 Zurich
TEL:+41 43 366 95 20
zuerich@freitag.ch
http://www.freitag.ch

Text: Friedrich-Wilhelm Graf from unfolded
Photos: Isabel Truninger (Portrait Photo), FREITAG lab. and unfolded
Translation: Yurie Hatano
Coordinator: JykK Japan Inc. +81-468-56-6667

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE