フォータニアン・オープンスタジオ

PLACE


香港は多分、アーティストとして生きるには世界中でも最も難しい都市の一つだろう。ほとんどのアートギャラリーが、外国や中国本土のアーティストしか扱わないとか、香港の大物実業家達がこぞって買い集めるのが、明朝時代の骨董品に限られているとか、“アーティスト”としての地位が未だにきちんと確立していないなどの事実以外に、もっと根本的な“場所がない”事が、実は本当の問題だからだ。1メーター毎に値段があがっていく超過密地帯の市内では、当然家賃が沸騰している。その結果、若いアーティスト達の研究所、試験所と化すアートスタジオは、香港人達にとって、今の今まで手が届かないものだった。

元工業地帯にある工場が空になり、格安の家賃で借りられるようになった火炭(フォータン)地区に若いアーティスト達が集まり始めている。やっとの事で“自分のスタジオ”だと呼べる空間を手に入れることのできた画家、ミュージシャン、彫刻家達で、この消滅した製産用工場は埋まっている。ほとんどの住民が近くにある香港中国大学の美術部を最近卒業した若者達で、皆それぞれに卒業式直後に自分のスタジを持てる事に極度な違和感を感じている。幸運にも、数人の勇敢な先駆者達が他をひっぱるようにして、フォータン地区内のワリュン・インダストリアルセンタービル内に店を開いている。今では、ユーチョン・センター、オンワー・インダストリアルビル、他多数の中にスタジオが次々と成長し、そこで作品を作っている多種多様のアーティスト達(とは言っても、彼らのスタジオは彼らの住処と一体化しているのだが)は、一つのグループとして「フォータニアン(火炭芸術村)」と業界では呼ばれるようになった。1年に二度、それぞれのスタジオを人々に開放したり、去年秋には火炭に拠点を持つアーティスト達のスタジオを収録した本を出版したりと、積極的に活動をしている。

火炭で作られる様々な作品に、ギャラリーで見られる典型的な今日の香港アートと劇的に異なる点はあまりない。—混合的画法、彫刻とニューメディアの融合、広範囲にわたる概念の追求よりも、表面上の質に焦点をおいた伝統的美術など—しかしながら、革新と刺激を少しながらも彼らから感じとることはできる。地区内に住むオットー・リー・ティンランは、小さな木製の立方体と、1980年代初期のピクセル化されたビデオゲームを連想させる、鮮やかな原色のサッカー選手や建物の型を使って、三次元の絵を創りだしている。

リーのスタジオ仲間、チョウ・チュン・ファイは遠近法の中心点の欠乏による不安定感を使って、香港の日常風景を描いている。彼は、目が知覚できるほんの微妙な角度を歪めているのにも関わらず、それに邪魔されることなく絵を完成させている。彼のスタイルは、既に学芸員や、バイヤーからも注目を浴びている。一階下に住むローマンとティンヤンのスタジオは一転して、少年時代を思わせる生き生きとした雰囲気がただよっており、漫画、グラフィティーに影響された絵、木製の粗削な動物の彫刻がところ狭しと並んでいる。

ブロックAビルの19階にある「131アートプロジェクト」では、オウ・ホイ・ラムとラム・ワイ・キットが他の総合ビルへと移動する直前の一月まで、4名の女性アーティスト達の展覧会を開いていた。オウは広いカンバスの中に、現実世界との関わりを秘めた抽象画を描いている。—一方では青空が広がり、もう一方ではネジが転がっている—
しかし、パステル絵の具から外にでようとする、何か見えない力を彼女の絵から感じ取ることができる。元スタジオ仲間であるラムは、女性として、旅人として、香港人として、はっきりしない自らのアイデンティティーをレンズにとらえ続けている。彼女のビデオや写真のプロジェクトの多くには、彼女自身が題材として用いられ、時にイタリアやドバイといった外国がロケーションに現れる。生まれついての旅人、ラムは、これからも作品を通して居場所の追求をしていくのだろう。

昨年出版された本「Fotanian 2004」には、19カ所のスタジオと、61名のアーティスト達が収録されているが、彼らのアーティストとしての地位は、近いうち確実に上がっていくだろう。中国大学で教えるオウ・ホイ・ラムは言う。『毎年7月になる度に、火炭で場所を見つけることがとても難しくなる。どうしてかって?それは、その時期に中国大を卒業する生徒達が、こぞって火炭でアートを作る場所を探すからよ。』残念なことに、アーティストが、ギャラリーやショーケース内で寝泊まりすることは禁止されているため(香港目的別地域区分規制)、香港でアートコミュニティーをつくるよりは、マンションやアパートにしてしまうほうが簡単なのかもしれない。

Fotanian Open Studios
ワリュン・インダストリアルセンター(華聯工業中心)15-21 Wong Chuk Yeung Street (Blocks A&B)
ユーチェン・センター(裕昌中心)1-3 Wong Chuk Yeung Street
ワロック・インダストリアルセンター(華楽工業中心)31-41 Shan Mei Street
ゴールドファイルド・インダストリアルセンター(豊利工業中心)1 Sui Wo Road
オンワー・インダストリアルビル(安華工業大廈)41-43 Au Pui Wan Street
キンホー・インダストリアルビル(金豪工業中心)14-24 Au Pui Wan Street (Block 2)
TEL:(852) 3529-2360(予約のみ見学可)
http://www.fotanian.com

Text and Photos: Samantha Culp
Translation: Mai Kato

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE