大西伸明 個展「鏡を通り抜けて彼女は何をみたのか」

NEWSText: Ayumi Yakura

onishi_2017_468

“Vacuum – skull”, Nobuaki Onishi, 2017, Paint on cupronickel, 210 x 165 x 60 mm. Photo: Hideaki Toyoura

一貫して「間」に対する問いをテーマに制作してきた大西伸明の個展が、恵比寿にある2つのギャラリーにて4月1日から同時開催される。

ADVERTISEMENT

本展では、「MA2 Galley」(エムエーツー・ギャラリー)にて、本来ならば隠されている裏面・内側を磨き上げることで、周囲を映し込む鏡面と表面の「間」を 作りだす「Vacuum」(真空)と名付けられたシリーズの新作を、五島記念文化賞・美術新人賞研修帰国記念として展示。

また、「NADiff Window Gallery」(ナディッフ・ウィンドウ・ギャラリー)では、彼の代表作である透明樹脂を用いた作品から新作までをまとめたカタログを出版し(テキスト:清水穣)、出版記念として展示が行われる。

大西伸明 個展「鏡を通り抜けて彼女は何をみたのか」
会期:2017年4月1日(土)~29日(土)
時間:12:00~19:00(月・日曜日は事前アポイント制)
会場:MA2 Galley
住所:東京都渋谷区恵比寿3-3-8
TEL:03-3444-1133
http://www.ma2gallery.com

大西伸明「Infinity Gray」展
会期:2017年4月1日(土)~30(日)
時間:12:00~19:00
休廊:月曜日(祝日の場合は翌日)
会場:NADiff Window Gallery
住所:東京都渋谷区恵比寿1-18-4
TEL:03-3446–4977
http://www.nadiff.com

Text: Ayumi Yakura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE