ミュージアム・ニュース 3月 2015

MUSEUMText: Aya Shomura

北海道クリエイティブの今を発信する文化複合施設「ミュージアム」のスタッフが、1階のファッションを中心としたライフスタイルデザインのセレクトショップ「ミュージアムストア」、北海道のアーティストグッズやCD・書籍などの商品を取り扱う「スーベニア北海道」、そして2階の北海道唯一の現代アートのコマーシャルギャラリーである「クラークギャラリー+SHIFT」から最新情報を毎月セレクト!ミュージアム限定イベントなどのお知らせもあるのでお見逃しなく。また、ミュージアムストアのオンラインストアも開設しました。是非ご利用ください!

pr01.jpgesther_02.png

エステル「2015春夏コレクション」
2014年11月に台北の松山文化創意園区で開催された「クリエイティブ北海道ミーツ台北 2014」ファッションブースへの出展や「クリエイティブ北海道ナイト・イン・台北 2014」でのファッションショーも好評だったESTHERの2015春夏商品がいよいよ入荷する。更なる完成度を高めるためパターン、生地などを徹底的に追及した渾身の新作は、ボディラインをふんわりと包み込むようなカジュアルなラインでありながらも、そのスパイスの利いたシルエットが「一瞬の動き」を美しく捉える。

doreme_popupshop.png

北海道ドレスメーカー学院「ポップアップ・ショップ」
北海道ドレスメーカー学院の学生達による、5日間限定のポップアップ・ショップが、ミュージアムストアにて開催される。学生達自らが店頭に立ち、これまで学んだ事を生かしながらチームで制作した4ブランドのアイテムを展示販売する。北海道クリエイティブの今を発信するミュージアムストアで、将来への夢が詰まったファッション・アイテムの数々をぜひ手に取って欲しい。期間:2015年3月18日(水)~22日(日)。

マトロミ 新譜「matoromi. Ⅲ」
matoromi(マトロミ)の新作は、清涼感のある女性ヴォーカルで奏でる独特な世界観のメロディーと歌詞に、シリアスなシンセサイザー・サウンドが溶け込み、不思議と心地よい浮遊感を生み出す「低温」エレクトロニカ・ポップだ。マトロミの初の全国流通盤となる本作は、新曲3曲と、過去に自主制作されたミニ・アルバム「マトロミ. Ⅰ」収録曲のリマスタリング音源によって構成された「現在のマトロミの集大成」と呼べるもの。ライブとは好対照で過激なサウンド・プロダクションを楽しんで欲しい。価格:1,800円(税別)、全9曲。

owt%28e%29n.png

owtn.個展「owt(e)n.」
ポエムコア・アイドルとして女性ファンも確実に増やしつつあるowtn.(おわたん)の個展「おわ展」が、クラークギャラリー+SHIFTにて開催決定。アイドルとしてはもちろんのこと、彼女のちょっぴり大人な一面も垣間みることができる。会期中は書き下ろしのポエムコア付きジンも数量限定販売。会期:2015年4月4日(土)~30日(木)、会場;クラークギャラリー+SHIFT、オープニングライブ:4月4日(土)、19:00~、入場料:500円(ワンドリンク付き)。

kitanosozoryoku.pngkitanosozoryoku_02.jpg

岡和田晃 編集「北の想像力《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅」
平野甲賀氏の装丁が目を引く、評論家岡和田晃氏の編集による「北の想像力《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅」が入荷した。古典的作品から実験的作品、アイヌ民族の口承文学、北海道を描いた知られざる海外作品、映画、アニメ、音楽に至るまで「文芸評論の力」を信じる20人の批評家たちが《北海道文学》と《北海道SF》をSF(スペキュレイティヴ・フィクション=思弁小説)として読み直し、新たな可能性を見つける一冊。価格:7,500円(税別)。

Text: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE