ドープ・ジャムス・レコード

PLACEText: Yuji Shinfuku

2012年現在のニューヨークではタワーレコード、HMVなど大手CDショップは軒並みすべて閉店し、オンラインではなく自分で店に出向いて音楽を購入するのであれば、個人でやっているようなCD、レコードショップにいって買うしかないというのが現状である。少し前ならば考えられない状況であるが、筆者は近年この街に住み大手のCDショップが次々と我先にと店をたたむのを見、アメリカは何かシステムを変える時は根底からすべて変えてしまうという事を目のあたりにした。変化し続ける街ニューヨーク。だからといって音楽に興味を持った人が減ったわけではもちろんなく、多国籍な人種が入り交じるこの街では昼夜問わず音楽が聴こえ人々は刺激的な音楽、音楽が流れる場所を探している。

ドープ・ジャムス・レコード(Dope Jams Records)はフランシス・エンゲルハードとポール・ニッカーソンの2人によって2005年にオープンして以来、ダンスミュージックを中心にしたセレクションでコアな音楽好きから支持を集めてきた。膨大な知識と経験に裏打ちされた型、ジャンルにとらわれないセレクションが魅力である。レコード、CDの他にも本、Tシャツやインセンス(お香)などのアイテムが揃う。店内の内装は少し変わっていて、アフリカの民族のマスク、置物などが飾られ、中東の儀式で使われるような道具などがレコードやCDの横に陳列されていたりする。エスニックで祝祭感を感じさせるような雰囲気なのだが、単に奇抜というのではなく店内の商品、雰囲気等はとてもマッチしているように感じる。

ドープ・ジャムス・レコード
© Dope Jams Records

メインの商品であるレコードのセレクションは80年代の「パラダイス・ガレージ」に代表されるディスコからはじまり、様々なスタイルのハウスミュージック、ヒップホップ、ファンク、ロックさらにはテクノやダブステップなどの最新の音楽も揃う。新譜、旧譜問わず世界中のレコードが集められているが、アメリカ国内の物がやはり量的には一番多く、デトロイトのDJ・プロデューサーのセオ・パリッシュのレーベル「サウンド・シグネチャー」や、ニューヨークのアフロアメリカン、ジョー・クラウゼルのレーベル「スピリチュアル・ライフ・ミュージック」、「メンタル・レメディ」といった世界中のダンスミュージック愛好家に支持されるレーベルのカタログが揃う。今のこの時代そしてこれからも“世界の中心”という場所はもう存在しないであろうが、ディスコがニューヨークで産声をあげた当時この街はまぎれもなく世界の中心であった。ここではそんなディスコ黎明期のレコードから90年代を経て今に至るダンスミュージックの流れ、歴史のようなものを感じる事ができる。彼らはただ自分達の好きな物をセレクトしているだけだというが、そこには彼らの長きにわたる経験がにじみでているように思う。

B-Dope%20Jams.jpg
© Dope Jams Records

また王道なサウンドではない少し毛色の変わった音源も揃っていて、そんなレフトフィールドな音楽をカバーしている事も魅力の一つである。インタビューのためにお店に伺った時には、陽の光が差し込む店内にお香が空気に漂い、いつのどこでつくられたものであろう中東の旋律をもったジャズのようなロックのような音楽が流れ、ここは本当にニューヨークだろうかという気分になったのを憶えてる。しかしそこにある音楽と内装などはとてもフィットしていて、そのバランスはある種とてもニューヨークっぽいという風にも感じられる、そんな不思議な雰囲気を持ったお店である。 彼らは「スロウ・トゥ・スピーク」というレーベルを運営している。一応ブートレグ(海賊版)という体裁になるようなのだが再発専門のレーベルで、ダンスミュージックという枠にはとらわれず単純に彼らの好きな音楽を再発するものである。今までに60〜70タイトルのリリースがあるようだが、ロックなどが中心でサンタナ、マイケル・ジャクソン、パティ・スミス、スマッシング・パンプキンズなど誰もが知っているようなアーティストの(又そうではないアーティストの物も含めて)名曲や隠れた名曲を、彼らのチョイスによって最高の音質でレコードシングルとして聴く事ができる。ただマニアックな再発をするだけではなく、もっとベーシックに立ち返り、そしていい音楽を埋もれさせるのではなくもう一度日の光を当てようという様な、彼らの音楽に対する姿勢を感じられる再発になっている。他にこのような形の再発をしているところはあまりなく非常に興味深い物になっている。そのレーベル内の「コア」というシリーズではダンスミュージックに特化した再発を行っていて、そちらも今までなかなか手に入りずらかったような音源が復刻されていて注目を集めている。

彼らへのインタビューの最中繰り返し語られたのは、レコード店の状況も含めて今のニューヨークのシーンには満足しておらず、絶望さえしているということだ。好きなレコード屋、好きなDJがいないから自分達でやろう。いいパーティがないから自分達でやろう、レーベルもやろうというとてもDIYな精神にあふれたお店である。彼らのコマーシャルとは一線をかくすコアなノリはそんなインディペンデントなスタンスから生まれているようだ。店のある場所も周りにお洒落なお店が建ち並ぶ様なエリアにあるわけでもなく、どこにも属そうとしないある種アウトサイダー的なスタンスのお店ともいえるのかもしれないが、それは閉じているのとは違う彼らの音楽に対するこだわりに起因するもので、スロウ・トゥ・スピークの再発をみればわかるようにすべての音楽を愛する人に対して開かれている場所だと思う。今のシーンのどこにも無理に属そうとしない独自なスタンスは、彼らの意図せずしてニューヨークの新しい方向性をつくっているように見える。

インストアイベントも頻繁に行っていてこれまでに前述のジョー・クラウゼル、カリスマ的人気を誇るデトロイトのハウス・プロデューサー、ムーディマン、同じくデトロイト出身の世界をまたにかけるテクノ・プロデューサー、DJのジェフ・ミルズなどそうそうたる面子が過去にプレイしている。彼ら自身のイベント’ LIFE ‘ は月に一回行われており、少し前にはNew Yorkの人気DJ Duo、Rub n TugのThomas Bullockがゲストでプレイしたようだ。毎回盛況を博しているこれらのプレイはドープ・ジャムスのウェブサイトでノンストップでインターネット・ラジオとして流れているので興味を持った方は一度聴いてみる事をお勧めする。そしてニューヨークに行く事があれば是非お店に出向きその空気を肌で感じてもらえたらと思う。

Dope Jams Records(ドープ・ジャムス・レコード)
住所:580 Myrtle Ave, Brooklyn, New York, NY 11205
営業時間:火曜日〜土曜日12:00〜21:00、日曜日12:00〜19:00
TEL:1 718 622 7977
https://dopejams.pinnaclecart.com

Text: Yuji Shinfuku

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE