ポンハオ劇場

PLACEText: Hiromi Nomoto

ポンハオ劇場のリャン・タンタンは言う。「あなたがここを好きな理由、それは他の人がここを好きな理由でもあるのです。」

ポンハオ劇場

「ポンハオ(蓬蒿)」とは、李白の詩の一部「天を仰ぎ大笑して門を出でて去る蓬蒿の人ならんや」から引用した。蓬蒿とは普通の人という意味だ。ごく普通の人がこの劇場に訪れ演劇を楽しんでくれるようにと名付けられた。2008年、北京に初めての民間経営劇場「ポンハオ」が登場した。賑やかな南鑼鼓巷を横切る東棉花胡同、その胡同に面する中央戯劇学院の隣の小さな路地の奥。そこにポンハオはひっそりと存在している。四合院を改造してつくられた劇場。演劇スペースの他にカフェ、屋上にはテラスを備えている。

33920101104penghao002.jpg
リャン・タンタン,ワン・シャン

ポンハオのリャン・タンタンに話をうかがった。ポンハオ劇場は北京で初めての民間経営の劇場です。このような独特な雰囲気のある空間を何故つくったのですか?またそれはどのような考えをもとにしているのですか?

ワン・シャンがポンハオ劇場を創立しました。私は彼の補佐をしています。劇場の場所探しから公演許可取得まで、ポンハオが誕生するまでを共に経験しました。創立者のワン・シャンは「恐れ故に私はこの劇場を造った」と繰り返し言います。この言葉には多くの意味があります。それを説明しなくても、これに心が共鳴した人ならば感じ取れるでしょう。多くの一般の人々が劇場を訪れ演劇を鑑賞し、観客同士が出会い良い影響を与え合い、お互いに心を高め続け、素晴らしい人になってもらいたいというのが私たちの願いなのです。

33920101104penghao003.jpg

劇場を造るのは決して簡単なことではありません。またこのような劇場は少なく、前例も少ないです。どのようにポンハオを造ったのですか?その過程でどのような困難や問題がありましたか?

北京で初めての民間経営小劇場ですから、遭遇した困難は未だかつてないものでした。劇場運営に関して参考に出来るような経験が基本的にありませんでした。具体的には、劇場に合った場所を探すのにまる一年かかりました。毎日のように街を巡り、一軒一軒物件の戸を叩きました。その後はどのように経営するかという問題に直面しました。演目の選択等、一つ一つのことが困難でした。今振り返ってみるとこの期間のことは、苦労と言う程のことではありません。多くのことをはっきりとは覚えていませんが、あの当時は何も頼れるものが無く、劇場を始めてみてその都度発生した問題に対応するという状態でした。

33920101104penghao004.jpg

ポンハオを初めてから一年以上経ち、既に有名な劇場になりました。この期間にポンハオにはどのような変化がありましたか?

一つの大きな変化————『それはかつてのあなたの夢。あなたは夢みるだけに留まらず行動を起こした。その後、他の誰かがやってきて、自分もかつてこれを夢みていたと思いがけず気付く。しかしその人はそれを思い描いていただけだった。』
夢を行動に移す人は少ない。なぜなら夢を実現させるには、辛さやプレッシャーを背負うことが常にあり、後ろを振り返ることはできない。これが原因で多くの人は行動を起こすよりも前に諦めてしまう。私たちは自分の夢が前へ進むように後押し、この街にはオアシスがあるということを多くの人に示します。彼らはかつての曖昧ではあるが強烈な彼ら自身の夢を明らかにする必要があります。

33920101104penghao005.jpg

ポンハオでは演劇、コンサート、舞踏、朗読、様々な活動を行っていますね。どのようなものが多いですか?

ポンハオ劇場は演劇を主として、モダンダンスや音楽、エキシビションであろうと、私たち自身が好きなもので観客も好むものを基準に公演しています。7割は演劇、私たちはモダンダンスがとても好きなので2割がモダンダンス、残りの1割はその他の種類の公演です。ポンハオ劇場は文学劇場に位置づけられます。私たちは演劇の本質は文学に由来すると考えています。
これは演劇が人の心を踊り振るわせる土台になりえ、また濃縮されたアートが到達した精神の広さと豊かさの保証だからです。また私たちは、確かな探索性や開拓性を備えた演劇芸術作品の誕生を強力に応援します。いつの時もこのような作品は極めて少ないものです。しかしポンハオでは、このようにあなたが社会でほとんど見つけることの出来ない作品が当たり前なのです。ですから、更に多くの優秀なアーティストや芸術に興味のある観客に知られているのです。

33920101104penghao006.jpg

ポンハオにはカフェもあります。そこで公演の前後に観客と役者と交流することができます。その反応はどうですか?

この空間をデザインするときに、一つの劇場はただ単に公演や見物するだけのものにするべきではないという思いが強くありました。劇場内部の設計は空間を最大限に開け広げ融合させてのブラックボックス形式になってしまいましたが、やはり演劇を見る前後の時間は上演されるものと同様に重要なのです。つまり創作者と観賞者が一緒に休憩し、余韻にひたるかまたは批反をする、それらの交流が無いことなどありえないのです。そういった時間の意義とは、演劇を観賞する心がそれを感じる空間をできるだけ長くすることにあります。観客には消化し和らげる時間が必要です。また創作者は自分の観客に耳を傾け注意することを必要としています。劇場にカフェがあるのはごく当たり前のことです。しかし精神的に得るものがあることがこの空間の特色になりました。これからの観客は、開演前に劇場に行きカフェでちょっと座り、始りを待とうと自然に思うようになるかもしれません。

33920101104penghao007.jpg

以前行われた英語劇「マイ・フェア・レディ」等、ポンハオでは外国人もよく出演します。ポンハオと外国にはどのような繋がりがあるのですか?

まさにそれは、私たちが観客の心の感触に注目していることにあります。西洋の観客と小劇場は呼応しています。しかし西洋諸国の常態と現在の中国はやはり異なります。外国の劇団とアーティストはポンハオに来て、みな驚くべき発見します。「私たちの国の劇場とよく似ている!」と。それはまるで心が感応しているようです。これらの国のアーティストがやって来ることによって、私たちは西洋世界と結びついています。ある種の親しみと家庭的な雰囲気という評価が、気さくで温かい人々をポンハオに集まらせているのです。

33920101104penghao008.jpg

ポンハオの未来をどのように考えていますか?

個人的にはポンハオは私の夢の全てです。同時に多くの人の夢になりつつあります。しかしながら、経験のある人または困難を味わった人のみが、更に強烈にこの夢を抱き続けられます。言葉だけの人は実際に経験した人には及びません。なぜならそれらの苦難は夢の一部でもあるからです。日本語の「勉強(中国語では、例え難しくても無理にでもするの意味)」とは「学習」という意味。私は自分自身の一生を夢に注ぎ込み、一つのことをやり通したいのです。ですから短期的にまたは未来に、それがどのような結果になるかはもともと重要ではありません。ポンハオを一生愛し守り続けたい人からすると、どのような結果もまだ早過ぎます。もし多くの人がポンハオを愛し大切にしてくれるのなら、劇場のレベルは必ず上がり、人が孤独という本質を和らげることができるはずです。また芸術創作で最高の価値、つまり人としての思いやり、それらいくつかの哀れみを帯びた心のみが創作をする才能へと向かい存在し続けることができる。もし劇場を一つの作品とするなら、私たちは喜んで心を開き、その美しい孤独な魂を抱きしめます。それらは私たちの未来なのです。

蓬蒿(ポンハオ)劇場・カフェ
劇場営業時間:14:30〜21:30(ホームページ参照)
カフェ営業時間:10:00〜24:00
チケット:ホームページ参照
住所:北京市東城区交道口南大街東棉花胡同35号
TEL:+86 10 6400 6472
http://www.penghaoren.com

Text: Hiromi Nomoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE