ドローグ

PLACEText: mina

「デザインとは、アイデアの終着駅ではなく出発点でしかない」。

どんなものでも額縁に収められる、粘着ビニールテープ「Do frame」(2,520円)をインテリアショップで目にした人も多いだろう。マルティ・ギゼの視点は新鮮な驚きを私たちに与えてくれた。

Droog
© droog

「デザインとは、アイデアの終着駅ではなく出発点でしかない」そんなデザイン基準をもとに、クリエイティブ活動を続ける集団が1993年、オランダで誕生した。その名は「ドローグ」。先の作品のように、ユーモアとウィット、そして少しの皮肉をデザインに取り込みながら、生活にアイデアとインスピレーションを与える新しい価値基準を提案していく。日常を豊かにしつつ、機能性にも着目する1990年代初期に登場したダッチデザインだ。
創始者のひとり、ハイス・バッカー氏が日本の伝統やポップカルチャーに興味があったことなどから、2008年6月、国外初のギャラリーを兼ねた直営店舗が恵比寿にオープンした。

Droog
© droog

そこでは次のような作品に触れられる。「85 lamps chandelier」(577,500円)は、電球という照明の最小構成要素を85個集めることで、ひとつの贅沢なシャンデリアへとその姿を変え、強い存在感を放つということを表現したローディ・グローマンスの作品(MoMA永久展示品)。

Droog
“Matwalk” Paolo Ulian © droog

入浴中に気づいた携帯の呼び出し音。濡れた足でフローリングを歩かなくてもいいように「Matwalk」(8,400円)は、足拭きとお掃除が一度にできてしまうという一石二鳥のバスマットだ。合理的でありながら、そのユーモアには思わず笑みがこぼれてしまう。「Swing with the plants」(84,000円)は、ブランコの座面の穴に土を入れると、蔦がロープに絡まり、絵本で見たようなブランコが自宅の庭でも愉しめるというもの。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE