キッツビューエル

PLACE

オーストリアではウィンタースポーツの場所にこと欠くことがない。数ある名のあるスキーリゾート地の中でも、キッツビューエルはただ1つ。アルプス山脈東部にあたるチロルでは、キッツビュエールは突出した知名度を誇る。大胆で美しいものの集う場所ーそして自らをそう位置づける者たちまでも。見て、そして見られること、それがこのキッツにおいての全てである。

キッツビューエル


時にキッツと呼ばれるこの街は、とても愛され、そしてお金のかかる地域でもある。別荘所有者の夢として、そしてその夢を叶えた者には、オーストリアの銀行家ジュリアス・マイネル、クリスタルブランドの令嬢フィオナ・スワロフスキー、ドイツサッカー界の伝説フランツ・ベッケンバウアーといった億万長者の名が挙がる。

そこでは都市の喧噪から解放され、素晴らしいゲレンデや美しい山々といった、輝きに満ちあふれ魅力に富んだ地が約束される。のんびりと過ごすという考えはセレブにとっては誤りかもしれない。特に毎年1月に行われる、かの有名なW杯アルペンスキー、ハーネンカム・レース前後にはソーシャルイベントやパーティーでスケジュールが埋まる。

キッツビューエル

今年に入ってからは、ブライアン・アダムスグロリア・ゲイナーといったスターが訪れている。この有名なハーネンカム期間中では、高級ホテル「Tenne」や一流クラブ「Take Five」といった場所が彼ら上流階級の人々の滞在先となる。毛皮のコートや毛むくじゃらなスノーブーツはこのキッツでは遠い昔の話。足下にふわふわとした犬を2匹従えているようにも見え、それ以前に男女の区別が付きにくくなるという話も…

キッツビューエル

毎年のように、週末になるとスタースキーヤーやお洒落な人々がキッツへ集う。彼らはたいてい豪華な別荘やホテルに腰を落ち着ける。実際のところ、このようなお高くとまったスキーリゾートにはキャンピングカーで訪れる人は皆無である。が、しかし、今年ある男がやってのけた。ボーデ・ミラー、W杯28勝という偉業を成し遂げ、最も成功を収めたアメリカ人スキーヤーが週末をキャンピングカーで過ごしたのだ。オフシーズンにはナショナルチームから離れ、彼自身のコーチや技術者からなるチームを編成し、大きすぎるほどの車でヨーロッパ中のスキー場を旅してまわるのだーアメリカスキー連盟が許可を出しそうにないことではあるが。この30歳のアメリカ人キャンパーがキッツビューエルに新たな魅力を付け加えたと言えるだろう。そしてこのトレンドがこれから年月を経てこの先どのようにかわっていくか、ゆっくりと見守ろうではないか。

Text: Christina Merl & Eric Willemsen
Translation: Yoshitaka Futakawa
Photos: Christina Merl

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE