ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

PLACE

フランス・アートシーンのもう一つの見方。

ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

パリ郊外に建設された最初の現代美術館である「MAC/VAL」(Musee d’Art Contemporain du Val-de-Marne : ヴァル・ド・マルヌ現代美術館) が2周年を迎えた。

日本で「郊外」と聞けば喧騒な市街地から少し離れた閑静な住宅街を思い浮かべるが、フランスでのそれは、極端に言ってしまうと、家賃高騰により市街地に住むことのできない低所得者層や移民層の住民が多く、治安もそれほどよくない地区のことを指す。

ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

2005年11月にヴィトリー市にオープンしたこの美術館は、県の文化政策の象徴的存在として、県議会の、現代美術を普及し現代美術と大衆とを接近させるという20年以上にも及ぶ努力の結果として、建築家、ジャック・リポーによって建設された。


ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

パリ市内からメトロ、それからバスへと乗り継いで到着したMAC/VAL前のバス停留所の横には、巨大なジャン・ドゥビュフェの彫刻が設置されている。

ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

ヴィトリー・シュール・セーヌ市の中心に位置し、ジル・ヴェクスラーによって構想された1万平米にも及ぶ公園に囲まれたこの美術館は、フランスにおける1950年代から現在までに創造、制作された1000点以上の芸術作品を所蔵する。

ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

アラン・セシャの作品。彼女がタバコを口に持っていくたびに、煙が出るしかけ。

全2万平米の敷地のうち、1万3千平米に及ぶ館内では、4千平米が常設展と企画展にあてられ、他にも、造形美術だけではなく映画や音楽などの「アート」も体験できるように150席が確保できる映写室、子供から大人、また研究者にまで対応する現代アートとその歴史、そしてアーティストに関するマルチメディア閲覧室、ミュージアムショップ、レストラン、国内外に及ぶアーティストたちを迎えるためのレジデンスを含む。

ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

美術館の建物も近代的で、館内にはそこらじゅうに著名な現代アーティストの作品たちが、その価値など関係ないかのように展示されている。

ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

レストラン「トランスバーサル」にも不思議な作品。

ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

展示空間に入るとフェリス・ヴァリニの作品が迎えてくれる。

ヴァル・ド・マルヌ現代美術館(MAC/VAL)

学芸員のアレクシア・ファーブルとキュレーターのフランク・ラミーの指揮のもと、開館から常に高い評価を得ている企画展はもとより、頻繁に展示が変更される常設展も見ものである。伝統的な近代美術館で見られるような作品の年代順による展示ではなく、常設展とは言えども、質、量ともに充実した所蔵品を利用しての展示なので、企画展よりも見ごたえがある。

MAC/VAL – Musee d’Art Contemporain du Val-de-Marne
ヴァル・ド・マルヌ現代美術館
住所:Place de la Liberation, 94400 Vitry-sur-Seine, Paris
TEL:01 43 91 64 20
入場料:4ユーロ
開館時間:12:00〜19:00。木曜日は21:00まで開館。月曜閉館。
メトロでのアクセス:
メトロ7番線Mirie d’Ivry方面へ、Porte de Choisyで下車。
そのあとOrly Terminal Sud方面への183番のバスでMoulin de Saquet-Pelletn下車。

Text and photos: Kana Sunayama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE