北京南鑼鼓路

PLACEText: Wee Ling Soh

2008年のオリンピック開催まであと少し。北京は大規模な都市整備に多くの時間を割いている。しかし、残念ながらこれは素敵な路地の破壊の加速を駆り立ててもいる。蛇のように北京中に広がっている歴史ある路地は大規模な抗議にも関わらず、シックで大きな発展企画を実行する為に破壊されているのだ。

Beijing Nanluogu Xiang

今回、旅で訪れた北京から、このあたりでは最も古い路地であろうというのに、文化の相続・維持の為にその運命から逃れられた幸運な路地、南鑼鼓路を紹介する。

Beijing Nanluogu Xiang

ナインーサーティ(南鑼鼓路91番地)は、この看板が示す通り、毎晩9:30に香港映画を上映するカフェ。本当にそうかどうかは定かではないのだが。そこからもう少し歩いて新疆レストラン(南鑼鼓路113-3番地)で、おいしいラムのケバブを燕京ビールで楽しむのもいいだろう。地元の人がそうしているようにね。

Beijing Nanluogu Xiang

名声を博する中央戯劇学院はおそらくこの近く。沢山のバー、カフェやアクセサリー、ハンドクラフト、洋服を売る小さな店があるおかげでおよそこの800年間で、路地は本当にアートでクリエイティブな雰囲気となっている。

Beijing Nanluogu Xiang

プラスタレッド(南鑼鼓路61番地)を見逃さないように。ここは「北京のオリジナルTシャツブランド」を名乗るイギリス人デザイナー、ドミニク・ジョンソンヒルのTシャツ・ショップ。私たちは皮肉が織り込まれた中国風デザインのTシャツが好きなのだが、いいサイズが無いので買えなかった。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
デッドウッド
MoMA STORE