ポップコーン・アンチ・シアター

PLACE

「もし君が、台本どおりの完璧に演出されたパフォーマンスを好むのなら、ポップコーン・アンチ・シアターが作りだすカオス的な世界を理解できないかもしれない。」シアターのオーガナイザーは、こうあらかじめ注意を促す。


鑑賞の仕方はそれほど難しくはない。ポップコーン・アンチ・シアターの観客達は、肌寒い霧の天気に備えてコート、そして懐中電灯を用意し、夜8時にポトレロヒルの指定されたポイントに集合する。しばらくすると、シアターが調達した大型バスがやってくる。バスに乗りこんだオーディエンス達には、その行き先、プレイの内容など、ショーに関する情報は一切伝えられていない。実際のところ、このシアターには特定の劇場といったものが無い。バスでのトリップ自体がステージであり、パフォーマンスの中心なのである。午前12時までの4時間、「移動する劇場」の幕上げはこの時点からスタートするのだ。

夜のサンフランシスコを出発するこの49人乗りのバスは、ベイエリア郊外の人里離れたロケーションに向けて走り続け、そして途中で時折、予告もなく停車し一時的に観客をバスから降ろす。そこでは、バスが着くほんの数分前に到着する様に仕向けられたミュージシャン、アクター達が待機しており、台本の無い即席のパフォーマンスを繰り広げることになっている。例えば海岸沿いの崖であったり、誰もいない山の小道など、その場の光景は突然インスタントな舞台と化し、暗闇の中オーディエンスの照らす懐中電灯がステージ照明となる。無名の野外で開かれる、その場限りのショーの始まりである。

地図に載ってないような隠れた僻地でのプレイは、観客も含めパフォーマー達にとっても初めての場所である事が多い。彼等は慣れない環境の中、オーディエンスが到着する直前のたった数分の内にステージの準備を行わなければならない。当然、パフォーマンスが思うように仕上がらない場合もある。そんな状況から生みだされる、予期できない展開と嘘の無いリアリティーを楽しもう、というのがこのシアターが提案するコンセプトなのだ。ハプニングも演出の一部。通常の劇場とは全く別のベクトルを進む彼らは、ランダム性、即興性を極端にプッシュした環境を作ることにフォーカスをおいている。計算された表現法からかけ離れた、意外性を求める人には、興味深いベイエリア小旅行となるだろう。

POPCORN ANTI THEATER
日時:毎月最終日曜日と月曜日、8pm – 12am
集合地:16th Street and Bryant Street
チケット:20ドル
www.popcornantitheater.com

Text: Kanya Niijima from MMSW Labs

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE