Stockholm is moving forward as pop-culture platform on the forefront of the Scandinavian pulse. Swedes are a truly influence abroad. The city itself is formed by different islands. Therefore water is an important part of its urban landscape. In spring everyone wants to take advantage of it. There is the Archipelago at the entrance of the Baltic sea so sailing around is the classic escape out. City is formed by 5 main areas: The island of Gamla Stan (Old Town) is the central one. Södermalm (Southern island). Söder is well known for its arty spots, fashion stores and great nightlife. Djurgården island is placed to the east. There you will find magnificent parks, museums, embassies, restaurants and the amusement park. Kungsholmen is the island on the west-side. Starts with the City Hall (Stadshuset) and continues along the water trough a residential area. Norrmalm is the part known as "The City". Over its eastern side the financial district called Östermalm is located. Lots of multinational corporate headquarters are based there. Also it comes along with the posh and residential area of Stureplan. On the western part we find Vasastan, quite posh but definitely trendy area with good fashion stores, restaurants, show rooms and art galleries. - Text: Victor Moreno
  • Från Ö Till A
    fashion

    FRÅN Ö TILL AFrån Ö Till A

    © Från Ö Till A

    The Swedish alphabet has 3 vowels more than the Germanic, Anglo-Saxon and Latin languages: Å, Ä. Ö. Thus the last letter in the alphabet is not Z but Ö. Från Ö till A – apart from being Swedish denim designer Örjan Andersson’s initials – it means that you can do things backwards or differently. This is Örjan Anderson jeans flagship store in Stockholm. The store sells a range of upcoming fashion designers, selected second-hand items and ÖA jeans “it is a jeans and streetwear brand with a handsome and clean rock-look combined with traditional jeans attributes”, said Örjan.スウェーデン語には、ゲルマン語、アングロサクソン語、そしてラテン語より3つ多く母音がある。 「Å」、「Ä」、「Ö」だ。その為、最後のアルファベットは「Z」ではなく「Ö」となる。「FRÅN Ö TILL A」は、全てのことは逆にしたり、違うやりかたを探すことができる、という意味だ。そして、ジーンズデザイナーのオリヨン・アンダーソン(Örjan Andersson)のイニシャルでもある。

  • Örjan Andersson
    insider

    オリヨン・アンダーソンÖrjan Andersson

    © Örjan Andersson

    Örjan Andersson is arguably the most respected Swedish denim fashion designer. He is the founder of the denim brand Cheap Monday in 2000, which started off as a second-hand store in the center of Stockholm. Thereafter, four years later the store became a brand itself giving the name Weekday to the store in 2004. The concept took over the world selling in stores such as Barneys in New York and Urban Outfitters everywhere, among many others. Then in 2008 the Swedish Retailer H&M acquired Örjan’s concept – together with his partners Adam Friberg, Lars Karlsson, and Linda Friberg – both the Cheap Monday brand and the Weekday store. Nevertheless, Örjan’s life has not changed that much, he looks the same as always – a very nice chap, low-key, laid back, focused on what he likes the most: designing jeans. Hence he started out his own brand ÖA, namely Örjan Andersson. We spoke to Örjan to know a bit more about his brand and what is he up to lately.オリヨン・アンダーソンは、おそらく最も尊敬されているスウェーデンのジーンズデザイナーだろう。2000年にスウェーデンの中心部で古着屋として始まったデニムブランド「チープマンデイ」の創設者でもある。4年後にはストアそのものがブランドとなり、2004年に「ウィークディ」と改名された。ブランドコンセプトは世界中で有名になり、ニューヨークのバーニーズや、世界中のアーバンアウトフィッターズでなどで販売されている。ブランドは2008年にはH&Mによって買収されている。それにもかかわらず、オリヨンの生活はさほど変わらなかった。相変わらずとても気のいい、控えめでリラックスした人物。彼は常に自分の最も好きなことにフォーカスしている。それはジーンズのデザインだ。オリヨンは自分のジーンズブランド、「オリヨン・アンダーソン」を持っている。
    彼のブランドについて、そして今後のプランについて、オリヨンに取材を試みた。

  • Spritmuseum
    art/design

    スピリットミュージアムSpritmuseum

    © Spritmuseum

    Every important capital in the world presents iconic benchmarks against which all other cities can be seen. Generally, global cities export intrinsic values whether it is modern culture or heritage. The Spritmuseum is one of those places in Stockholm which endures Scandinavian-Swedish culture, and heritage. It is a must visit for two simple reasons: a) Location – whether you walk, the island of Djurgården is one of the most beautiful areas in the city – b) The Museum’s cultural and culinary offer. 世界の主要な都市は、現代的な文化であれ遺産であれ、内在的な価値を国外に常に発信し続けている。スピリットミュージアムも、ストックホルムで、スカンジナビア・スウェーデンの文化と遺産を存続する場所と言える。ぜひ訪れて欲しい理由は、その立地と博物館の文化的価値、そしてそこで味わえる素晴らしい料理。このミュージアムが位置するユールゴーデン島は、市内で最も美しいエリアの一つなのだ。

  • Katarina Sjögren
    art/design

    カタリナ・シェーグレンKatarina Sjögren

    © Katarina Sjogren

    Katarina Sjögren and partner Jun-Hi run the art gallery Crystal in Stockholm. Formerly a space in the Art District of Stockholm in the streets of Hälsingegatan and Hudiksvallsgatan – where several independent art galleries are locatedカタリナ・シェーグレンとパートナーであるジュン・ヒは、ストックホルムでアートギャラリーであるクリスタルを運営している。以前は、いくつかのアートギャラリーが点在するヘルシンゲ通りとフディスバルス通りというストックホルムのアート地区にスペースを構えていたが

  • Snickarbacken 7
    art/design

    スニッカバッケン7Snickarbacken 7

    © Snickarbacken 7

    The center of Stockholm is an area where the furniture design and fashion stores rule. Nevertheless the area has a few distinguished spots dedicated to art. I would say Snickarbacken 7ストックホルムの中心部は、デザイン家具と服飾店で賑わっている。その中でも、スニッカバッケン周辺地域には芸術に特化した場所がいくつも存在する。その一つである、スニッカバッケン7は、ギャラリー・スペースだけではなく、カフェとショップも

  • Restaurang AG
    bar/restaurant

    レストランAGRestaurang AG

    © Restaurang AG

    The Restaurant AG, has won for two years consecutively the award to Best Meat Place in Sweden. Johan Jureskog is the Chef Creative Director responsible for thatレストランAGはヨハン・ユレスコーグがチーフ・クリエイティブ・ディレクターを努め、スウェーディン・ベストミート・プレイスに2年連続で選ばれたレストラン。AGが成功を形作った秘訣は大きく2つある

  • Johan Jureskog
    insider

    ヨハン・ユレスコーグJohan Jureskog

    © Restaurang AG

    Johan Jureskog is Chef Creative Director of Restaurang AG, he has won Best Meat Restaurant for 2 years consecutively in Sweden. He is known as “The Butcher” on his collaboration for channel TV4 in Sweden. He plans to have his own TV showヨハン・ユレスコーグはレストランAGのシェフでクリエイティブディレクターである。彼は、レストランAGを2年にわたりスウェーデンのベスト・ミート・レストランに導いた。スウェーデンのチャンネルTV4では、“ザ・ブッチャー(ザ・肉屋)” として知られ

  • Sodra Teatern
    bar/restaurant

    ソドラ・ティターンSodra Teatern

    © Södra Teatern

    Södra Teatern was inaugurated in 1859. After a period in 1967 was reopened. Renovations and modernizations were finished gradually. The wooden benches were replaced appointed in green and gold with red velvet seatsソドラ・ティターンは1859年に設立されたシアターで、段階的なリノベーションと近代化を経て1967年にリニューアルオープンした。木製のベンチは赤いベルベットのシートと共にグリーンとゴールドに彩られ、古い時代のものを複製した

1234510
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.