• ENGLISH Change Language
    1. JAPANESE
  • Alserkal Avenue
    dubai / art/design

    アルサーカル芸術地区Alserkal Avenue

    © Alserkal Avenue

    Less than a decade ago, Syrian Ayyam Gallery was the first of its kind to open in the dusty, industrial area of Al Quoz. Unheard of at the time, Ayyam started a trend, with more galleries being attracted by the low rents in the unlovely, warehouse-dominated district. Now, the area has transformed into one of the city’s most trendy and quirky spots with 94 contemporary spaces comprising galleries, shops, studios and cafes.この10年で、放置されたままの倉庫街から、ドバイで最先端スポットへと姿を変えたアル・クオズのアルサーカル芸術地区。この地区はドバイの中でも低家賃で借りることができたため、シリアのアイヤーム・ギャラリーがオープンしたのを皮切りに、多くのギャラリーが集まってきた。ギャラリー以外にも現在、スタジオやショップ、ライブハウスや、飲食店など94の店舗がオープンしている。

  • ASAKUSA
    tokyo / art/design

    アサクサASAKUSA

    Photo: Ippei Shinzawa

    “ASAKUSA” located in the center of Taito-ku, Asakusa is a 40-square-meter reconstructed exhibition venue for contemporary art programs. Gallery curators manage it and advance curatorial collaborations.台東区浅草の中心部に位置する「アサクサ」は、40平方メートルの一般住宅を改築したプロジェクト・スペース。ギャラリー・キュレーターが運営し、キュレーター間のコラボレーションを推進している。

  • Gallery Nomart
    osaka / art/design

    ギャラリーノマルGallery Nomart

    © Gallery Nomart

    “Gallery Nomart” is a gallery for contemporary art programs. It is part of a complex called “NOMART” located in Joto-ku, Osaka. In its printmaking studio, design and editing studio, artists are committed to various craft-making and expression activities that go beyond the five senses.「ギャラリーノマル」は、国内外で活躍する現代美術作家を取り扱う企画ギャラリー。大阪市城東区に位置する複合施設「ノマル」の一部であり、施設内の版画工房、デザイン・編集スタジオでは、五感を超えて多岐に渡るモノ創りと表現活動が展開されている。

  • Marian Goodman London
    london / art/design

    マリアン・グッドマン・ロンドンMarian Goodman London

    © Marian Goodman Gallery London

    There are white cubes, and then there are white cubes. Marian Goodman Gallery’s London outpost inhabits a Grade II-listed, former Victorian textile factory in Soho, London. Converted by architect David Adjaye, the gallery is a blend of the new additions of concrete floors and vaulted skylights, and of the gallery’s historic gentility – the façade has been restored to its original sandstone, the building’s internal columns remain, and fan windows polished. ソーホーエリアの一角にマリアン・グッドマンの新しいギャラリーがある。元はヴィクトリアン朝の繊維工場だったが、ロンドンを拠点に活動する若手建築家デイヴィッド・アジャイがリノベーションを手掛けた。コンクリートの床と自然光が射し込むアーチ型の天窓は見事に新装された一方で、ギャラリー正面の砂岩や内装の柱、光沢のある扇状の窓など、残された歴史的部分はかつてと同じ優雅さを漂わせる。

  • Tomohiro Shibuki
    sapporo / insider

    澁木智宏Tomohiro Shibuki

    © Tomohiro Shibuki

    Tomohiro Shibuki, a Tokyo-based textile designer and an artist, mainly creates artworks by needle wool felting. His works show the importance of thinking how his works should be exhibited in relationship with others. He creates artworks carefully by hands. They use the motif of simple natural things like stones or cloud. They guide his audience’s heart to the scene of unknown story.テキスタイルのデザインワークと、ウールを中心としたアートワークを往復しながら、東京を拠点に国内外で活動する澁木智宏。彼の作品は、他者との関わりの中で『作品をどのように見せるか』という視点を重視しながら、どこにでもあるような石や雲などのモチーフを細密な手仕事で表現しては、誰も知らない物語の一場面へ人の心を誘う。

  • Jun Igarashi
    sapporo / insider

    五十嵐淳Jun Igarashi

    © Jun Igarashi

    Jun Igarashi, who influenced by his grandfather’s work, went on to become not only a mere architectural planner but a highly sought-after designer and lecturer in Japan and overseas, especially in Scandinavia and continental Europe. We could have a talk about his theme of architects and recommend in Sapporo.建築家であった祖父の影響を受けて育ち、建築設計のみに留まらず、今や北欧やヨーロッパをはじめ国内外からデザインやレクチャのオファーが後を絶たない建築家。彼の手がける建築のテーマや札幌でおすすめの情報などを聞いた。

  • Ricky Powell
    new york / insider

    リッキー・パウエルRicky Powell

    © Ricky Powell

    American photographer Ricky Powell is well known for his hip hop and New York nightlife chronicles in silver print. Born and raised in New York City, Powell has been in the right place at the right moment for over three decades. Bringing his little Minolta everywhere, Powell was ready to catch the moment anytime and make any instant everlasting, forever.リッキー・パウエルは、ヒップホップとニューヨークのナイトライフを記録したシルバープリントで有名な写真家だ。ニューヨークで生まれ育ち、いるべき場所と時間の中で30年以上を過ごしてきた。そして小さなミノルタのカメラとともにさまざまな場所に赴き、あらゆる瞬間を捉え、永遠にしてきたのだ。

  • Fondation Cartier Pour L’art Contemporain
    paris / art/design

    カルティエ財団現代美術館Fondation Cartier Pour L’art Contemporain

    © Jean Nouvel / Adagp, Paris. Photo: © Luc Boegly

    Who does not love Paris? Constantly on the spotlight, this European capital is home to some of the most important art venues in the world. At the Southside of the Seine river and located on Paris’ Boulevard Raspail is the Fondation Cartier pour l’Art Contemporain.パリを愛していないひとがいるだろうか。常に注目されてきたこのヨーロッパの中心都市は、世界の最も重要なアートの拠点となっている。セーヌ川の南側にあり、パリのラスパイユ大通り沿いに位置するのが、カルティエ財団現代美術館だ。

12345102030
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.