Buenos Aires is a city to visit for a few days, given the variety of tourist options. Walking around neighbourhoods such as La Boca or San Telmo, visiting the Zoo, the Japanese Gardens or the Racecourse are excellent plans for sunny days. Architecturally speaking, Clorindo Testa's works - The National Library and the National Mortgage Bank - are a must, as is the huge metal flower that opens or closes according to the position of the sun. - Text: Celeste Najt
  • Monochrome


    © Monochrome

    Although in Europe the custom of using bicycles as a means of transport has become legitimized several years ago, in Buenos Aires this is a new phenomenon. In a city where there are too many carsヨーロッパでは輸送手段として自転車を利用する習慣があり、数年前に合法化されたが、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにおいての自転車の普及は近年始まった新しい現象だ。ブエノスアイレスは車の交通量が多く

  • Arkakao


    © Arkakao

    The Italian brand Kakao, founded in the 19th century as a tearoom, chocolatier and ice-cream parlor has been brought to Argentina by Italian owners Giovanni Girardini Marco Amodeoイタリアでチョコレートやアイスクリームをメインにしたティールームを展開していた19世紀創業のブランド「カカオ」が、オーナーのマルコ・アモデオとジョヴァンニ・ジラルディーニによってアルゼンチンに

  • Eterna Cadencia

    エテルナ・カンデシアEterna Cadencia

    © Eterna Cadencia

    Eterna Cadencia is such a dreamlike bookstore. Located on a tree-lined street in Palermo district, it always welcomes book-lovers to stay for hours. From the main entranceまるで物語の中に出てくる夢のような本屋がここ、エテルナ・カンデシア。パレルモ地区の並木通りにあるこの本屋は一度足を踏み入れたら何時間でも居座ってしまうような読書好きを迎え入れる暖かさがある

  • Mendoza


    The Andes Mountains run like a huge and eternal curtain almost beyond sight. From Mendoza you can overlook the Andes lined along the border of Argentina and Chile視界からあふれ出すほど長いアンデス山脈がカーテンのように続いている。アルゼンチンとチリの境界に沿って連なるアンデス山脈を見渡し、アメリカ大陸最高峰のアコンカグア山(6,960m)を観覧できる町、メンドーサ

  • Planetarium Galileo Galilei

    ガリレオ・ガリレイ・プラネタリウムPlanetarium Galileo Galilei

    The impressive Planetarium Galileo Galilei was founded in the year 1968 in Tres de Febrero Park, near the Palermo lakes. This building, the work of architect Enrique Jan, is one of the few around the world that1968年、パレルモ湖のほとりにあるトレス・デ・フェブレロ公園内に建てられたガリレオ・ガリレイ・プラネタリウム。建築家エンリケ・ハンによる印象的な建物は、世界でも数少ない

  • Book and Language Museum

    ブック・アンド・ランゲージ・ミュージアムBook and Language Museum

    © Book and Language Museum

    On 2500 Las Heras Avenue there is a colourful building with shapes that call passersby’s attention; it is opened Book and Language Museum in September, 2011. It has been designed by architect Clorindo Testaラスヘラス通り2500番地に2011年9月にオープンしたブック・アンド・ランゲージ・ミュージアムは、そのカラフルかつ特徴的な外観で街行く人の目を引いている。その建物は国立図書館の建設にも関わった著名な建築家クロリンド・フェスタによって設計されたもの

  • La Panadería de Pablo

    ラ・パナデリア・デ・パブロLa Panadería de Pablo

    © La Panadería de Pablo

    La Panadería de Pablo (Pablo’s Bakery) was born in October 2010 during the Casa FOA exhibition, which took place in the building where it is now located, although the official opening to the public was that same year in Decemberラ・パナデリア・デ・パブロ(パブロのベーカリー)は2010年10月、アルゼンチンのデザイン展覧会「カーサFOA」の会期中に、現在の場所であるビルの中で生まれ、2010年12月、正式にオープンした

  • Bicentenary Museum

    200周年記念博物館Bicentenary Museum

    © Bicentenary Museum

    In 2001 opened Bicentenary Museum is located behind the Casa Rosada (Pink House) beneath the present-day street level, in the precise spot where the Buenos Aires Fort and the Taylor Customs Office were situated2011年にブエノスアイレスにオープンした200周年記念博物館は、アルゼンチンの大統領府であるカサ・ロサーダ(通称「バラ色の家」)の後ろ、18世紀初頭にブエノスアイレス駐屯地とテイラー税関があった場所に

コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.