bar/restaurant

ゼンキチ・ベルリンZenkichi Berlin

©Zenkichi

©Zenkichi

Upon reaching the door and following the stairs of the Zenkichi Berlin be expected to immerse yourself in a marvellous wonderland一度ゼンキチ・ベルリンのドアの前に立ってしまうと、そのまま階段へと引き込まれ、この不思議な世界へ身を委ねてしまうに違いないゼンキチは、ワタナベモトコとシャウル・マーグリーズの若い2人がニューヨークに住んでいた頃に始めた日本食レストラン。現在はベルリンに移り住み、続く2軒目をオープンさせた。2人にとって日本の食文化はとても大切なもの。だからこそゼンキチを更に展開していくことを決めたのだ。

『モトコと私が東京で過ごしたあと、その美味しい料理が恋しくなり、自分たちのレストランをオープンすることを決めたんだ。』とシャウル。彼の妻であるモトコは、全てのインテリアデザインを手掛けるレストランのクリエイティブ担当で、料理長としてメニューも決めている。『一部の日本の食材、風味、調理は一般的ではなく、特に西洋ではめったにみかけないものもあります。ここのお客さんは多くが、新しい料理や、最初は味覚のチャレンジのようでもだんだんと好きになってしまう味を楽しみに来てくれています。』と日本酒のソムリエでもあるモトコ。彼女の情熱とともに、ベルリンに質が高く、幅広い日本酒のセレクションを紹介したいと思っている。

ゼンキチでのディナーは格別だ。東京スタイルのインテリアは、旅行しているかのような気分を味覚のみならず体全体の感覚で味わえる大事な要素。2人席、4人席、6人席やそれ以上の人数に合わせ、様々な広さの35のセミプライベートのブースがある。ダークカラーの木材、竹、花崗岩の敷石、黒い小石などを組み合わせ、落ち着いた照明やオーガニックの材質が親しみのある雰囲気を作り出す。プライベートな空間をご希望であれば、竹のブラインドを下ろし、ベルでスタッフを呼ぶこともできる。「日本人は食事や同席している人に集中する傾向がある」とオーナーが説明する日本スタイルは、広い部屋にたくさんのテーブルを置くのではなく、それぞれの席が仕切られたこの店のコンセプトに表れている。

小さなプレートのアラカルトは、料理をシェアしたいときや、お酒のおつまみとしていただくことができ、値段は5~25ユーロ。コース料理は、シェフのおすすめの『おまかせ』メニュー、日本食の深い知識のある美食家向けの2種類が用意されている。

Zenkichi Berlin Modern Japanese Brasserie
住所:Johannisstrasse 20, 10117 Berlin
営業時間:18:00~23:00
定休日:日曜・月曜日
TEL:+49 30 2463 0810
info@zenkichi.com
http://www.zenkichi.de

Text: Celeste Najt
Translation: Satsuki Miyanishi
. Zenkichi is a Japanese brasserie, the second restaurant by Motoko Watanabe and Shaul Margulies, a young couple that used to live in New York, where the first Zenkichi was opened. They are currently living in Berlin and for both of them, the Japanese culinary culture is very important, that is why they decided to expand it through Zenkichi.

“After each visit to Tokyo, Motoko and I missed the delicious food so we decided to open our own restaurant”, explains Shaul. His wife Motoko is the creative mind behind the restaurant and is responsible for all interior design, and also decides upon the menu with the head chef. “Some Japanese ingredients, flavors and preparations are uncommon and rarely seen in the West. We found that most of our diners are eager to have a new culinary experience and enjoy the so-called ‘acquired taste’ as it challenges the taste buds”, explains Motoko, who is also a Sake sommelier. Along with her passion, Motoko would like to bring the widest selection of premium sake to Berlin.

The dinner experience at Zenkichi is superb. The Tokyo-style interior is like a travel experience of its own, not only with your palate, but which includes all of your senses. There are 35 semi-private booth tables of varying sizes with space for two, four, six or more guests. The subdued lighting and organic material establish the intimate atmosphere composed of dark stained wood, bamboo sticks, granite paving and black pebbles. Those who desire more privacy can pull the bamboo blinds down and use the bell to call for service. Instead of a large room with many tables, the owners explain that; “The Japanese like to concentrate on their food and their company”, which is reflected in their distinct seating concept.

The small plate – à la Carte- dishes are for sharing and pairing with Sake and priced between 5 and 25 Euros. There are two tasting menus: Omakase – the Chef’s Tasting menu, and for those with in-depth knowledge of Japanese cuisine- the Connoisseur Tasting menu.

Zenkichi Berlin Modern Japanese Brasserie
Address: Johannisstrasse 20, 10117 Berlin
Opening Hours: 18:00 – 23:00
Closed on Sunday and Monday
Tel: +49 30 2463 0810
info@zenkichi.com
http://www.zenkichi.de

Text: Celeste Najt

berlinのお勧めイベント
Recommended Events in berlin
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.