• ENGLISH Change Language
    1. JAPANESE
  • South London Gallery
    london / art/design

    サウスロンドン・ギャラリーSouth London Gallery

    Photo: © Andy Stagg

    London is a city full of the old and the new, and in the south of this amazing city you can find a grand old building which is, if anything, very much young at heart. This dignified building, which was built in the late 1880s, is the home of the South London Gallery and it has been welcoming visitors through its doors for over a hundred years.古いものと新しいもので溢れている街、ロンドン。この素晴らしい街の南には、とても古くて壮大ながら、新鮮さに溢れる建物がある。 1880年代後半に建てられたこの威厳ある建物は、サウスロンドン・ギャラリーの本拠地であり、100年以上にわたって訪問者を歓迎してきた。

  • Cristian Vogel
    copenhagen / insider

    クリスチャン・ボーゲルCristian Vogel

    Photo: © Victor Moreno

    Electronic music composer Cristian Vogel is releasing the film and score Agnete and The Merman which is intended to be performed in a live show working with spatialized sound in a 48-speaker screening. Here you can watch the teaser online. Vogel is a well-respected musician with a career which spans two decades: together with Jamie Lidell they created the electronica duo Super Collider at the very end of the 1990s, and he has remixed and produced music working with artists of the likes of Chicks on Speed and Thom Yorke, along pressing several records for the renowned German techno labels Novamute y Tresor. In addition, he currently moved to Copenhagen where he develops Never Engine Labs, a complex audio software driven by its own programming language, Kyma.電子音楽作家、クリスチャン・ボーゲルが映像作品「アウネーテ・アンド・ザ・マーマン」を発表した。48つのスピーカーから出る空間音響とともに生演奏で披露される。オンラインでその予告編を見ることができる。ボーゲルは20年間に渡るキャリアをもつ熟練の音楽家であり、1990年代にジェイミー・リデルと共に電子音楽デュオ・スーパー・コライダーを結成したり、著名なドイツのテクノレーベル・トレゾアからの作品発表の傍、チックス・オン・スピードやトム・ヨークなどのアーティストと共に編曲や楽曲制作に携わってきた。さらに、最近はコペンハーゲンに移住し、彼独自のプログラミング言語「キマ」を使った複合オーディオソフトウェア、ネバー・エンジン・ラボを開発している。

  • Hayward Gallery
    london / art/design

    ヘイワード・ギャラリーHayward Gallery

    Hayward Gallery exterior © Morley Von Sternberg

    The Hayward Gallery within an art complex known as the Southbank Centre is part of a cultural heritage that dates back to 1951. The Southbank Centre grew out of the Festival of Britain, a festival to show the world the best that Britain had to offer back in 1951. It initially started with the Royal Festival Hall, but by 1968 it also included the Queen Elizabeth Hall, the Purcell Room and the Hayward (later known as the Hayward Gallery). 2018 marks fifty years of this marvelous gallery’s existence right in the center of London, it has attracted huge numbers of people every year and just recently it was closed for two years for extensive refurbishments. ヘイワード・ギャラリーは、文化遺産として指定されているヨーロッパ最大規模の芸術複合施設、サウスバンク・センターに位置している。その歴史は1951年にロイヤル・フェスティバル・ホールで開催された英国のフェスティバルに遡る。1968年にはエリザベス・クイーン・ホール、パーセル・ルーム、ヘイワード(後にヘイワード・ギャラリーと呼ばれる)が誕生した。それ以来、毎年多くの来場者が訪れるこの施設は、50周年を記念する2018年に2年間に及ぶ大規模な改修工事を経て再オープンした。

  • Sneha Divias
    dubai / insider

    スネハ・ディビアスSneha Divias

    © Sneha Divias Atelier

    Sneha Divias Atelier, is an award-winning boutique Interior Architecture practice that is based in Dubai specializing in commercial, hospitality and residential projects. Delivering a complete guest experience with a multi-disciplinary approach, the practice presents something unique to each and every client.
    The Atelier’s self-styled storytelling is concept driven, with a thoughtful process and technical expertise that lie at the heart of the firm. With an off-beat and forward-looking sensibility, transformative experiences are created.
    スネハ・ディビアス・アトリエはドバイにある商業・サービス・住宅に特化した内装デザインを手がける設計会社だ。様々な分野のアプローチで対応することによって、それぞれのクライアントに合うものを提供し数々の受賞歴を持つ。
    アトリエ独自の設計はコンセプトが重視されており、その軸は考え抜かれたプロセスと専門的技術が担っている。個性的で前衛的な精神が変幻自在のデザインを作り出す。

  • WALTZ
    tokyo / music

    ワルツWALTZ

    © WALTZ

    Nakameguro is a beautiful area in Tokyo and one of the most popular locations during the cherry Blossom Festival season due to its location along the Meguro River. It is a cool area, very residential – along the river it gets some kind of Amsterdam vibe due to the canal between the sidewalks. There are very nice stores, boutiques, cafes and restaurants. Yet in the area but slightly off from Nakameguro’s heart you find Waltz – you need to walk barely ten minutes from the station to get there but the stroll will pay off – arguably the most interesting music store in Tokyo dedicated to analog music only, with a focus on cassettes and records.東京・中目黒は都内でも特に人気のエリア。春には目黒川沿いの桜も有名だ。住宅街には運河もあることから、まるでアムステルダムのような雰囲気も感じ取れ、魅力的なお店やカフェ、レストランも勢揃いしている。中目黒駅から約徒歩10分のところに、個性的で面白いカセットテープとレコード専門店、「ワルツ」がある。

  • Kuo I-Chen
    taipei / insider

    クオ・イーチェンKuo I-Chen

    © Kuo I-Chen

    How do I describe “STUPIN” as a new free resource for artists, yes it is new word combine with studio & pin(friend), we know that artists need the studio to create works, but how if artists want to move to another place to do works? Except for the artist residency application, we have a new choice now.
    “STUPIN” is a platform for the artist can post their studio information, exchange with others and experience different culture and life. For example, when I register to become one of the member STUPIN, I can check artist studio I want, email and ask details, we can exchange studio and friend(pin), it is more easy for me to move. It’s all for artist use and cares about artist’s need. I can’t describe how much I like this idea.
    I interview with the founder of STUPIN, Kuo I-Chen.
    アーティストのための無料サービス「スタピン」が誕生した。「スタピン」とはスタジオとピン(友達)を合わせた新しい言葉である。アーティストが何かを作り出すのにもちろんスタジオが必要であるが、もしアーティスト達がその作業場を他の場所に移したいと思った時はどうすればよいのか。アーティスト・イン・レジデンスの申請以外にも、今私たちには新しい選択肢がある。
    「スタピン」はスタジオの情報を投稿したり、他の人と交流したり、異なる文化や人生を体験するためのサイトだ。たとえば、スタピンに登録し、メンバーになると、好きなスタジオを検索したりメッセージで詳細について問い合わせることができる。また、スタジオの交換やフレンド(ピン)の申請もでき、引っ越しがもっと楽になる。全てはアーティストが使うために、そしてアーティストのニーズを大切にしている。私は言葉にできないほどこのアイディアを気に入っている。
    そこで、スタピンの創設者クオ・イーチェンにインタビューをした。

12345102030
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.