• ENGLISH Change Language
    1. JAPANESE
  • Gisella Lifchitz
    buenos aires / insider

    ジゼッラ・リフシッツGisella Lifchitz

    Photo: Photo by Violeta Solaas

    Gisella Lifchitz has been introducing Buenos Aires culture as a contributor since the beginning of the SHIFT. She works as an artist in Buenos Aires, mainly focusing on collage illustrations. This time, as we heard that she worked on an illustration of Argentina’s first translation book of “The Little Prince”, we interviewed her about the book and her activities so far.SHIFT創刊初頭からコントリビューターとしてブエノスアイレスのカルチャーを紹介し続けてきたジゼッラ・リフシッツ。コラージュによる挿絵を中心にブエノスアイレスで作家活動を行っている。この度、「星の王子さま」のアルゼンチン初の翻訳本出版の挿絵を手がけたということで、本についてとこれまでの活動について伺った。

  • Kurumi Chaya
    tokyo / bar/restaurant

    胡桃茶家Kurumi Chaya

    © Kurumi Chaya

    Kurumi Chaya is a Hidden restaurant where you can enjoy a new style of Chinese cuisine with your loved ones casually. It is located in a quiet residential area, on the next street of Nakameguro-Yamate Street. It is easy to imagine the plenty of dishes on a platter when it comes to Chinese food, but here they offer elegant and delicate dishes in French style (Nouvelle Cuisine).中目黒・山手通りから一本、閑静な住宅街に入ったところにある胡桃茶家(クルミチャヤ)は、肩肘張らずに大切な方とゆっくりと新しいスタイルの中華料理を楽しめる隠れ家的レストラン。中華というと大皿にたっぷりの料理が乗せられてくるイメージを想像しがちだが、ここでは上品で繊細に盛り付けられた料理をフレンチスタイル(ヌーベルキュイジーヌ)で提供している。

  • LOAF (Laboratory of Art and Form)
    kyoto / art/design

    LOAF (Laboratory of Art and Form)LOAF (Laboratory of Art and Form)

    © LOAF (Laboratory of Art and Form)

    LOAF (Laboratory of Art and Form) is a contemporary art space in Kyoto, Japan. Their mission is to present contemporary artists, introducing new perspectives on social, technological, economic and environmental issues that are in the zeitgeist and putting these in context with their creationLOAFは、2019年12月に京都に開設された、日本とヨーロッパで活躍するアートキュレーター・コレクティブによる現代美術スペース。国内外を問わず、現代という時代を背景とした絵画や彫刻から、パフォーマンス、映像、インターネット、コンセプチュアルアートまで、幅広い現代美術展を企画開催。社会、環境、政治、経済、技術、伝統と文化といった視点で、私たちが直面する日常の問題を現代美術を通して意識し、そして共に考えるアートスペースを目指している。

  • Yuya Fujinami
    berlin / insider

    藤波佑也Yuya Fujinami

    Photo: © Ari Matsuoka

    Why do we forget old memories? I remember when I was reading a book, I forgot my life. That’s why we try to keep memories that we don’t want to forget as photographs, entrust them to letters, or use our five senses to remember them.
    Yuya Fujinami, based in Berlin, is a freelance contemporary dancer. He dances as if he was filling a page in his body, connecting his childhood mysterious experiences and memories in his early childhood.
    私たちは何故、昔の記憶を忘れてしまうのか。生きることは忘れることなのだと、ある書籍で読んだ覚えがある。だから私たちは、忘れたくない事は写真として残したり、手紙に託したり、五感を使って記憶に残そうとする。ベルリンを拠点に活動する藤波佑也は、フリーランスのコンテンポラリーダンサーだ。彼もまた、幼少期の不思議な体験や自身の中に眠る幼い頃の記憶を、点と点をつなげ、まるで体にページをファイリングするかのように踊る。

  • Nobel Prize Museum
    stockholm / others

    ノーベル博物館Nobel Prize Museum

    © Novel Prize Museum. Photo: Hans Nilsson

    Arguably, the Nobel Prize is the most popular event held in Sweden and it puts the country in the international media spotlight every year. The Nobel Prize Museum is home for anything that takes inspiration from Nobel Prize’s unique combination of fields – natural sciences, literature, and peace. It is very interesting, there is something special within the DNA of a Swede. Some Swedish icons are popular for turning a situation around, what at first glance could be seen as something negative, it turns into something positive. For instance, IKEA’s Ingvar Kamprad was banned from producing furniture in Scandinavia, which he turned into the core of his success. 毎年国際的なメディアの注目を集めるノーベル賞は、間違いなくスウェーデンで開催される最も人気のあるイベントである。ノーベル博物館は、自然科学、文学、平和など、ノーベル賞のユニークな分野の組み合わせのインスピレーションが集まっている。スウェーデン人のDNAに組み込まれた何か特別なもの、面白いものがここにはあるのだ。スウェーデン人は、ネガティブに見えていたものをポジティブに変え、状況を好転させてしまうというイメージで好感を持たれている。例えば、IKEAのイングヴァル・カンプラードは、スカンジナビアで家具の生産を禁止されたことが、成功の元となった。

  • Pablo Di Marco
    buenos aires / insider

    パブロ・ディ・マルコPablo Di Marco

    Photo: © Gisella Lifchitz

    When I first met Pablo Di Marco I noticed something very unique about him: he looks like a teenager but his eyes are always nostalgic, even sad. As if he has lived a thousand years. Or maybe a thousand lives, like the main characters of his novels.
    When I ask him about the sadness in his eyes, he says he was never “a cheerful boy”, being an only child raised by old people. Maybe that explains it.
    パブロ・ディ・マルコに初めて会った時、特有の雰囲気を感じ取った。青年のような見かけに反して、瞳はノスタルジックでどこか哀しさも滲ませている。まるで人生を千回生きたみたいに。あるいは彼の小説の登場人物たちのようだった。その哀しさについて尋ねたところ、年配者に囲まれて育ったせいで一度も明るい子どもではなかった、と。なるほど説明がつく。

  • Fredrik Johnsson
    stockholm / insider

    フレデリック・ジョンソンFredrik Johnsson

    Photo: © VOLT

    Scandinavian fine dining has been in the spotlight during the last decade. Particularly in Sweden, a rather interesting batch of young chefs have made Swedish dishes – or the Scandinavian cuisine concept – more popular and attractive to the international savvy diner. One of these young chefs is Fredrik Johnsson. For a couple of years he worked at LUX, with Swedish renowned chef Henrik Norström. Currently – together with Johan Bengtsson and Peter Andersson – he is in charge of VOLT restaurant in central Stockholm. They acquired the Michelin star in 2015. Today, Fredrik is still proud of the large amount of scramble eggs he served to Scandinavian truck drivers when he worked as a breakfast chef in one of the ferry lines operating between Denmark and Sweden. For about three years, he lived in Oslo working at Feinschmecker, another Michelin star restaurant. Technically speaking, Nordic cuisine is influenced by an array of international choices. Arguably, Japanese and Mediterranean are the more prominent ones like Koji and Garum, respectively – the quality fish available in Sweden also enhances the use of Japanese and Mediterranean culinary techniques. We had the pleasure to sit down with Fredrik to depict a bit further the current fine dining in Sweden.スカンジナビアの高級レストランは、この10年で益々注目を浴びるようになった。特にスウェーデンでは、若いシェフたちがスウェーデン料理や、スカンジナビア料理を国際的に精通した美食家たちにも通用する、より魅力的で面白味のある料理にしてきた。そのようなシェフたちの一人がフレデリック・ジョンソンだ。彼は、スウェーデンの有名シェフ、ヘンリック・ノールストロームの元、二年間ラックスで働き、現在はヨハン・ベングソン、ピーター・アンダーソンと共に、ストックホルム中心街にあるレストラン・ヴォルトのシェフとして活躍している。フレデリックにゆっくりと座りながら、スウェーデンの今の高級レストランについてもう少し詳しく話を聞くことができた。

  • VOLT
    stockholm / bar/restaurant

    ヴォルトVOLT

    Photo: © Andy Stagg

    Scandinavian fine dining has been in the spotlight during the last decade. Particularly in Sweden, a rather interesting batch of young chefs have made Swedish dishes – or the Scandinavian cuisine concept – more popular and attractive to the international savvy diner. VOLT restaurant opened in 2010 to push the boundaries of the Swedish fine dining. Of course, other restaurants like Danish Noma or Swedish Mathias Dahlgren have set the guidelines in Nordic cuisine, but there are not limitations in that sense. As a matter of fact, VOLT acquired their first Michelin star in 2015. Their concept is pretty straightforward: they go out in the woods surrounding Stockholm to find raw materials and see what they can do with it, how far they could raise the bar. What could you do with a hen or a Birch’s leave? What about Beetroot? These, and many other natural ingredients common in the Swedish nature whereabouts, are their source of inspiration.スカンジナビアの高級レストランは、この10年で益々注目を浴びるようになった。 特にスウェーデンでは、若いシェフたちがスウェーデン料理や、スカンジナビア料理を国際的に精通した美食家たちにも通用する、より魅力的で面白味のある料理にしてきた。デンマークのノーマやスウェーデンのマティアス・ダールグレンのようなレストランが北欧料理を確立してきたとも言えるが、その中でも2010年にオープンしたレストランヴォルトは、スウェーデンの高級レストランのこれまでのイメージを全く新しいものへと変え、2015年に初めてミシュランの星を獲得した。ストックホルムの周りの森に出かけ、見つけた材料を使って何を作ることができるのか、どれだけ型を破り、レベルの高い料理を提供できるのかを考える彼らの思考は非常に簡単なのだ。「鶏や白樺を使って何ができる?」「ビートを使ってはどうか?」こういったスウェーデンの自然から生まれる材料全てが彼らのインスピレーションの源となる。

12345102030
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2020 Shift Japan. All Rights Reserved.