• The Gallery of Everything
    art/design

    ギャラリー・オブ・エブリシングThe Gallery of Everything

    © The Gallery of Everything

    In September 2016 a new gallery opened in London with a difference, it is the first commercial space dedicated to non-academic and private art-making. Another unique aspect is that all proceeds from sales are used to support the Museum of Everything – an organisation which celebrates the work of artists who are outside the cultural mainstream. 2016年9月、ロンドンに新しいギャラリーがオープンした。ここは美術教育を受けていない一般のプライベートアート作品に特化した初の商業施設だ。またそのユニークな側面は、売上のすべてがアウトサイダー、つまり主な文化的な流れの外にいるアーティストの作品を後押しする組織である「ミュージアム・オブ・エブリシング」をサポートするために使用されることだ。

  • Galerie Thaddaeus Ropac
    art/design

    ギャラリー・タダエス・ロパックGalerie Thaddaeus Ropac

    © Galerie Thaddaeus Ropac

    Austrian gallerist Thaddaeus Ropac started Galerie Thaddaeus Ropac in 1983 and over the years has opened galleries in Salzburg, Paris and Paris Pantin. It represents around 60 artists, holds solo and group exhibitions and participates in major art fairs around the world and even has its own publishing house. Over the past 12 years Thaddaeus has received the Officier dans L’Ordre des Arts et des Lettres from French President Jacques Chirac, the gold cross from the Austrian Republic and was awarded the Art and Culture prize from The Chamber of Commerce in Salzburg. When Thaddaeus found out that a specific building in London had become available he was immediately interested, and it is no surprise why.オーストリアのギャラリスト、タダエス・ロパックは1983年にギャラリー・タダエス・ロパックをスタートし、数年のうちにザルツブルク、パリ、パリ・パンタンにギャラリーをオープンした。約60名のアーティストが所属し、個展やグループ展を開催、独自の出版部門も持ちながら、世界のメジャーなアートフェアにも参加している。12年以上にわたり、タダエスはフランス大統領ジャック・シラク氏から芸術文化勲章を授与された。オーストリア共和国からはゴールド・クロスを、ザルツブルクの商工会からは文化芸術賞が授与された。ロンドンのとあるビルに入居可能だと知ると、タダエスはすぐに興味を持った。驚くべきことではあるまい。

  • The Design Museum
    art/design

    ロンドン・デザイン・ミュージアムThe Design Museum

    Photo: © Hufton Crow

    The Design Museum could be found for 27 years in the Shad Thames building close to London Bridge, but in June 2016 it closed its doors for the last time in preparation for its opening at a brand new location in Kensington. On the 24th of November 2016 the Design Museum opened to the public in an amazing location and with three times as much space. From the outside the building looks quite interesting, and different, but on the inside visitors are granted a real visual treat.デザイン・ミュージアムは27年間、ロンドン・ブリッジにほど近いシャッド・テムズの建物の中にあったが、2016年閉館し、ケンジントンに場所を移してリニューアルオープンの準備を始めた。その素敵なロケーションとこれまでの3倍にもなるスペースをもって、2016年11月24日に一般公開された。外観は風変わりでとても興味深いし、中に入ると、来館者はその視覚的な施しに感動する。

  • Newport Street Gallery
    art/design

    ニューポート・ストリート・ギャラリーNewport Street Gallery

    Newport Street Gallery © Victor Mara Ltd, Photo: Prudence Cuming

    Damien Hirst is arguably one of the most well-known artists in the UK, and since breaking out onto the art scene in the 1990s he has stamped his mark onto the concept of being an artist. In 1995 he won the Turner Prize and he has been acclaimed for how he has raised the profile of art in the UK.1990年代にアートシーンに現れ、従来のアーティストという概念を覆したダミアン・ハーストは、おそらくイギリスで最も有名なアーティストといっても過言ではないだろう。1995年にイギリスの国立美術館テートよりターナー賞を受賞し、イギリスのアートに対する人々の注目度を高めたと讃えられた。

  • Marian Goodman London
    art/design

    マリアン・グッドマン・ロンドンMarian Goodman London

    © Marian Goodman Gallery London

    There are white cubes, and then there are white cubes. Marian Goodman Gallery’s London outpost inhabits a Grade II-listed, former Victorian textile factory in Soho, London. Converted by architect David Adjaye, the gallery is a blend of the new additions of concrete floors and vaulted skylights, and of the gallery’s historic gentility – the façade has been restored to its original sandstone, the building’s internal columns remain, and fan windows polished. ソーホーエリアの一角にマリアン・グッドマンの新しいギャラリーがある。元はヴィクトリアン朝の繊維工場だったが、ロンドンを拠点に活動する若手建築家デイヴィッド・アジャイがリノベーションを手掛けた。コンクリートの床と自然光が射し込むアーチ型の天窓は見事に新装された一方で、ギャラリー正面の砂岩や内装の柱、光沢のある扇状の窓など、残された歴史的部分はかつてと同じ優雅さを漂わせる。

  • White Cube Gallery
    art/design

    ホワイト・キューブ・ギャラリーWhite Cube Gallery

    White Cube Bermondsey © Photo: Ben Westoby

    The White Cube galleries have been increasing in number since the 1990s, owned by Jay Jopling, the concept is to have an intimate space where artists can show1990年代にジョイ・ジョプリンによってオープンしたホワイト・キューブ・ギャラリーは徐々にその数を増やしてきた。そのコンセプトは、アーティストが重要なアート作品や一貫したシリーズ作品を展示できる落ち着いた空間だ

  • Si Chan
    insider

    チャン・シーSi Chan

    © Si Chan

    Si Chan is a 2012 graduate from the London College of Fashion; his designs are unusual but thought provoking. We caught up with him to talk about his work and Londonチャン・シーはロンドンカレッジ・オブ・ファッションを2012年に卒業。彼のデザインはユニークで、見る側を考えさせる作品が多い。コレクションとロンドンについて彼に話しを伺った

  • David Zwirner Gallery London
    art/design

    デイビッド・ツウィルナー・ギャラリー・ロンドンDavid Zwirner Gallery London

    Installation view of the 2012 solo exhibition Luc Tuymans: Allo! at David Zwirner, London. © Photo: Stephen White. Courtesy David Zwirner, London.

    In 2012 one of the newest additions to the London art scene opened on Grafton Street in Mayfair, an area in central London which is known for its shops and galleries, as well as the nearby Royal Academy of Arts. David Zwirner is2012年メイフェアのグラフトン・ストリートでロンドンの新しいギャラリーがオープンした。この場所は王立芸術院から程近く、数々の有名な店やギャラリーがあることで有名だ。デイビッド・ツウィルナーは

1234510
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.