• South London Gallery
    art/design

    サウスロンドン・ギャラリーSouth London Gallery

    Photo: © Andy Stagg

    London is a city full of the old and the new, and in the south of this amazing city you can find a grand old building which is, if anything, very much young at heart. This dignified building, which was built in the late 1880s, is the home of the South London Gallery and it has been welcoming visitors through its doors for over a hundred years.古いものと新しいもので溢れている街、ロンドン。この素晴らしい街の南には、とても古くて壮大ながら、新鮮さに溢れる建物がある。 1880年代後半に建てられたこの威厳ある建物は、サウスロンドン・ギャラリーの本拠地であり、100年以上にわたって訪問者を歓迎してきた。

  • Hayward Gallery
    art/design

    ヘイワード・ギャラリーHayward Gallery

    Hayward Gallery exterior © Morley Von Sternberg

    The Hayward Gallery within an art complex known as the Southbank Centre is part of a cultural heritage that dates back to 1951. The Southbank Centre grew out of the Festival of Britain, a festival to show the world the best that Britain had to offer back in 1951. It initially started with the Royal Festival Hall, but by 1968 it also included the Queen Elizabeth Hall, the Purcell Room and the Hayward (later known as the Hayward Gallery). 2018 marks fifty years of this marvelous gallery’s existence right in the center of London, it has attracted huge numbers of people every year and just recently it was closed for two years for extensive refurbishments. ヘイワード・ギャラリーは、文化遺産として指定されているヨーロッパ最大規模の芸術複合施設、サウスバンク・センターに位置している。その歴史は1951年にロイヤル・フェスティバル・ホールで開催された英国のフェスティバルに遡る。1968年にはエリザベス・クイーン・ホール、パーセル・ルーム、ヘイワード(後にヘイワード・ギャラリーと呼ばれる)が誕生した。それ以来、毎年多くの来場者が訪れるこの施設は、50周年を記念する2018年に2年間に及ぶ大規模な改修工事を経て再オープンした。

  • The Gallery of Everything
    art/design

    ギャラリー・オブ・エブリシングThe Gallery of Everything

    © The Gallery of Everything

    In September 2016 a new gallery opened in London with a difference, it is the first commercial space dedicated to non-academic and private art-making. Another unique aspect is that all proceeds from sales are used to support the Museum of Everything – an organisation which celebrates the work of artists who are outside the cultural mainstream. 2016年9月、ロンドンに新しいギャラリーがオープンした。ここは美術教育を受けていない一般のプライベートアート作品に特化した初の商業施設だ。またそのユニークな側面は、売上のすべてがアウトサイダー、つまり主な文化的な流れの外にいるアーティストの作品を後押しする組織である「ミュージアム・オブ・エブリシング」をサポートするために使用されることだ。

  • Galerie Thaddaeus Ropac
    art/design

    ギャラリー・タダエス・ロパックGalerie Thaddaeus Ropac

    © Galerie Thaddaeus Ropac

    Austrian gallerist Thaddaeus Ropac started Galerie Thaddaeus Ropac in 1983 and over the years has opened galleries in Salzburg, Paris and Paris Pantin. It represents around 60 artists, holds solo and group exhibitions and participates in major art fairs around the world and even has its own publishing house. Over the past 12 years Thaddaeus has received the Officier dans L’Ordre des Arts et des Lettres from French President Jacques Chirac, the gold cross from the Austrian Republic and was awarded the Art and Culture prize from The Chamber of Commerce in Salzburg. When Thaddaeus found out that a specific building in London had become available he was immediately interested, and it is no surprise why.オーストリアのギャラリスト、タダエス・ロパックは1983年にギャラリー・タダエス・ロパックをスタートし、数年のうちにザルツブルク、パリ、パリ・パンタンにギャラリーをオープンした。約60名のアーティストが所属し、個展やグループ展を開催、独自の出版部門も持ちながら、世界のメジャーなアートフェアにも参加している。12年以上にわたり、タダエスはフランス大統領ジャック・シラク氏から芸術文化勲章を授与された。オーストリア共和国からはゴールド・クロスを、ザルツブルクの商工会からは文化芸術賞が授与された。ロンドンのとあるビルに入居可能だと知ると、タダエスはすぐに興味を持った。驚くべきことではあるまい。

  • The Design Museum
    art/design

    ロンドン・デザイン・ミュージアムThe Design Museum

    Photo: © Hufton Crow

    The Design Museum could be found for 27 years in the Shad Thames building close to London Bridge, but in June 2016 it closed its doors for the last time in preparation for its opening at a brand new location in Kensington. On the 24th of November 2016 the Design Museum opened to the public in an amazing location and with three times as much space. From the outside the building looks quite interesting, and different, but on the inside visitors are granted a real visual treat.デザイン・ミュージアムは27年間、ロンドン・ブリッジにほど近いシャッド・テムズの建物の中にあったが、2016年閉館し、ケンジントンに場所を移してリニューアルオープンの準備を始めた。その素敵なロケーションとこれまでの3倍にもなるスペースをもって、2016年11月24日に一般公開された。外観は風変わりでとても興味深いし、中に入ると、来館者はその視覚的な施しに感動する。

  • Newport Street Gallery
    art/design

    ニューポート・ストリート・ギャラリーNewport Street Gallery

    Newport Street Gallery © Victor Mara Ltd, Photo: Prudence Cuming

    Damien Hirst is arguably one of the most well-known artists in the UK, and since breaking out onto the art scene in the 1990s he has stamped his mark onto the concept of being an artist. In 1995 he won the Turner Prize and he has been acclaimed for how he has raised the profile of art in the UK.1990年代にアートシーンに現れ、従来のアーティストという概念を覆したダミアン・ハーストは、おそらくイギリスで最も有名なアーティストといっても過言ではないだろう。1995年にイギリスの国立美術館テートよりターナー賞を受賞し、イギリスのアートに対する人々の注目度を高めたと讃えられた。

1234510
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.