art/design

ブック・アンド・ランゲージ・ミュージアムBook and Language Museum

© Book and Language Museum

© Book and Language Museum

On 2500 Las Heras Avenue there is a colourful building with shapes that call passersby’s attention; it is opened Book and Language Museum in September, 2011. It has been designed by architect Clorindo Testaラスヘラス通り2500番地に2011年9月にオープンしたブック・アンド・ランゲージ・ミュージアムは、そのカラフルかつ特徴的な外観で街行く人の目を引いている。その建物は国立図書館の建設にも関わった著名な建築家クロリンド・フェスタによって設計されたもの

3階建てのこのビルは、政府の建物として大統領であったフアン・ドミンゴ・ペロンとその妻エバ・ペロンが住んでいたアルザガ・ウンズ・マンションが以前建っていた一角にある。

建物の1階部分では、訳本、政府の禁止令、政治教育学、読者層の変化、文章の変遷といったアルゼンチンにおける「書物」というものが様々なトピックから考察できるような展覧会が催されている。それら展示されている書物に加え、訪れた人は現在までアルゼンチンに存在した出版社を記した地図も目にする事ができる。また著名な作家であるフリオ・コルタサルの「石蹴り遊び」の手書き原稿なども展示されている。

2階の仮設展示場では現代作家達による美術館の主旨に沿った作品群が展示されている。その部屋にある傾いた天井には、訪れた人が部屋を歩き回る事でリアルタイムで文字を形作られ、それが変化する様を部屋のどの場所からも見る事ができるという作品が展示されている。

美術館内ではスピリンベルゴ、ウルチュア、カスタグニノ、コルメイロといったアーティストによって制作され、国立図書館に保管されていた作品が、展覧会の一部として天井、壁4カ所に組み込まれているものも見る事ができる。またこの美術館では独自のニュースペーパーを発行し、資料を閲覧できる図書館、貴重品庫、写真図書館、オーディオライブラリー、メディア・ライブラリー、地図図書館、目の見えない人のための設備等も兼ね備えている。

書物、文学とテクノロジー、前衛建築が見事に融合したこのユニークな美術館を是非訪れてみてほしい。

Book and Language Museum
住所:2555 Las Heras Avenue, Recoleta, Buenos Aires
開館時間:14:00〜19:00(月曜日休館)
TEL:+54 11 4808 6000
http://www.bn.gov.ar

Text: Celeste Najt
Translation: Yuji Shinfuku
, who had also been involved in the building work of the National Library.

This new space has three storeys and it stands in the square where the Alzaga Unzué Mansion was located, the one that was expropriated and became the presidential residence of Juan Domingo Perón and Eva Duarte.

On the first storey of the building there is an exhibition of ‘the book’ seen from certain relevant viewpoints: translations, bans, political pedagogy, the raise of new readerships, emerging writings. In addition to the display cases with the book exhibition, the visitor will find a historical map of Argentinean publishing houses. Moreover, there is also a manuscript of the Rayuela Logbook by celebrated writer Julio Cortázar available.

On the 2nd storey there is a temporary exhibition room, where there are works by contemporary artists, related to the theme in the museum. On the sloping ceilings in this room, which are visible from any standing point in the complex, a mural of interactive letters that create custom-made texts as the visitors walk around the floor is projected.

Inside the museum there are four vaults – murals – made by artists Spilimbergo, Urruchúa, Castagnino and Colmeiro, which were in the custody of the National Library and which have been incorporated as part of the exhibition in the building. In addition, the museum has a newspaper and periodicals library, a treasure room, a photographic library, a Historic Institutional Archive, an audio library, a media library, a map library and a reading room for blind people.

Do not miss this curious museum, where the literary classics blend in perfect harmony with technology and avant-garde architecture.

Book and Language Museum
Address: 2555 Las Heras Avenue, Recoleta, Buenos Aires
Opening Hours: 14:00 – 19:00 (Closed on Monday)
Tel: +54 11 4808 6000
http://www.bn.gov.ar

Text: Celeste Najt

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.