hotel

25アワーズ・ホテル・ビキニ・ベルリン25 Hours Hotel Bikini Berlin

© 25 Hours Hotel Bikini

© 25 Hours Hotel Bikini

As soon as you enter the ground floor of the 25 Hours Bikini Hotel, it becomes clear that the special architecture of the Kleines Hochhaus demands special treatment when it comes to design25アワーズ・ホテル・ビキニ・ベルリンの1階に足を踏み入れると、この特別な建物の内装のデザインも同様に素晴らしいことが一目でわかるだろう。まずエントランスのロビーから意外な始まりだ。見渡してみてもフロントは見当たらず、天井の高さが際立っている。1階と2階の空間が一つとなり、光があふれるアトリウムとなっているのだ。到着したゲストはオリジナルのグラフィティが描かれた2本の柱が立つギャラリーのような空間に出迎えられ、ディスプレイが変化する特大のトライビジョンに視線がくぎ付けになるかもしれない。植物でいっぱいに飾られたワイヤーの木が、天井に向かって伸び、日本人アーティストのヨシ・シスレーの複雑な白黒のイラストが描かれた壁を葉がつたう。これらはホテルの特徴的なデザインの一部であり、いたるところでこのような素敵なデザインに驚かされる。

25アワーズ・ホテル・ビキニ・ベルリンは、建築家のポール・シュウェップス、ハンス・スコッツバーガーによって1950年代に建てらたユニークな建物を使用している。近くには緑のオアシスであるティーアガルテンと、反対側にはベルリン動物園があり、ここはカイザー・ヴィルヘルム教会とショッピング街のクアフュルステンダムに挟まれた、街で最も魅力的なエリアの一つ。

ホテルのインテリアデザインは、スタジオ・アイスリンガーが担当している。デザイナーのヴェルナー・アイスリンガー率いるチームによって「都会のジャングル」というテーマのもと、自然と文化をイメージしたコンセプトでデザインされている。ベルリン動物園の類人猿とゾウのエリアを一望できる、全体の半分にあたる149のゲストルームは、自然の素材や色を活かした温かいデザインに仕上げられている。反対側の部屋からは西ベルリンの素晴らし景色を眺めることができる。こちら側の部屋は、ベルリンのおしゃれでクリエイティブな面にインスピレーションを得たデザインで、もう少しラフでより都会的な印象。どの部屋にも必要なものが全て揃っている。

このホテルの特徴は、もちろんゲストルームだけではない。ファッションショップ、サイクリング用品、売店、ベーカリーなど様々な種類の店が揃っており、9階にはドライサウナの「ジャングルサウナ」でリラックスタイムを、10階では美食を堪能できる。レストランのネニベルリンでは、折衷的な東地中海料理の種類が豊富な朝食、軽めの昼食、豪華な夕食が楽しめる。このレストランは、都会のジャングルというテーマに沿って、古い温室を使ってデザインされている。ゲストは、ガラス張りのキッチンから何が料理されているのか、調理中のシェフの様子を見ることができる。

暖炉のコーナーや、屋上のテラスからも近い、親しみやすい雰囲気がありながら、パーティーのような華やかさもあるモンキー・バーは、その名の通り、動物園を見下ろしサルたちを見ながらお酒が飲める。もちろんサルたちがまだ眠っていなければだが。『バーのネーミングがなんとも皮肉めいているようですが、サルという隣人への愛情の表れでもあるのです。』と25アワーズ・ホテルのブランド・コミュニケーション部長のブルーノ・マルティが語ってくれた。

ベルリンのような多くの選択肢が用意されている都市でもビキニホテルのような場所は他には見つからない。ぜひこのホテルに思い切って滞在したり、レストランでの食事を楽しんでみてはいかがだろうか。

25 Hours Hotel Bikini Berlin
住所:Budapester Straße 40, 10787 Berlin
TEL:+49 30 1202 210
bikini@25hours-hotels.com
http://www.25hours-hotels.com

Text: Celeste Najt
Translation: Satsuki Miyanishi
. The entrance foyer starts with a surprising twist: there is no reception as far as the eye can see. Instead, the space’s most striking feature is its incredibly high ceiling. The ground floor, first and second stories are merged to create a single, light-flooded atrium. New arrivals are greeted by this gallery-like space, with the entrance flanked by two pillars which are still adorned with original graffiti. An oversized tri-vision hoarding with changing images immediately catches your eye. Wire trees filled with plants soar towards the ceiling and foliage winds its way across the walls too in the form of intricate black and white illustrations by the Japanese artist Yoshi Sislay. These form part of the hotel’s signage and crop up repeatedly throughout the property.

25 Hours Hotel Bikini Berlin is located in a 1950s building – a unique oeuvre of the architects Paul Schwebes and Hans Schoszberger, in one of the most enchanting areas of the city: between the Memorial Church and Kurfürstendamm on the one hand and the green oasis of Tiergarten park and Berlin Zoo on the other.

The hotel interior design was under the direction of Studio Aisslinger. The team headed up by designer Werner Aisslinger has developed a holistic design concept straddling nature and culture with the working title “Urban Jungle”. Half of the total 149 rooms they have look out over Berlin Zoo’s ape house and elephant enclosure. They have a warmer design scheme featuring natural materials and colors. The other half has a stunning view of West Berlin’s landmarks. These rooms have a somewhat rougher, more urban feeling, inspired by Berlin’s edgier, creative side. All the rooms are very well equipped.

But this hotel is not just rooms, they have a wide variety of clothing stores –one specialized in cycling accessories, a kiosk, an in-house bakery. On the ninth floor you will find the relaxing time: Jungle Sauna with a dry sauna, while on the tenth floor, is where the gastronomic options are. NENI Berlin restaurant serves eclectic East Mediterranean cuisine and is the place to indulge in a varied breakfast, a light lunch or a sumptuous evening meal. In line with the urban jungle theme, the restaurant is in a striking greenhouse made from parts of old hothouses. Guests can watch the cooks at work and see what’s bubbling away – transparency is the name of the game with the glass-fronted kitchen.

For a more intimate but still party-like atmosphere, you will choose the Monkey Bar with its fireside corner and the rooftop terrace nearby. The Monkey Bar’s name says it all. Overlooking the zoo, drinkers really can watch the apes – as long as they aren’t already asleep. “The name is an ironic but affectionate nod to our simian neighbors,” reveals Bruno Marti, Head of Brand & Communications at 25Hours Hotels.

In a city like Berlin many options are possible, Bikini hotel is not just one more: don’t hesitate in living there for a while or having a tasteful meal while contemplating the surroundings from the top.

25 Hours Hotel Bikini Berlin
Address: Budapester Straße 40, 10787 Berlin
Tel: +49 30 1202 210
bikini@25hours-hotels.com
http://www.25hours-hotels.com

Text: Celeste Najt

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

berlinのお勧めイベント
Recommended Events in berlin
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.