art/design

ギャラリー・リチャードGalerie Richard

Jean Carzou Exhibition, 2013 © Galerie Richard

Jean Carzou Exhibition, 2013 © Galerie Richard

Jean-Luc and Takako Richard opened their first art gallery in September 1989 in the Parisian area of the Bastille. Named Gallery Oz, the place promoted new digital art and solidly established its reputation byジーン・リュックとタカコ・リチャードは最初のアートギャラリーを1989年9月にパリのバスティーユにオープンした。ギャラリー・オズと名づけられたギャラリーはニュー・デジタル・アートを推進し、アーチ・コナリー、クリストファー・タナー、ロンダ・ツヴィリンガー、トーマス・ラニガン–シュミットやペポン・オザリオなど、ニューヨークのバロックアーティストを初めてパリで紹介した事でその存在を確立した。ギャラリーは他にもチェ・ジョンファ、ロバート・グロボーン、ロバート・クシュナー、ミラン・カンク、ライナー・グロス、アッティラ・リチャード・ルカーチ、ジュースト・ヴァン・デン・トールン、クリストフ・アヴェッラ–ベイガー、やラースロー・フェエルなど海外のクリエイターを紹介。そしてアーウィン・オラフ、ベ・ビエン–ユーやジャクリーン・ハシンクなど写真家も定期的に展示した。

2002年10月にギャラリーはサン–ルイ島に移転し、ギャラリーの名前をギャラリー・ジーン・リュック&タカコ・リチャードに変えた。テーマも「ニュー・ペインティング」に変わり、個展が多く行われる様になった。(さとうりさ、中上清、Yek、ポール・ヘンリー・ラミレス、カール・ファッジ、アダム・ロス、オーラフ・ラオ、エルヴェ・フュジ、ビバリー・フィッシュマン、アリス・ステッパネック&スティーブン・マズリン、スコット・アンダーソン、東恩納裕一、クリストフ・ウェディング、シャーリー・カネダ、ティム・バビングトンなど。)

2006年1月、ギャラリー・ジーン・リュック&タカコ・リチャードはマレ地区にある現在の場所に移動した。パリの現代美術好きには良く知られるエリアだ。2007年、ギャラリーはスペースを2倍にし、現在は400平方メートルに渡る興味深い展示スペースになっている。訪れた人はニューヨークの広いギャラリースペースに来た様な気持ちになるかもしれない、そんな元工業ビルを利用したギャラリースペースになっている。2011年9月からジーン・リュックとタカコ・リチャードがニューヨークのチェルシーで2つ目のギャラリーを運営している事はこれで驚きではなくなるはずだ。そしてギャラリー名は正式にギャラリー・リチャードとなった。

パリのギャラリー・リチャードの長い部屋の作りはインスタレーションや特に大きい作品の展示を可能にする。例としては、2012年に日本人アーティスト、松谷武判が他には展示する機会がない様な巨大な紙の作品を展示した事などがある。ジーン・リュックとタカコ・リチャードは大きなギャラリースペースを頻繁に2名のアーティストの展示を同時に行い、活用している。有名な海外のアーティストと才能溢れる新人クリエイターの作品が同時に展示され、質の高いプログラムになっている。様々なメディアが紹介されるが、テーマは主に現代美術、そして特にギャラリーが「ペインティングの再生」と呼ぶテーマにある。

興味深いアーティストの選考はジーン・リュックとタカコ・リチャードのモダン、そして現代美術への情熱、見る目、そして知識が反映されている。このフランス人と日本人で経営されているギャラリーは 人種や年齢やメディアを問わず、尊敬するアーティストをサポートする事を意欲としている様に感じる。販売する作品の値段は幅広い。ユニークな一品物を販売するだけではなく、版画や陶芸や複数存在する作品も販売し、金額が限られている場合でも購入がしやすい。展覧中のアーティストのモノグラフも頻繁に出版している。ギャラリー・リチャードは大事な国際的なアートフェアにも積極的に参加し、ヨーロッパではアート・パリ、アート・アムステルダム、アート・ロッテルダム、アート・ケルン、アート・フランクフルトなど、アメリカではアート・マイアミとパルス・マイアミ、パルス・ニューヨーク、アート・シカゴなどに参加している。

Galerie Richard
住所:3 Impasse Saint-Claude, 75003 Paris
開廊時間:14:00〜19:00(土曜11:00から)
休廊日:日・月曜日
TEL:+33 (0)1 4325 2722
http://www.galerierichard.com

Text: Valerie Douniaux
Translation: Meiko Maruyama
bringing for the first time in Paris, from New York, Barocco artists like Arch Connelly, Christopher Tanner, Rhonda Zwillinger, Thomas Lanigan-Schmidt or Pepon Osario. The gallery also represented other international creators (Choi Jeong Hwa, Robert Groborne, Robert Kushner, Milan Kunc, Rainer Gross, Attila Richard Lukacs, Joost van den Toorn, Christophe Avella-Bagur or Laszlo Féher) and regularly exhibited photographers, such as Erwin Olaf, Bae Bien-U or Jacqueline Hassink.

In October 2002, the gallery moved to another area of the city, on Saint-Louis Island, changing its name to Galerie Jean-Luc & Takako Richard. The focus then shifted towards “new painting” and the gallery from then on mostly organized solo shows (Risa Sato, Kiyoshi Nakagami, Yek, Paul Henry Ramirez, Carl Fudge, Adam Ross, Olaf Rauh, Hervé Heuzé, Beverly Fishman, Alice Stepanek & Steven Maslin, Scott Anderson, Yuichi Higashionna, Christoph Wedding, Shirley Kaneda, Tim Bavington…).

In January 2006, the Jean-Luc & Takako Richard gallery finally moved to its current location in the area of Le Marais, well known by Parisian contemporary art lovers. In 2007, the gallery doubled its space, now offering a quite unique 400 square meter exhibition surface. In fact, when entering the place, one almost feels like being in one of New York’s huge art spaces, settled in former industrial buildings. So this is not a surprise to learn that Jean-Luc and Takako Richard have been running a second gallery, in New York’s Chelsea, since September 2011. The name of the gallery has been officially changed on the occasion, simply becoming Galerie Richard.

The lenghty rooms of the Parisian Galerie Richard allow for the display of installations and of exceptionally large works. For instance, in 2012, famous Japanese artist Takesada Matsutani presented a large scale work on paper that he rarely has the chance to present otherwise. Jean-Luc and Takako Richard also take full advantage of the large volumes of their gallery, by regularly presenting double personal exhibitions. The program is always of great quality, with a fine balance between established international artists and talented emerging creators. Various media are represented in the selection, but a strong focus is put on contemporary art and particularly on what the gallery defines as the “rebirth of painting”.

Anyway, the excellent choice of artists more than anything reflects the passion of Jean-Luc and Takako Richard, and their fine perception and knowledge of modern and contemporary art. The Franco-Japanese gallerists really don’t seem to have other ambition than supporting artists they admire, whatever the nationality, age or favourite media of the creator. As for the selection, the price range of the works is very large. The gallery not only sells unique pieces but also an interesting selection of prints, ceramics or multiples, more affordable for limited budgets, and also regularly publishes interesting monographs of the exhibiting artists. The Richard gallery also regularly participates in important international art fairs, in Europe (Art, Art Amsterdam, Art Rotterdam, Art Cologne, Art Frankfurt…) as well as in the United States (Art Miami and Pulse Miami, Pulse New York, Art Chicago…).

Galerie Richard
Address: 3 Impasse Saint-Claude, 75003 Paris
Opening hours: 14:00 – 19:00 (Saturday from 11:00)
Closed on Sunday, Monday
Tel: +33 (0)1 4325 2722
http://www.galerierichard.com

Text: Valerie Douniaux

parisのお勧めイベント
Recommended Events in paris
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.