• ENGLISH Change Language
    1. JAPANESE
  • PAVILION
    tokyo / art/design

    パビリオンPAVILION

    Photos: Courtesy of © Smiles

    A clay-oven cuisine and sake restaurant themed with “Love“ and “Art“, PAVILION has opened in Nakameguro, Tokyo, in November, 2016. Enlarge-sized art pieces and commission works created by Tatsu Nishino and Kohei Nawa are made for this project to create an unique view of the space. Concept of the interior design is the 60’s culture and post modern, thus there is an unique and exquisite view mixing the two spaces.すべての食卓を作品に、最愛なる晩餐を。「LOVE」と「ART」がテーマのコンテンポラリー・フード&リカー「PAVILION」(パビリオン)が、2016年11月、中目黒高架下にオープンした。西野達名和晃平がこのプロジェクトのために製作したコミッションワークと個性的な空間デザインは、1960年代のカルチャーと、ポストモダンがコンセプトとなっており、その2つの空間が絶妙に混ざり合うことで独特の世界観が演出されている。

  • At.mosphere
    dubai / bar/restaurant

    アトモスフィアAt.mosphere

    © At.mosphere

    Once in your lifetime (or more if you are lucky), take your high tea experience to the next level – specifically, to the 122nd level of the world’s tallest building. At.mosphere, located 422m up the 828m Burj Khalifa, added another Guinness World Record in the shape of the world highest restaurant, to Dubai’s already proud list.一生に一度はドバイのアフタヌーンティー「ハイティー」を、それも世界一高いビルの122階で楽しんでみるというのはいかがだろうか。At.mosphere(アトモスフィア)は、高さ828mのブルジュ・ハリファの422mに位置し、世界一高いところにあるレストランとしてもギネス世界記録に認定されている。

  • At The Top
    dubai / bar/restaurant

    アット・ザ・トップAt The Top

    © At The Top

    The full Dubai experience cannot be had without visiting At The Top. A futuristic, high-speed lift – traveling at 10 meters per second – will take you to levels 124 and 125, where you can enjoy stunning, panoramic views of Dubai. On Level 124, high-resolution video screens embedded into the floor show a bird’s-eye-view of Dubai, traveling across the skyline from one landmark to another.ドバイを心行くまで堪能したければ、ブルジュ・ハリファの展望台「アット・ザ・トップ」は外せない。秒速10mで上昇する未来的なデザインの高速エレベーターで124階と125階に行けば、圧倒的な素晴らしさを誇るドバイの街並みのパノラマ・ビューを楽しめる。また124階の高画素フロアースクリーンには、ドバイのランドマークのスカイラインを次から次へと飛び回る鳥の目から見た映像が映し出される。

  • Yumi Fuzuki
    sapporo / insider

    文月悠光Yumi Fuzuki

    © Yumi Fuzuki

    Yumi Fuzuki, a poet born in Heisei period. She was the youngest winner to receive Chuya Nakahara prize and Yutaka Maruyama memory modern poetry prize with her first collection, which was released when she was in the final year of a high school, and had drawn people’s attention. After being an adult, while she vitally continues to write, she’s also active in multiple fields such as art and fashion.平成生まれの詩人、文月悠光は、中学時代から雑誌に詩を投稿し始めて16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年生の時に出した第一詩集で、中原中也賞・丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞し「女子高生詩人」として一躍注目を集めた。札幌から上京して大人になった彼女は、執筆活動を精力的に続けながら、アートやファッションなど、詩人の枠にはまらない多種多様な活動を展開している。

  • Alserkal Avenue
    dubai / art/design

    アルサーカル芸術地区Alserkal Avenue

    © Alserkal Avenue

    Less than a decade ago, Syrian Ayyam Gallery was the first of its kind to open in the dusty, industrial area of Al Quoz. Unheard of at the time, Ayyam started a trend, with more galleries being attracted by the low rents in the unlovely, warehouse-dominated district. Now, the area has transformed into one of the city’s most trendy and quirky spots with 94 contemporary spaces comprising galleries, shops, studios and cafes.この10年で、放置されたままの倉庫街から、ドバイで最先端スポットへと姿を変えたアル・クオズのアルサーカル芸術地区。この地区はドバイの中でも低家賃で借りることができたため、シリアのアイヤーム・ギャラリーがオープンしたのを皮切りに、多くのギャラリーが集まってきた。ギャラリー以外にも現在、スタジオやショップ、ライブハウスや、飲食店など94の店舗がオープンしている。

  • ASAKUSA
    tokyo / art/design

    アサクサASAKUSA

    Photo: Ippei Shinzawa

    “ASAKUSA” located in the center of Taito-ku, Asakusa is a 40-square-meter reconstructed exhibition venue for contemporary art programs. Gallery curators manage it and advance curatorial collaborations.台東区浅草の中心部に位置する「アサクサ」は、40平方メートルの一般住宅を改築したプロジェクト・スペース。ギャラリー・キュレーターが運営し、キュレーター間のコラボレーションを推進している。

  • Gallery Nomart
    osaka / art/design

    ギャラリーノマルGallery Nomart

    © Gallery Nomart

    “Gallery Nomart” is a gallery for contemporary art programs. It is part of a complex called “NOMART” located in Joto-ku, Osaka. In its printmaking studio, design and editing studio, artists are committed to various craft-making and expression activities that go beyond the five senses.「ギャラリーノマル」は、国内外で活躍する現代美術作家を取り扱う企画ギャラリー。大阪市城東区に位置する複合施設「ノマル」の一部であり、施設内の版画工房、デザイン・編集スタジオでは、五感を超えて多岐に渡るモノ創りと表現活動が展開されている。

  • Marian Goodman London
    london / art/design

    マリアン・グッドマン・ロンドンMarian Goodman London

    © Marian Goodman Gallery London

    There are white cubes, and then there are white cubes. Marian Goodman Gallery’s London outpost inhabits a Grade II-listed, former Victorian textile factory in Soho, London. Converted by architect David Adjaye, the gallery is a blend of the new additions of concrete floors and vaulted skylights, and of the gallery’s historic gentility – the façade has been restored to its original sandstone, the building’s internal columns remain, and fan windows polished. ソーホーエリアの一角にマリアン・グッドマンの新しいギャラリーがある。元はヴィクトリアン朝の繊維工場だったが、ロンドンを拠点に活動する若手建築家デイヴィッド・アジャイがリノベーションを手掛けた。コンクリートの床と自然光が射し込むアーチ型の天窓は見事に新装された一方で、ギャラリー正面の砂岩や内装の柱、光沢のある扇状の窓など、残された歴史的部分はかつてと同じ優雅さを漂わせる。

123456102030
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.