• ENGLISH Change Language
    1. JAPANESE
  • SCAI PARK
    tokyo / art/design

    スカイパークSCAI PARK

    © SCAI PARK

    The gallery “SCAI THE BATHHOUSE” which was renovated of Kashiwayu, a venerable public bath with a 200-year history, opened “SCAI PARK” in TERRADA ART COMPLEX as their second space. Not only sending the most advanced Japanese artists to the world but also positively introducing overseas excellent artists who are not yet known in Japan at the same time.200年の歴史を持つ由緒ある銭湯「柏湯」を改装したギャラリー「SCAI THE BATHHOUSE」(スカイ・ザ・バイスハウス)が第二スペースとして天王洲のテラダ アート コンプレックスにオープンした「SCAI PARK」(スカイパーク)。最先鋭の日本のアーティストを世界に向けて発信すると同時に、日本ではまだ知られていない海外の優れた作家を積極的に紹介している。

  • Kodama Gallery | Tennoz
    tokyo / art/design

    児玉画廊|天王洲Kodama Gallery | Tennoz

    © Kodama Gallery

    TERRADA ART COMPLEX
 accumulated contents related to the art project and opened in September 2016 to make Tennoz, Tokyo the destination of art culture. At the opening, Kodama Gallery | Tennoz have opened on the 3rd floor.東京・天王洲を芸術文化の発信地とするべく、アート事業に関連したコンテンツを集積したテラダ アート コンプレックスが2016年9月にオープンしたのを機に、3階のギャラリースペースに支店としてオープンした「児玉画廊|天王洲」。

  • MAO SPACE
    shanghai / art/design

    マオ・スペースMAO SPACE

    © Purple Roof Gallery

    Established in the early autumn 2014, MAO SPACE debuts itself vigorously in Shanghai with its own perception, interpretation, and confidence upon contemporary art. Founded by the Purple Roof Gallery, who has curated Jing’an International Sculpture Project as well as other numerous significant sculpture projects, MAO SPACE has shown its prominent local strength and in-depth understanding in diverse art forms. 1920年代に毛沢東が居住していた古民家をリノベーションした「マオ・スペース」が、パープル・ルーフ・ギャラリーのメンバーによって2014年にオープンした。館内には毛沢東の直筆の書や器、写真などの貴重な資料が展示されているほか、現代アートを展示するスペースが設けられている。

  • Newport Street Gallery
    london / art/design

    ニューポート・ストリート・ギャラリーNewport Street Gallery

    Newport Street Gallery © Victor Mara Ltd, Photo: Prudence Cuming

    Damien Hirst is arguably one of the most well-known artists in the UK, and since breaking out onto the art scene in the 1990s he has stamped his mark onto the concept of being an artist. In 1995 he won the Turner Prize and he has been acclaimed for how he has raised the profile of art in the UK.1990年代にアートシーンに現れ、従来のアーティストという概念を覆したダミアン・ハーストは、おそらくイギリスで最も有名なアーティストといっても過言ではないだろう。1995年にイギリスの国立美術館テートよりターナー賞を受賞し、イギリスのアートに対する人々の注目度を高めたと讃えられた。

  • Kazenosawa Museum of Contemporary Art
    sendai / art/design

    風の沢ミュージアムKazenosawa Museum of Contemporary Art

    © Kazenosawa Museum of Art

    In the country hill of Tohoku area, there is a place where protects and tells disappearing Japanese landscapes through art. “Kazenosawa Museum of Contemporary Art” is a complex in Kurihara-city, Miyagi, composed of a main art museum using a 200-year-old thatched house, gallery, cafe, shop, and park.東北の里山に、芸術を通して消えゆく日本の景色を守り伝える場所がある。「風の沢ミュージアム」は、宮城県栗原市に建つ、築200年程の古民家を生かした茅葺き屋根の美術館を中心として、ギャラリー、カフェ、ショップ、そして里山公園からなる複合施設だ。

  • Palais de Tokyo
    paris / art/design

    パレ・ド・トーキョーPalais de Tokyo

    Palais de Tokyo, 2012, Photo: Florent Michel

    Conceived in the first place to house the Musée National d’Art Moderne in 1937 in Paris, Palais de Tokyo is an space dedicated to modern and contemporary art becoming the largest center of contemporary art in Europe, following its entire rehabilitation in 2012. It became the best Paris springboard for up-and-coming artists and organically evolved into a referent in the international art scene.2002年に開館し、2012年にフランスにおける現代美術の中枢として全面リニューアルされた「パレ・ド・トーキョー」は、国内外の気鋭アーティストにとって最高のステップ・アップの場となり、パリのアート・シーンを象徴する国際的な施設へと進化を遂げた。

  • PAVILION
    tokyo / art/design

    パビリオンPAVILION

    Photos: Courtesy of © Smiles

    A clay-oven cuisine and sake restaurant themed with “Love“ and “Art“, PAVILION has opened in Nakameguro, Tokyo, in November, 2016. Enlarge-sized art pieces and commission works created by Tatsu Nishino and Kohei Nawa are made for this project to create an unique view of the space. Concept of the interior design is the 60’s culture and post modern, thus there is an unique and exquisite view mixing the two spaces.すべての食卓を作品に、最愛なる晩餐を。「LOVE」と「ART」がテーマのコンテンポラリー・フード&リカー「PAVILION」(パビリオン)が、2016年11月、中目黒高架下にオープンした。西野達名和晃平がこのプロジェクトのために製作したコミッションワークと個性的な空間デザインは、1960年代のカルチャーと、ポストモダンがコンセプトとなっており、その2つの空間が絶妙に混ざり合うことで独特の世界観が演出されている。

123456102030
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.