• ENGLISH Change Language
    1. JAPANESE
  • ANTIQUE ROOM 702
    osaka / art/design

    アンティークルーム702ANTIQUE ROOM 702

    © ANTIQUE ROOM 702

    The Osaka “ANTIQUE ROOM 702“, which renovated the space of a former Ironworks site built in the 1950s by installing antique shops and art galleries managed by the office “DESIGN ROOM 702” which deals with the interior and architectural designs.昭和20年代に建築された元鉄工所跡地の空間をリノベーションした大阪の「アンティークルーム702」は、インテリアデザインや建築設計を手がけるオフィス「デザインルーム702」が経営する、アンティークショップとアートギャラリーを併設した施設だ。

  • Galerie Thaddaeus Ropac
    london / art/design

    ギャラリー・タダエス・ロパックGalerie Thaddaeus Ropac

    © Galerie Thaddaeus Ropac

    Austrian gallerist Thaddaeus Ropac started Galerie Thaddaeus Ropac in 1983 and over the years has opened galleries in Salzburg, Paris and Paris Pantin. It represents around 60 artists, holds solo and group exhibitions and participates in major art fairs around the world and even has its own publishing house. Over the past 12 years Thaddaeus has received the Officier dans L’Ordre des Arts et des Lettres from French President Jacques Chirac, the gold cross from the Austrian Republic and was awarded the Art and Culture prize from The Chamber of Commerce in Salzburg. When Thaddaeus found out that a specific building in London had become available he was immediately interested, and it is no surprise why.オーストリアのギャラリスト、タダエス・ロパックは1983年にギャラリー・タダエス・ロパックをスタートし、数年のうちにザルツブルク、パリ、パリ・パンタンにギャラリーをオープンした。約60名のアーティストが所属し、個展やグループ展を開催、独自の出版部門も持ちながら、世界のメジャーなアートフェアにも参加している。12年以上にわたり、タダエスはフランス大統領ジャック・シラク氏から芸術文化勲章を授与された。オーストリア共和国からはゴールド・クロスを、ザルツブルクの商工会からは文化芸術賞が授与された。ロンドンのとあるビルに入居可能だと知ると、タダエスはすぐに興味を持った。驚くべきことではあるまい。

  • The Design Museum
    london / art/design

    ロンドン・デザイン・ミュージアムThe Design Museum

    Photo: © Hufton Crow

    The Design Museum could be found for 27 years in the Shad Thames building close to London Bridge, but in June 2016 it closed its doors for the last time in preparation for its opening at a brand new location in Kensington. On the 24th of November 2016 the Design Museum opened to the public in an amazing location and with three times as much space. From the outside the building looks quite interesting, and different, but on the inside visitors are granted a real visual treat.デザイン・ミュージアムは27年間、ロンドン・ブリッジにほど近いシャッド・テムズの建物の中にあったが、2016年閉館し、ケンジントンに場所を移してリニューアルオープンの準備を始めた。その素敵なロケーションとこれまでの3倍にもなるスペースをもって、2016年11月24日に一般公開された。外観は風変わりでとても興味深いし、中に入ると、来館者はその視覚的な施しに感動する。

  • ASITA_ROOM
    osaka / art/design

    アシタルームASITA_ROOM

    © Asitanosikaku

    The “ASITA_ROOM“, where various collaborations and exhibitions are being held as “Mysterious Producer X’s Room” is a creative lab that opened in Osaka in 2015. This is a strategy meeting room of creative studio “Asitanosikaku” which creates brand value with visual creative as the core. It is also a sending information base like an opened salon, and it has been used as an exhibition, workshop, shooting space (still photograph, commercial) etc.『謎のプロデューサーXの部屋』として、様々なコラボレーション・企画展示が行われている「アシタルーム」は、2015年に大阪にオープンしたクリエイティブラボだ。ここは、視覚クリエイティブを核にブランド価値をつくるクリエイティブスタジオ「アシタノシカク」の作戦会議室であり、実験・検証が礼賛される発信基地として、企画展示、ワークショップ、撮影スペース(スチール・CM)レンタルスペースなどに使用されている。

  • YUKA TSURUNO GALLERY
    tokyo / art/design

    ユカ・ツルノ・ギャラリーYUKA TSURUNO GALLERY

    Photo: Ken Kato © YUKA TSURUNO GALLERY

    “YUKA TSURUNO GALLERY” is active at the primary market directed by Yuka Tsuruno, was opened in 2009. Regardless of genres such as paintings, sculptures, images, photographs, etc, the gallery showcases the work of prominent international artists with its keen attention to concept, context, and quality in various media include painting, sculpture, video, photography, and installation. It includes Candida Hofer and Jose Parla, in addition to the emerging artists in Japan.ディレクターの鶴野ゆかが2009年にオープンさせた、プライマリー・マーケットで活動するギャラリー「ユカ・ツルノ・ギャラリー」。絵画、彫刻、映像、写真などジャンルを問わずコンセプト、コンテクスト、クオリティーを重視し、独自の表現に挑戦し続けるアーティストを紹介。若手中心の国内作家に加え、ホセ・パルラやカンディダ・ヘーファーなど海外の注目作家の展覧会も開催している。

  • URANO
    tokyo / art/design

    URANOURANO

    © URANO

    The gallery “URANO” plans on exhibitions and projects which focus on domestic and foreign artists who are leading the next generation, while clearly reflects contemporaneity. The gallery “ARATANIURANO” at Minato-ku Shirokane was renamed as “URANO” when it moved and reopened in September 2016.同時代性を色濃く反映、次世代を牽引するような国内外のアーティストに着目し、展覧会やプロジェクトなどを企画しているギャラリー「URANO」。港区白金のギャラリー「ARATANIURANO」が移転に伴い「URANO」と名称変更し、東京・天王洲のテラダ アート コンプレックス内に2016年9月にオープンした。

  • YAMAMOTO GENDAI
    tokyo / art/design

    山本現代YAMAMOTO GENDAI

    “Malformed Objects” Installation view. Photo: Keizo Kioku © YAMAMOTO GENDAI

    “YAMAMOTO GENDAI” introduces artists represented who often work with unique techniques and methods and new media across the border of existing art genres. It has a lot of artists boasting distinctive techniques that surpass traditional technique omni-directional works by using various existing art genres.存/故、生年、メディアやテクニックを問わず、既存のジャンルを超え、コンセプトを重視した国内外の作品及びアーティストを紹介しているギャラリー「山本現代」。伝統技術を凌ぐような独特の技法を誇る作家を多くかかえ、既存のジャンルを叉に掛ける全方位的作品を紹介している。

12345102030
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.