art/design

マタデロ・マドリードMatadero Madrid

© Matadero Madrid

© Matadero Madrid

From the early twentieth century until 1996 near the Metro station of Legazpi there was a large slaughterhouse, however, in recent decades parts of this huge tract of land have been converted for other uses such as the headquarters of20世紀初頭から1996年まで、メトロのレガスピ駅の近くに大きな畜殺場があった。しかし、ここ数十年その広大な土地の一画がスペイン国立バレエ団やスペイン国立ダンスカンパニーの本部等、他の用途として使われる様になった。2003年からこの敷地の大部分は、社会文化的用途として使う様に指定され、そのため、マタデロ・マドリードはマドリードの有名なカルチャー・シーンの代名詞となった。国内的にも国際的にも、パフォーマンスアート、ビジュアルアート、音楽、ダンス、建築、ファッション、文学、そして映画等を含みながらも、それに限定されない多彩な芸術的な創作活動に焦点を置いており、マタデロ・マドリードはそれを実現する為に、広大なスペースを持っている。さらに、国際共同研究における目標を達成する為に、ナントのリュー・ユニーク、ローマのマッタトイオ、そしてロンドンの デルフィーナ・ファンデーションの様な海外の機関とも繋がりを築いている。その他のアート関連機関とも交流を持っていて、例えばウェアハウス13と14の「カサ・デル・レクター」は、サラマンカのヘルマン・サンチェス・ルイペレス財団がスポンサーになっている。

「カサ・デル・レクター」では、世界や社会についての理解を深めてもらうことを目的に、大人や子供向けの読書を開催し、社会貢献している。この活動は、展覧会や、ワークショップ、音楽、映画を通して行われている。ウェアハウス17に設けられた「デザインセンター」は、2007年からグラフィック、工業デザインやインテリアデザインのプロジェクトの振興を目的としている。「シネマテーク」は、ノンフィクションフィルムに特に力を入れていて、「多目的ホール(Sala B)」、「ドクメンタアーカイブ」、「プラトー」、「カンティーナ」などの各スペースで、来場者は、種類の違うフォーマットやスタイルの映像を鑑賞したり、飲食もできる。全ての来場者に開かれた、「インタメディア」は、プロジェクトの進行を通してモダンクリエイティビティに関する質問を受け付け、考察するスペースである。このユニークなコンセプトは、アーティストと来場者が意見を交わし、現在や未来の社会の文化的文脈に答えを模索する為の機会を作っている。またマタデロ・マドリードには他にも、「ネイブ・デ・ムシカ」があり、ラジオスタジオ、レコーディングスタジオ、小さなコンサートステージや、リハーサルルームが完備されている。新しい試みを音楽で実践する為に、アーティストとミュージシャンが協力して一つの作品を作るといった事もできる。ウェアハウス10、11と12の「ナベス・デル・エスパニョール」は基本的に、この素晴らしい施設を生かしたパフォーマンスアートの研究の中心的役割を果たしている。

マタデロは毎日遅くまでオープンしており、観るものもたくさんあるので昼でも夜でも周辺を歩いて回るにはとても良く、どの施設も興味深い。さらに、暗くなると明かりが灯り、これがとても美しく夜の散策をとても楽しいものにしてくれる。全ての来場者の期待に応える様に、演劇や映画から展示やフェスティバルまで多岐にわたるイベント行われている。火曜日から木曜日の11時から14時の間は、ガイドツアーが用意され、一般公開されているエリアと、されていないエリアの両方を回る事ができる。こちらはあらかじめ予約が必要だ。マタデロのほとんどの展示は、無料で入る事ができる。

Matadero Madrid
住所:Plaza de Legazpi 8, 28045 Madrid
営業時間:10:00〜22:00(土・日曜日11:00から)
TEL:+34 91 473 0957
info@mataderomadrid.org
http://www.mataderomadrid.org

Text: Michael Sullivan
Translation: Yoko Kazama
the Ballet Nacional de España and the Compañía Nacional de Danza. Since 2003 the majority of the site has been designated for socio-cultural use and thus the Matadero Madrid has become synonymous with the famous cultural scene of Madrid. Nationally and internationally it is focused on artistic creation, which includes but isn’t limited to performing arts, visual arts, music, dance, architecture, fashion, literature, and cinema, and with its aims in mind it has a large amount of space in order to do this. Furthermore, in order to achieve its goals in international collaboration it has forged links with centres such as the Lieu Unique in Nantes, the Mattatoio in Rome and the Delfina Foundation in London. It is also associated with other artistic institutions, for example, the Casa del Lector, in warehouses 13 and 14, is sponsored by the Fundación Germán Sánchez-Rupérez in Salamanca.

The Casa del Lector is dedicated to reading, for children and adults, in order to interpret the world and society. It achieves this through exhibitions, courses, workshops, music, and film. The Design Centre is located in warehouse 17 and since 2007 it has worked to promote design through projects in graphic, industrial and interior design. The Cineteca is almost exclusively dedicated to non-fiction films, it is also includes a multi-purpose hall (Sala B), the Documenta Archive, the Plató and the Cantina, which allows visitors to see screenings in different formats and styles, as well as eat and drink. The Intermediæ is a space for reflecting upon and questioning modern creativity through the development of projects open to all visitors. This unique concept creates a platform where artists and audiences can discuss and discover the answers to the current and future cultural context of society. In another part of the Matadero Madrid there is the Nave de Música, a space comprising of a radio studio, a recording studio, a small stage for concerts, as well as other rooms including rehearsal rooms. One aspect of this is that artists and musicians can come together for interdisciplinary experiments in sound. In warehouses 10, 11 and 12, is the Naves del Español, which is basically the centre point for research in performing arts at this remarkable venue.

As the Matadero is open every day until late it is a perfect place for walking around in the daytime and in the evening, there is a lot to see and the whole venue is presented very tastefully. In addition the lighting that comes on when it gets dark is very pretty, and makes an evening walk very enjoyable. As any visitor might expect there are a lot of activities that take place here, ranging from theatre and cinema to exhibitions and festivals. From Tuesday to Thursday between 11am and 2pm it is possible to book a guided tour of areas both accessible to the public and not accessible, though this must be booked in advance. However, the entire Matadero and most exhibitions, etc, are free to enter.

Matadero Madrid
Address: Plaza de Legazpi 8, 28045 Madrid
Opening Hours: 10:00-22:00 (Saturday and Sunday from 11:00)
Tel: +34 91 473 0957
info@mataderomadrid.org
http://www.mataderomadrid.org

Text: Michael Sullivan

<a href='http://www.shift.jp.org/guide/madrid-map/'><i class="fa fa-reply fa-fw fa-lg"></i> <span class='en' style='font-weight:bold;'>View with A Large Map</span><span class='ja' style='font-weight:bold;'>大きな地図で見る</span></a>
madridのお勧めイベント
Recommended Events in madrid
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.