art/design

カイシャ・フォルム・マドリードCaixa Forum Madrid

© Caixa Forum Madrid

© Caixa Forum Madrid

The capital of Spain has always been a city determined to achieve a good cultural offer whether it is about contemporary art. This is exactly what “El Triángulo De Oro”スペインの首都マドリードは常に「それは現代美術かどうか」という文化的質を決定づける都市であり、それこそが「黄金の三角形」(El Triángulo De Oro)との異名をとる所以である。マドリードの中心部には広大な並木街路「パセオ・デル・プラド」が位置し、プラド美術館やティッセン・ボルネミッサ美術館、ソフィア王妃芸術センターへのアクセスもよい立地だ。2008年、この華やかな文化的エリアの並びに新しく仲間入りしたのがカイシャ・フォルム・マドリード。このコンテンポラリーアートに特化した施設は、年代を問わず市民権の利益である伝統と新しい文化の獲得を通じ、社会における新しい文化価値を高めるための展覧会を開催するソーシャル・カルチャーの拠点である。

2001年に、スペインの大手銀行であるカイシャがマドリードのメディオディア・エリアにある旧発電所を買い取った。この産業建築は建築学的に言うと、マドリードの旧市街地のなかでも最も貴重なのだが、当時は廃墟と化し、プラド・エリアから孤立していた。そのため、カイシャフォルムに最改築されたことで蘇り、廃墟はアートや人々にとって美しく、注目すべき新スポットへと変わったのである。スイスの建築スタジオヘルツォーク&ド・ムーロンが考えた設計プロジェクトには、正面玄関前に全ての通行人が楽しめる小さな広場の設計も含まれていた。ここは同時に、マドリードの「バリオ・デ・ラス・レトラス」と呼ばれている美しい場所であり、前世紀(黄金時代)初頭よりスペイン人作家らが暮らし、往来していた地域に隣接している。そして現在は誰もが飲食を含め、楽しめる場所なのである。

カイシャ・フォルム・マドリードの展示専用の2フロアには4つのスペースがある。カイシャフォルムの講堂、会議室2部屋とワークショップ用のエリア、遊戯スペースと倉庫スペースのエリア、そしてオフィスとVIPエリアには本屋やレストラン。

このような文化的都市功績を抱えるマドリードは幸せである。これまでの「黄金の三角形」に、この新しい頂点を加え、「黄金の長方形」へと変貌を遂げつつある。

Caixa Forum Madrid
住所:Paseo del Prado, 36 28014 Madrid
営業時間:10:00〜20:00
TEL:+34 91 330 7300
http://obrasocial.lacaixa.es

Text: Victor Moreno
Translation: Aya Shomura
– The Golden Triangle – stands for. Located in the magnificent Paseo del Prado in the centre of Madrid, this is an area where it is possible to get access to Museo Del Prado, Museo Thyssen-Bornemisza and Museo Reina Sofía within walking distance of each other. In 2008 a new addition to this flamboyant cultural area arrived in the neighbourhood, CaixaForum Madrid.This contemporary art institution is a multicultural space with temporary exhibitions dedicated to boost new cultural values in our society. Heritage and new cultural acquisitions are in the benefit of the citizenship.

In 2001 La Caixa acquired the formerly power station in the Mediodia area of Madrid, whose industrial building was one of the most valuable treasures in Madrid’s old town, architectonically speaking. This building was in ruins and isolated from the Prado area. Thus, it was reconverted into CaixaForum – bringing the central station back to life – turning the ruins into a beautiful and remarkable new space dedicated to art and people. This new architectonic project conceived by the Swiss architectural studio Herzog and de Meuron included the creation of a small plaza in front of the main entrance for every passer to enjoy. This is a beautiful part of town in the namely “Barrio de las Letras” in Madrid. This is the former neighbourhood where Spanish writers from the beginning of last century (The Golden era) used to live and hang out. Now you can hang out there too, and enjoy a vast offer with places to eat good and drink.

Apart from the two floors dedicated to exhibitions, which are divided into four different spaces, CaixaForum houses an auditorium, two conference rooms and workshop area, playground, a warehouse space, a bookstore and a restaurant, among the offices and the VIP area.

Madrid is happy to embrace this cultural and urban achievement. Furthermore, the former “Golden Triangle” adds this new vertex than turns the triangle into a rectangle, namely “The Golden Rectangle”.

Caixa Forum Madrid
Address: Paseo del Prado, 36 28014 Madrid
Opening Hours: 10:00 – 20:00
Tel: +34 91 330 7300
http://obrasocial.lacaixa.es

Text: Victor Moreno

madridのお勧めイベント
Recommended Events in madrid
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.