art/design

ティッセン・ボルネミッサ美術館Museo Thyssen-Bornemisza

Photo: © Adrian Tyler

Photo: © Adrian Tyler

The Museum of Thyssen-Bornemisza gets its unusual name from the collection of art it acquired from the Barons of Thyssen-Bornemisza, father and son, who from the 1920s1920年代より非常に多くのアートコレクションを集めたティッセン・ボルネミッサ男爵の名前から名づけられたティッセン・ボルネミッサと呼ばれる美術館。この美術館は1992年にオープンし、以来息子の男爵の妻カルメンティッセン・ボルネミッサの美術コレクションの長期貸付金を加えながら拡大してきた。ここでは20年間、コレクションが一般公開、文化活動や教育プログラム、展覧会の開催が行われてきた。

この新しい美術館の場所には19世紀に建てられたビジャエルモサ宮殿が選ばれ、改修された後にティッセン・ボルネミッサ美術館が開館した。たいていの美術館とは対照的に、入り口はメインストリートから外れたところに位置し、庭を組み込んだ設計で、より落ち着いた雰囲気で鑑賞することができる。展示会場はカルメンティッセン・ボルネミッサのアートコレクションを収納するための白い外観の建物がさらに拡張され、内部には新しい展示スペースや復元スタジオなどがある。

3つのフロアから成る展示室はサーモンピンク色の壁で覆われた円形状で、小さな中庭を囲んでいる。13世紀から20世紀のものまで1,000点近くもの芸術作品を幅広く見ることができ、多くのアーティストの様々なスタイルを楽しむことができる。これは印象派やドイツ表現主義のようなティッセン・ボルネミッサ男爵の個人的な嗜好を反映した芸術だけでなく 、ルネサンス、ロマン主義、ポップアート、そして19世紀のアメリカ美術のコレクションも含まれている。

いくつもの宗教画(や宗教画と考えられている絵画)は、カトリック画家の視点の変化や聖書の主題をたどることさえ可能だという点で印象的だ。さらに、ここに展示されているのはレンブラント、ルーベンス、ダリ、モネ、ゴッホなどすばらしいアーティストばかり。前述のように、通常2〜3ヶ月ごとに異なるアートスタイルに焦点を当てた展覧会が行われる。美術館では講義、ワークショップ、講座、コンサート、ガイドツアー、その他多くの活動が開催され、来館者は芸術とより相互的に交流できるだけでなく、芸術に対する理解を深めることができる。例えば、ある絵画やテーマに限定したツアーでは特定の絵画の意義について完全に理解することもできるのだ。

これらの活動に加え、美術館では教育プログラムにも力を入れており、美術館と、大学、学校、若者たちとの間にあるギャップを埋めることに取り組んでいる。ユニークなことに美術館のウェブサイトにはオンラインのソーシャルメディアセクションが設けられており、オンライン・メディアが欠かせない若い世代の人も実際に芸術と交流することができる。館内にはカフェテリアや店やクロークがあり、さらにレプリカ、書籍、ジュエリーのような様々な商品がオンラインショップで販売されている。寄付をしたり、美術館のスポンサーやパートナーになり、またボランティアとして働くことで、この素晴らしい美術館の活動をサポートすることができる。

Museo Thyssen-Bornemisza
住所:Palacio de Villahermosa, Paseo del Prado 8, Madrid
開館時間:10:00〜19:00(月曜日休館)
入館料:一般 €9
TEL:+34 90 276 0511
http://www.museothyssen.org

Text: Michael Sullivan
gradually built up an impressive number of artworks. The museum was opened in 1992 and has since expanded with the addition of the long term loan of the art collection belonging to Carmen Thyssen-Bornemisza, the wife of the younger Baron. For twenty years the museum has kept to its aims of showing its collections to the public, organising cultural activities, educational programmes and exhibitions.

The Villahermosa Palace was chosen as the location for this new museum, a building dating back to the nineteenth century, and after renovation the Museo Thyssen-Bornemisza could open its doors. The entranceway is an important aspect of the renovation as in stark contrast to most museums art enthusiasts have a more serene beginning to their visit as it is off the main street and incorporates a garden. The venue was further expanded in order to accommodate the art collection of Carmen Thyssen-Bornemisza, this can be seen from the outside as a building with a white façade and includes inside new exhibition spaces, a new restoration studio, etc.

The three floors of the collections surround a small open courtyard in a circular display area with salmon coloured walls. There are close to a thousand works of art that can be seen ranging from the thirteenth to the twentieth centuries, thus different styles of many artists can be enjoyed. This includes the Renaissance, Romanticism, Pop Art, as well as art that reflect the personal tastes of the Thyssen-Bornemisza Barons like Impressionism and German Expressionism.

In addition there is a collection of nineteenth century American art. The number of religious paintings, which is to be expected, is impressive as it is even possible to trace the changing perspectives of Catholic painters and the subject of the Bible. Furthermore, the list of artists represented here is impressive, including Rembrandt, Rubens, Dali, Monet, and Van Gogh. As stated before, exhibitions are also organised here, normally for a period of two to three months focusing on styles of art during different time periods. To best present their collections the museum organises lectures, workshops, courses, concerts, guided tours and many other activities. This means that visitors can gain a better understanding of art as well as interact more fully with art, for example, targeted tours help visitors fully realise the significance of specific paintings.

To further this goal the museum is dedicated to educational programmes that bridge the gap between itself and universities, schools, and also young people. Rather uniquely the museum’s website includes an online social media section which allows the current generation of online media addicts to really interact with art. On the premises there is a cafeteria, shop and cloakroom. In addition to the museum shop there is also an online shop with different items for sale like replicas, books and jewellery. In order to support the amazing work going on here visitors can make donations, become a sponsor or friend of the museum and even volunteer to work here.

Museo Thyssen-Bornemisza
Address: Palacio de Villahermosa, Paseo del Prado 8, Madrid
Opening Hours: 10:00 – 19:00 (Closed on Monday)
Admission: General entrance €9
Tel: +34 90 276 0511
http://www.museothyssen.org

Text: Michael Sullivan

madridのお勧めイベント
Recommended Events in madrid
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.