art/design

コンテンポラリー・セラミック・センターContemporary Ceramics Centre

© Contemporary Ceramics Centre

© Contemporary Ceramics Centre

In November 2010 the Contemporary Ceramics Centre opened in its current venue opposite the prestigious the British Museum and in a perfect spot to show the best of British ceramic artwork2010年11月、大英博物館の向かいにリニューアルオープンしたコンテンポラリー・セラミック・センター。多くの人々が訪れる有名な通りにある、イギリスで注目の陶磁作品を見ることができるスポットだ。このオープンに際して催されたのは、センターのオープンからさかのぼる半世紀の10年ごとからそれぞれ10組づつ、50人ものアーティストを特集する展覧会。その後も定期的に新人や代表的なアーティストの作品を紹介する企画展示を続けている。ここで紹介されるアーティストは皆、スタジオセラミックの優れた作陶や創作を推進を目的とする英国陶芸家協会(CPA)のメンバーでもある。センターは、前面の大きな窓から建物の奥へと光が射し込む、とてもモダンな雰囲気。入ってすぐ右に設けられた棚には、左のスペースのテーブルにディスプレイからセレクトされた一連のアーティスト作品がまとめられている。また、エントランス近くのレセプションでは、それぞれの作品の魅力を教えてもらったり、彼らがセレクトした選りすぐりの本を手にとることもできる。

書棚には、アーティストの作品や陶芸技法などについて書かれた様々な書籍が並び、購入も可能。また、陶磁に関心を持ち情報収集を行う人々に向けた、論評マガジンの定期購読を申し込みもできる。センターの奥には、個展やテーマ展示のために設けられたスペースがあり、通常3~4週間にわたって異なるテーマや作家にスポットを当てた展示が行われている。センターで紹介されるいずれの作品も購入することができ、ここでセラミックアートのコレクションを一から始めることもできる。別の言い方をすれば、ブリティッシュ・セラミックアートの熱心なファンであれば、ディスプレイされた作品や展示会で紹介される最新アイテムを見るため、繰り返し足を運ぶことになる。また、このセンターでは、“自身のためのアート”の手始めとして、作品の購入に当たって、購入費用を10ヶ月で返済するためのローン申請も行える。センターのもう一つの特徴は、全てのアイテムには価格と共に工房名が記されていること。ここでは、作家について学び、その作品を購入でき、彼らの経歴を追うことができるようになっている。

ディスプレイに沿って記載されているアーティストの名前を細かく読めば、様々な作家がそれぞれ独特なスタイルで美しい作品をつくり出していることに驚く。中でも私のお気に入りは、エディンバラ・アート大学を卒業したスーザン・オー・バーンの作品。陶磁器でつくられた鳥やキツネなどの動物の作品は本当に素晴らしい。その他、ガブリエル・コッホの壷や鉢、ヘレン・ベアードのカップやアントニア・サロモンの彫刻作品などをはじめ、実に多くの作品がある。コンテンポラリー・セラミック・センターに訪れれば、探し求める作品にきっと出会えるに違いない。

Contemporary Ceramics Centre
住所:63 Great Russell Street, Bloomsbury, London WC1B 3BF
営業時間:10:30〜18:00
TEL:+44 (0)20 7242 9644
入場無料
http://www.cpaceramics.com

Text: Michael Sullivan
Translation: Ayuko Inaba
to the large numbers of visitors to this popular street. Following its reopening a special exhibition was organised to showcase work by fifty artists; ten each from each of the five decades that the gallery has been open, and since then new exhibitions have continued to be regularly organised in order to introduce new and established artists. All artists are members of the Craft Potters Association which has as one of its aims to advance and encourage the creation of fine works in studio ceramics. The centre itself has a very modern feel with a large window at the front and a very well lighted and long space inside. Just inside the entrance to the right is a long series of shelving with ceramic work grouped together by artist while immediately to the left selected pieces of work have been laid out on low tables. It is near the entrance that you can also speak to someone in reception/sales point and that you can find their book selection.

On the bookshelves there are many books depicting the work of many artists, but also about how they make their art. Furthermore, visitors can buy or subscribe to the Ceramic Review magazine which is for anyone interested in making, collecting or studying pottery. Towards the back of the Contemporary Ceramics Centre there is a reserved area for exhibitions typically lasting three to four weeks with different themes and focused on one artist’s work or the work of several artists. Everything within the centre is for sale, allowing one to start their own collection of ceramic art, however more importantly this means that any avid fan of British pottery is drawn back again and again to see the newest items on the shelves and the latest exhibitions. As part of the initiative ‘Own Art’ any buyer can apply for a loan for the express purpose of buying art and paying back the cost over ten months. Another feature of the centre is that all items have the name of the maker listed on the price so that you could also learn about the artist whose work you are buying and begin to follow their career.

By perusing the names of artists listed along the shelves you will be astounded to realise that there are so many different people creating a lot of beautiful pieces of pottery in their own unique style. A particular favourite of mine is the work of Susan O’byrne who graduated from the Edinburgh College of Art and whose ceramic animals such as birds and foxes are truly wonderful. However, as stated before there are a lot of artists represented here like the amphoras and bowls of Gabriele Koch, cups by Helen Beard or the sculptures by Antonia Salmon. No matter what you are looking for you are sure to find it here.

Contemporary Ceramics Centre
Address: 63 Great Russell Street, Bloomsbury, London WC1B 3BF
Opening Hours: 10:30 – 18:00
Tel: +44 (0)20 7242 9644
Free admission
http://www.cpaceramics.com

Text: Michael Sullivan

londonのお勧めイベント
Recommended Events in london
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.